ようこそ、わが家への最終回までのネタバレ!テレビっ子感想まとめ


元金融業界のテレビっ子としては池井戸潤の作品は絶対に目が離せません。

こんばんわ、テレビっ子(with にゃん吉)です。

「ようこそ、わが家へ」は原作も何度も読み返していたりで、かなり想い入れが強い作品ですが、原作と比較しての最終回までのレビューをお届けしていきましょう!

まさかのポストに猫が…。そして、嫌がらせをしてきた”あの人物”は一体誰なのかというと…。

スポンサーリンク

目次



ようこそ、わが家への最終回までのネタバレは何やねん!?


1話を視聴してきたのですが、まずは2話目から視聴していきたいと思います!にゃん!

こちらが、2話のダイジェストです!

2話ダイジェスト! 内容
あらすじ情報1 嫌がらせが続く…今度はポストを開けるとなんと猫が…!
あらすじ情報2 父と母の不倫疑惑に!?
あらすじ情報3 犯人を突き止めろ!誰が嫌がらせを…

気になるところもありつつ、早速見ていきましょう!にゃん!


2話あらすじ情報1:続く嫌がらせ、ポストを開たら猫が…


1つ目が、嫌がらせが倉田家に続いていますが、今度は何と言ってもポストに猫が入れられてしまってました!

わが家も飼い猫がいますが、これは恐怖な嫌がらせですよね!見ていて、めっちゃ衝撃を受けたのでした!

これだけはアカンで!

こんな事されたら、ごっつビックリするでホンマ!
まぁ、倉田家に届いた猫は無事に生きてましたので。

そして、そのまま居座ることになったので、無事飼い猫になったで。

倉田家のポストに傷つけられた猫が入っていた。倉田一家は警察を呼び、健太(相葉雅紀)は犯人の心当たりを警察に言う。七菜(有村架純)が気に入ったこともあり一家で猫を飼うことにした。

傷つけられた猫(可愛かったから良かったけど)がポストに入ってるっていうだけで、かなり悪質だしめっちゃ気持ち悪い!こんなことをわが家でやられたら、泣いてしまいます。(鳴くのではなく…)

そして、倉田家は比較的のんびりした一家みたいだけど、普通の一家だと警察に絶対細かく捜査依頼するだろうし…。しかし、警察が実は中々動かないのもこの作品を面白くしているところだったり…。

というわけで、次っ!


2話あらすじ情報2:家族の歯車が狂い出す!?父と母の不倫疑惑…


続いて、家族の不倫がそれぞれ発覚!


これはもう、家族崩壊で終わりやな!

んー、テレビっ子ならこの世の終わりって思ってまうな。

しかし、ここから家族が協力してくんやで!(※ネタバレ)

さて、本題に戻ると、父の太一(寺尾聰)は会社の横領を上司に問い詰めるが、かわされてしまいます。それを同僚の西沢(山口紗弥加)と食事に行き話し合うのでした!

一方、妻の珪子(南果歩)は陶芸教室で講師の波戸(眞島秀和)に食事に誘われ、主婦仲間の下村(堀内敬子)のすすめもあり行ってみます!

趣味にまつわる講師の先生とか会社関係の同僚とか、一見普通に見せてるけどどうみたって不倫じゃないかなと。…でも倉田夫婦の仲は冷え切っているようには見えないし、全然下心がないのは分かるけど、見ていてすごくヒヤヒヤしますね。

なんというか、出てくる人全員が怪しく見えてきますし、誰かが倉田一家をめちゃくちゃにしようと自作自演してそうな予感も…

ただ、そう言っておきながらテレビっ子は嫌がらせしてる人間が誰なのか知っておりますが…。


まぁ、性格はあんまり良くないわな。

というわけで、次っ!


2話あらすじ情報3:犯人を突き止めろ!動き出す健太と明日香


健太は、電車のホームで会った明日香(沢尻エリカ)にもらった名刺を頼りに『円タウン出版社』へ向かいます。

この円というのは、テレビっ子が大好きな街「高円寺」!

あんま好かんわ~。

下北のが好きやしな。高円寺好きとか抜かす奴は貧乏性やな。
今の発言で、かなりの人間を敵に回したな。

今度、高円寺の魅力を叩き込まんとな。

本題に戻りまして。

明日香と蟹江(佐藤二朗)になぜか、面接と間違えられる健太。2人に事件の内容を話すと取材を兼ね、犯人探しを手伝ってくれるとう展開になります!

ポンコツ雑誌社が協力するとか、あんまり考えられへんけどなー。

少し現実離れしすぎやろ!
まぁ、その辺は否定しにくいとこやなー。

原作では明日香とか出てこないしな。この辺は”ある伏線”になってるのは間違いニャイ!

と、この伏線を明かさずに、もったいぶったところで。(性格悪いですね…)

健太は明日香と共に家に防犯カメラを仕掛ける。翌日それを見てみると何やら怪しい人影が…明日香がすごく頼りになりそうで、かっこよかったですね!!蟹江さんは面白くてずっと見ていられそうだし。

というわけで、かなりもったいぶったまま終わった第2話でした!


2話視聴後のテレビっ子感想!

んー、ふわっふわしたまま終わった感じやな。

もったいぶった感じが嫌やわー。

あのストーカーもはよ顔出さんかい!!

飼い猫がごっつキレまくりの第2話でしたね。(機嫌が悪いのでしょうか…)

太一の会社に西沢との不倫疑惑の写真がFAXで送られてきてたけど、現段階では西沢が嫌がらせの犯人ぽくて信用できない!太一に最初に食事に誘ったのも西沢だし…


来週は防犯カメラに写っている犯人がわかるみたいですごく楽しみです!ちなみに、テレビっ子はこの犯人が一体誰であるのか、すでに分かっていたりします。

が、原作と少し違った伏線もたくさんあるので、この辺の回収も非常に楽しみです!


テレビの自由な世界へ向けて、3話のレビューもお楽しみに!にゃん!


ようこそ、わが家への3話視聴の感想!


ようこそ、わが家への3話を飼い猫と共に視聴したので、早速レビューしていきましょう!にゃん!


あらすじ情報1:防犯カメラで目撃。倉田家に忍び寄る影!


車を傷つけられたのを元に健太(相葉雅紀)は防犯カメラを職場で明日香(沢尻エリカ)と共に検証します。

すると、深夜に車に近寄るダンボールに扮した怪しい人影を目撃。

段ボールに身を隠しているのがカメラを設置していることを知った上で、犯行と判断した健太は、家族にカメラのことを誰かに話したのかと聞きますが誰も話してないと回答。


これは絶対におかしい!


ということで、健太が引き続き映像を見ていると明け方に不審な車が停まっています。


そう!

家族だれも第三者に話してないのに、防犯カメラの存在を知ってるのって、かなり気持ち悪いですね。


そしてそのことを話している時にかかってくる非通知電話も怖くて…


これホントに月9ドラマ!?


って思わず叫んでしまったのでした。


あらすじ情報2:父・太一が不倫?父だけに限らず母も…


続いて、父太一(寺尾聰)は西沢(山口紗弥加)との密会を社長の持川(近藤芳正)に釈明。

釈明って、言い訳に見えて見苦しいわ。

西沢と不倫してるんちゃうんか?
濡れ衣やって言ってるやろ。

品のない猫やで。
疑いを晴らした西沢は、倉田家に続いている嫌がらせを真瀬(竹中直人)ではないかと太一に伝えます。

なぜなら、会社でされた事を逆恨みしているからではないか、と!

一方、母珪子(南果歩)は陶芸教室の仲間波戸(眞島秀和)から、ブローチをプレゼントされ喜びます。


お父さんもせっかく出世街道を進んでいるのに、なんだかんだでトラブルに巻き込まれ、窮地に立たされているところが犯人の思うツボな気が!

お母さんの陶芸教室の先生もなんだか怪しいし…こうなってくると誰も彼もが怪しい!


一体、犯人は誰やねん!

ふふふ!

気になってきたな、飼い猫め!

その犯人がいったい誰なのかというと…。


あらすじ情報3:新たな嫌がらせ!犯人がついに家に踏み込む!



健太の妹・七菜(有村架純)がアナウンサー試験の4次面接を合格したことを健太に伝えていると、自宅に大量のピザの宅配が届きます。

めっちゃ大量で請求額が4万円!


猫って、ピザ食べれんの?


ピザを食べながら、健太は防犯カメラに写っていた不審な車に陶芸に使うロクロが積まれていたことで、犯人は母の陶芸仲間の波戸だと疑うが波戸はこれを拒否!


そんな中家へ帰ってみると、七菜が家の中に名無しさんがいる気配がすると証言します。家の中にいた猫の首輪に「おじゃましました」というメッセージの紙が巻かれていました。


はい…

こうなると名無しさんは家の中の場所をよく知っている人だということがわかります。てかこれは不法侵入だし警察に言って事件にしてもらったほうがいいのでは!?

殺人がありそうで先が不安!

3話視聴後のテレビっ子感想!


嫌がらせの犯人は家の中に入ったことがある人物に限られるんかな。

ってことは、この間お母さんが陶芸のママ友会を開いていたし犯人は下村(堀内敬子ってことになるかもね。

まぁ、テレビっ子は原作を読んでるのでネタバレを全て把握しちゃってたりするのですがね。4話の展開に期待するにゃん!


ようこそ、わが家への3話視聴の感想!


ようこそ、わが家の第4話を視聴して、いよいよ倉田家を苦しめた張本人の正体が防犯カメラに姿を表して…。


しかも、倉田家から盗聴器が…


それでは、第4話の内容をサクサクと振り返っていきましょう!


4話のあらすじ情報1:父と息子も結束!盗聴器を仕掛けられていた!


警察に通報し、事情聴取を受ける倉田一家。不安になる母珪子(南果歩)と妹の奈々(有村架純)。父、太一(寺尾聰)と健太(相葉雅紀)は一家の問題解決のために、心を一つにしていくと誓います!


ある日、飛鳥(沢尻エリカ)との話の中で、“名無しさん”は倉田家に盗聴器を仕掛けているのでは?と感じた健太。


調べてみると、リビングとテレビのコンセントの二箇所に盗聴器が仕掛けられていた!


ぎゃーーーーす!

これは恐怖やなー!

ワシなら猫やのに、ホンマ鳥肌たってまうわ!

まぁ、お前の場合は猫やしな。

警察の事情聴取の時に、あまりののんびりぶりに倉田家本当に心配でね。


特にお母さん!

お母さん、ホンマほのぼのしすぎやろーー!

全く危機感ないやんけー。でも、陶芸家の先生の話になると暗くなるのが気になるわー。
ただ、あの”ほのぼのさ”がお母さんのいいところなんやろうね。

ただ、もうちょっと危機感持たないと、この後のとんでもない展開に…
それ以上言ったらキレるでーー!

ネタバレしたらホンマしばき倒す!
あー、ネタバレめっちゃ言いたかったのに!

あと、テレビっ子的には奈々ちゃんの携帯がなくなってるのは…もうビックリ!

4話のあらすじ情報2:父が会社の不正を暴く!一件落着!?


節子(山口紗弥加)はアルバイトしているパブで真瀬(竹中直人)が再び会社のお金をキックバックして得ている情報を真瀬自身に話してしまいます。

何も知らないはずの太一は営業報告会議でその不正を真瀬に聞き出しますが、案の定、言い逃れをしようとする真瀬。


ただ真瀬は節子と2人でパブで会っていた時の写真を見せます。


しかし、節子は真瀬が自分のアルバイトをしている理由を聞き、悩みを真剣に聞いてくれたと芝居!

社長にアルバイトの件を許すように、太一と節子が真瀬にも頭を下げさせ、節子は会社を首にならずにすむのでした。


あの写真を見せたのも芝居ってのは上手やな!

そうそう!

お父さん(と節子)が不正を暴いて真瀬を味方につけたのはかっこ良く、そしてスッキリ!

ただ、真瀬はだまってこのまま引き下がる訳がないのだろうけど…。

4話のあらすじ情報3:防犯カメラに映る影!階段から突き落とされた飛鳥!


その後、倉田家では封筒に入れていたお金が再びなくなるのでした。健太は飛鳥に電話をしリビングに仕掛けた防犯カメラを見て検証することを伝えます。


飛鳥は健太との電話を切った後、何者かに階段から突き落とされます。一方、健太は、防犯カメラに写っている予想外の人物に驚きを隠しません。


なぜなら、犯人は知っている人物だからです!

ネタバレすんなやーーー!

何を抜かしとんねん!
そこまでネタバレやないやろ!

普通に考えればそのくらい分かるやろ。

バカじゃないのだから!
あー、アカンアカン。

ホンマ腹たってきた。

まぁ、分かってたけども!

何やねん、この飼い猫は。


ちなみに、先週の予告から突き落とされたのは妹の奈々だろうと思っていたけど、健太と電話している飛鳥を見て突き落とされたのは飛鳥だと確信して、思わず鳥肌がたってしまいました(||゚Д゚)ヒィィィ!。

4話視聴した後のテレビっ子感想!

最後の健太の驚きようから、きっと“名無しさん”は健太も知っている、予想外の人物ってことなのだと思います。ただ、気になるのが、原作とドラマがかなり設定が違っているというところでしょう!


よって、犯人も違ってる可能性も0ではありませんね!


それにしても、今期のドラマではサスペンスものが少ないので、テレビっ子的には少し寂しいですね…。これもテレビの時代の流れなのでしょうか…。テレビっ子はテレビの潮流もチェックしていきます!にゃん!

5話を視聴したテレビっ子レビュー!


ようこそわが家へもいよいよ佳境に突入してきましたね!早速、5話の詳細を見ていきましょう!

まさか、七菜がお金を盗んでいたことも発覚して…。


5話のあらすじ情報1:お金を盗んだ犯人は七菜だった!

健太(相葉雅紀)は防犯カメラを見直していて、お金を盗んだ犯人が意外な人物ですごく驚きます!

その時、母の珪子(南果歩)がお金が返ってきたと健太に告げますが、健太は喜ぶ父と母から離れて七菜(有村架純)を呼び出します。

なんとお金を取っていたのは七菜だったのです!


あー、いかにも取りそうな顔してたわな…。


この猫は偏見がひどすぎる!


そして、七菜はストーカーから元カレとの写真を送信され、お金を盗むように脅されていました。


七菜もあんな顔してやることはやってるんやね。


この猫は偏見がひどすぎる!


ちょうどその頃、健太の元に蟹江(佐藤二朗)から明日香(沢尻エリカ)が怪我で病院に運ばれたと連絡が入りますが、明日香は頭に包帯を巻いていたものの、異常はなかったのです。


よかったね、エリカ!


そして、お金を取ったのは名無しさんだと思っていたから、七菜だとわかってびっくり!先週の防犯カメラを見て驚いている相葉ちゃんを見て、多分知ってる人だとは思ってたけど…


5話のあらすじ情報2:名無しさんは七菜の元カレかも?と疑う健太と明日香。

太一(寺尾聰)は真瀬(竹中直人)の新たな会社の金横領について言及していましたが、七菜は大学で友達と話をしていたが、それを元カレの辻本(藤井流星)が影から見ていたのです。

健太は仕事を終わらせ家に帰ると、一緒に七菜の面接合格の祝いをしていた明日香がいることに驚きます。その後、健太の部屋で防犯カメラの記録を再度見直す2人。そこに辻本らしき人影が写っています。

明日香ちゃんがうとうとしていて、相葉ちゃんがベットに寝かせてあげるシーンでは、何だかドキドキしました!


あれはお母さんでなくても叫んでしまうわな。


あのシーンは強烈なシーンやな。今でも目に焼き付いてるで!


5話のあらすじ情報3:名無しさんは辻本!?

健太たちは高円寺の店の防犯カメラを見ていくと、明日香をつきおとしたかもしれないフードの男がたくさん写っていて、その後、そのフードの男が乗っていた自転車を見つけ、フードの男も見つけるが名無しさんとは無関係。

健太と明日香はタクシー会社に聞けば何かわかるかも知れないと、データを調べてもらうと、何と…名無しさんらしき人を乗せたタクシー運転手にも話を聞くことができ、ついに居場所を突き止めることに成功!


そこには辻本が立っていたのです!!


原作と全然ちゃうやんけー!

ネタバレやな。

色々とわかってきてスッキリするな!

まぁ、辻本は犯人とはちゃうけどね!

5話テレビっ子感想!

いきなり辻本が登場して、ビックリしましたね。ちなみに、他に怪しいのは陶芸教室に一緒に通ってる下村(堀内敬子)さんかな?

超脇役なのにやたら珪子に話しかけにいくし、怪しすぎますね…そして、原作とは全く違う展開にビックリですが、これもフジテレビの迷走なのでしょうか!

ぜひ、原作ファンをがっかりさせない展開にして欲しいです!にゃん!


6話を視聴してのようこそ、わが家へのテレビっ子レビュー!


いよいよ、名無しさんが目の前に迫ってきましたが、正体は七菜の元カレと発覚して…。

そして、6話の最後では健太が名無しさんと鉢合わせしてしまって…。

目が離せない6話の展開を見ていきましょう!


6話のあらすじ情報1:名無しさんは七菜の元カレだった?

健太(相葉雅紀)と明日香(沢尻エリカ)は、ついに七菜(有村架純)の元カレの辻本(藤井流星)の家の前で辻本と会います。

健太は今までのことは全部辻本の仕業なのかと聞くと、猫をポストに入れたことは「自分は知らない」伝えます。

ただし、猫をポストに入れたことは知っていたのでした。


怪しい…ごっつ怪しいで!


事件のことは知っているようで「妹をしっかり守ってください」と逆に健太に忠告する辻本。

七菜に辻本との事を聞くと別れを切り出したのは辻本からで、それ以降付きまとわれているのでした。

辻本はごっつ怪しかったけど、名無しさんとはちゃうな!

七菜のことをストーカーしていることで名無しさんから、倉田家が狙われていることを知ってただけやろ!

犯人は辻本ちゃうな!

6話のあらすじ情報2:また真瀬の横領か?怪しすぎるドリルの行方


太一(寺尾聰)は3000万円ものドリルの在庫がなかったはずなのに、急に在庫があったとの報告を平井課長から受けます。その後、会議で売上予定表にドリルのことが書かれていないことを真瀬(竹中直人)に指摘され、焦る真瀬。

それを怪しく感じた太一たちは再び倉庫へ向かう。ふとドリルの中身を見るとなんと廃棄並みのドリルが!

それを後日担当の江口くんから聞くと取引先の会社が社長直々で自分の会社まで送るようにしていたとのこと。

たまたまちゃうか!?

会社のために頑張ってる真瀬を悪く言うのはどうかしてるやろ!
ニートのくせに、何で会社の話とかしてるんやろ!

一度あることは二度、三度あるっていうし、絶対裏で真瀬部長が色々と取引してそうやな…
そてにしても、真瀬部長は一体どのくらい下僕がいるのでしょうか…

それと、全然関係ないですが、山口さんの早口がちょっと聞き取りにくいですね(笑)


6話のあらすじ情報3:健太、名無しさんに刺される!


名無しさんのせいで七菜の面接が失敗したと分かった健太は怒りに燃えて反撃に出ます。

家族に家に盗聴器が仕掛けられていることを伝え、母の珪子(南果歩)が陶芸教室の旅行に行くのと合わせて父、健太、七菜の3人で家族旅行をする予定の会話を演技するようにお願をします。

母の旅行の日当日に、息をひそめて名無しさんを待つのです。

名無しさんは夜になって現れるが、七菜の携帯が光ってバレてしまい七菜を襲おうとしますが、そんな七菜を庇って健太が刺されてしまいます!!


名無しさんが入ってきたってのに、七菜は何をしとんねん!?

上に行っとらんとだめやろ!携帯を表にしてて光でバレてまうやろー!
落ち着け飼い猫!

これはドラマや!

暗闇から名無しさんが急に現れたときはビックリして、ホンマ怖かったな…。

6話のテレビっ子感想!

名無しさんがもし七菜の元彼ならこれで物語終わっちゃうだろうし、余りにも想定内すぎるから犯人は別にいるような気がしてなりませんね。

なんか、原作とは全く話が違ってきそうな予感がしてますが、果たして真相はどうなるのでしょうか…。


テレビ史に残る陰湿な事件を扱った「ようこそ、わが家」ですが、いよいよ倉田家を苦しめた犯人の正体が判明しそうですね!にゃん!


7話のようこそ、わが家へのテレビっ子レビュー!


ようこそ、わが家へでいよいよ名無しさんの正体が発覚!

驚きの犯人が七菜の友人のあの人物だと発覚してビックリ…!

まさかのあの人物だとは…!この真相について、見ていきましょう。


7話のあらすじ情報1:母不在の中健太刺される。

七菜(有村架純)を庇い名無しさんに刺された健太は病院へ運ばれ手術を決意!太一(寺尾聰)は七菜に事情を聞き珪子(南果歩)に電話をかけて、ちょうどその頃珪子は陶芸教室の波戸(眞島秀和)と一緒にいて、告白をされてしまいます。

しかし、その時に健太のことを聞いた珪子ですが、気が動転しながらも病院へかけつけ、健太は命を取り留めるのでした。

ちょうどその頃、七菜のもとに辻本(藤井流星)が現れて、彼が名無しさんの正体を知っていると知り、七菜と太一、明日香(沢尻エリカ)は容疑者を確認。


お母さんの陶芸教室の先生とのやりとりが何とも間抜けで能天気すぎて、緊迫した雰囲気の中ちょっと違和感があったな!

まぁそれがお母さんの魅力なんやろうけど。やっぱり、辻本は犯人じゃなかったんやな!

それが分かって、ホンマスッキリしたで!

7話のあらすじ情報2:嫌がらせの正体は七菜の親友、万利江(足立梨花)だった!

翌日、健太は明日香から詳しい事情を知ります。なんと万利江は辻本に好意を寄せていたけれども、辻本が七菜のことを好きだったことから逆恨みをしたという動機と発覚!

辻本は万利江が変なことをしないようにずっと見守っていたのでした。しかし、万利江は猫をポストに入れたり盗聴器を仕掛けたりしますが、盗聴器を1つしか仕掛けていないし、お金も盗んでいないとのこと。


犯人は別にいるのでは?


という健太の明日香の推測だった。


意外なところから犯人があがってテレビを見ながら思わず「えー!」と叫んでしまったで!


自分が振られたからって、盗聴器まで友人の家に仕掛けるなんて執着心があり過ぎて逆に怖すぎるわ!


7話のあらすじ情報3:珪子が逮捕!?

太一の会社では再び真瀬(竹中直人)が悪巧みをしているとの疑いが。


今にも倒産しそうな会社との取引をしているのでした。


社長にも確認したが来期は相手会社が黒字になる、という真瀬の言葉を信じているのでした。


その夜、健太の退院祝いをする倉田家。そこへ警察がやってくる。なんと珪子が住居侵入及び窃盗の容疑者として疑われているのだった!

珪子に振られたからって、またまた逆恨みで波戸が動いていそうな出来事。


しかし、どうして倉田家ってこんなにも人間関係がぐちゃぐちゃなんやろな…

ホンマ気の毒すぎるで…

日頃の行いやろな!


7話のテレビっ子感想!

お母さんが疑われてるけどあの性格のお母さんが窃盗なんてそんな狡猾なことできるわけないし、その罪をなすりつけ用としているとするならば、好意を寄せていたけど振られた波戸と共犯者で下村(堀内敬子)も怪しい!

というか、そこしか考えられないわな…


8話「ようこそ、わが家へ」のテレビっ子レビュー!


8話でいよいよ、名無しさんの正体が発覚して、倉田家に再び悲劇が訪れてしまう…。

あの人物が倉田家を恐怖に陥れてしまう衝撃の展開に!


8話のあらすじ情報1:次に狙われたのは母!

健太(相葉雅紀)の退院祝いで倉田家は盛り上がっていたところ、警察が珪子(南果歩)を空き巣事件の容疑者として訪ねてきます。

珪子は身に覚えがないと言い、明るく振舞います。その後健太と明日香は珪子が波戸(眞島秀和)からもらったということを確認しに行きます。波戸は誤魔化しましたが、明らかに怪しい。

他の主婦仲間の家にも空き巣事件が相次ぎ珪子は疑われる一方です。


お母さんの家族を想う優しい心が伝わってきた場面だったな。

いつものノー天気なお母さんの本当の心の内がわかった気がして、何だか涙が出そうやな。

あ、涙はあくびやったわ…(眠くて)

8話のあらすじ情報2:盗聴していたのはやっぱり波戸だった!

二次面接に合格した七菜(有村架純)と健太は家の中に入っていた珪子の誹謗中傷のメモを見て、防犯カメラで珪子の主婦仲間の中嶋がメモをポストに入れているのを確認し中嶋家へ向かいます。何と中嶋の家にも盗聴器が仕掛けられていたのです!

その隠し場所となっていた時計は波戸から貰ったものだと分かり、健太と明日香(沢尻エリカ)は波戸を追い詰め波戸は警察に連行されます。

珪子の疑いは晴れたのでした。


初めから波戸先生は怪しいと思ってたから納得の結果だったけど、まさか盗聴だけだとは思わなかったで!


時折見せるニット帽の男の体格が波戸先生に見えてたから、すべての事件の首謀者は波戸先生っぽいと思っとったんやけどな…


8話のあらすじ情報3:珪子の身に危険がせまる!?


太一(寺尾聰)は真瀬(竹中直人)が会社の買収について問いただすがかわされてしまいます。

一方、翌日健太は民子(堀内敬子)が何か秘密を握っているのではと民子の家に向かいましたが、健太はそこで中嶋が盗まれたというジュエリーボックスを見つけます。


健太が倉田家に電話をかけると何と民子が訪れていたのです!


頭を後ろから殴打される珪子。


一方、太一は買収するというイーグル精密という会社を訪れましたが、そこには誰もいませんでした…

やっぱり民子が犯人だったんだ!と思わず叫んでしいまったで!

すべての事件の犯人ではなさそうだけれど…

それにしても堀内敬子さん、いつも優しい人柄を演じてらっしゃるのに、すごい怖い形相で民子を演じていてめっちゃびっくりやで!


8話視聴後のテレビっ子レビュー!

ついに暴かれた嫌がらせの犯人の一人は民子だった!波戸先生も盗聴していたし、2人は共犯だったってことかのでしょうか!

でも、これだけで終わらなさそうですごく怖いような…。最初の嫌がらせの首謀者はもっと近くにいそう…続きがめっちゃ気になる~!にゃん!

最終回のようこそ、わが家へまとめ!


最終回あらすじ情報1:倉田家に再び嫌がらせ!真瀬部長の悪事が遂に明るみになる

倉田家に再びペンキを使った落書きがされます。健太(相葉雅紀)らが防犯カメラを確認したところ犯人はダンボールで体を隠していました。

何もしなければ何も起きないという怪しいFAXも来て、再び恐怖に陥れられる健太たち。一方太一(寺尾聰)は西沢(山口紗弥加)と共に真瀬(竹中直人)の悪事を徹底調査します。

社長に話をしていると真瀬がやってきます。西沢が真瀬の不正の証拠を出して平井の真瀬が不正を行ったという証言より遂に真瀬の今までの悪事がばれます。

太一は西沢に謝れと珍しく憤るのでした。


真瀬部長の悪事がバレた時は本当に心がすっきりしたで!


お父さんが最後に西沢さんに謝れって言っているところは今まで以上に最高にかっこよかったな!


最終回あらすじ情報2:ニット帽の男の招待も明るみに!

健太は円タウン出版を盗聴しているニット帽の男を発見します。あなたが名無しさんですよね?と声をかけると男はあっさり自供します。

七菜の就職も決まり犯人も分かってようやく安心する倉田家。翌日健太は蟹江(佐藤二朗)から明日香(沢尻エリカ)が辞めることを告げられます。

その夜警察が倉田家にやってきてニット帽の男と明日香が写った写真を出してきます。なんとニット帽の男は明日香と顔見知り程度で明日香のことが好きだったのです!

明日香も早くにニット帽の男の正体が分かり男の自転車のサドルを傷つけていたのでした。


最終的なニット帽の男は蟹江さんかと思っていたら全然見たこともない犯人でビックリしたで!


明日香も犯人に気づいていたんやね…早く健太に教えてあげたら良かったのに…


最終回あらすじ情報3:ようやく訪れた平和に安堵する倉田家ですが…!

明日香はサドル代を弁償するだけの処分で済みました。明日香は本を出版することを辞めましたが、書き上げた原稿をもって倉田家に訪れます。暖かく迎え入れる倉田家。

翌日健太は普段通り出勤しようとしますが、また玄関の花壇が荒らされているのを見つけます。


そして何者かの気配を背後に感じました…


てか、最後のは一体何やねん!

ちょっと怖かったです。
その通り!

あーあ、ホント、そのまま何事もなく健太が出勤してくれたらいいのに…

最終回テレビっ子感想!

誰が犯人か毎週予想しながらみることが出来て楽しかったです!また新たないたずらをしている人がいるようなので、もしかしたら続編とかあるのかなと思いました。

でも余りにも不幸ばかりが続く倉田家がちょっと可哀想!にゃん!

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます♪
こちらの記事はいかがだったでしょうか?よろしければこちらの記事をSNSなどで拡散して頂けると、猫ともども跳び上がるほど喜びます♪

関連するテレビ記事はこちら

    youkoso_ica

    2015年4月期から始まる、「ようこそ、わが家へ」がめちゃめちゃ楽しみにしています! こんばんわ、テレビっ子(with にゃん吉)です。 毎度おなじみ月9のドラマなので、そりゃ「テレビっ子世に憚る」とか言っちゃってるので、レビューしないわけにはいかないですね。 もう、番組が始まる前から原作も読み返したりと、すでにドキ…

    ituskoi

    タイトルが既に物語の最終回を予想できそうな今回の月9ドラマですが、あらすじはいったいどんな感じなのでしょうか? 最終回までのいつ恋の内容について見ていきましょう! 気になる出演者キャストの情報やロケ地情報から、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の裏側をお伝えしていきます! 月9『いつ恋』のあらすじまとめ! …

    kitagawa

    1話~三軒家万智の偉大さとは?~ 【あらすじ】 セイコー不動産営業課は、目下、目白の坂の上のマンションを売ることが目標で、課長の屋代から「みんなで協力して売ろう」と言われていた。 そんな中、新しくやってきたチーフの三軒家万智は 「私に売れない家はない」と宣言する。 万智は美人だが、凄腕のキャリアウーマンだった。 ある日…

    risk_5wa

    水曜22時…日テレの花咲舞に負けないで… こんばんわ、テレビっ子(with にゃん吉)です。 水曜22時の視聴率は花咲舞に負けてしまっているリスクの神様です。というかフジテレビ全体的に視聴率がアレなのが気になるところでしょうか。 このまま打ち切りになることはないと思いますが、西行寺の父親の過去についてはきちんと解明し…

    iq246

    2016年10月スタートのTBSの系ドラマ、日曜劇場は、「IQ246~華麗なる事件簿~」です。 毎週日曜日の夜9時からの放送です。主演は織田裕二さん。 そんな「IQ246~華麗なる事件簿~」のあらすじの概要や、感想をまとめてみました。 【 IQ 246あらすじの概要】 北鎌倉にある法門寺家は、やんごとなき貴族の末裔で、…

コメントを残す

このページの先頭へ