テレビっ子基礎編【初級編その1】テレビの視聴率はどう決まる?


当サイトをご覧になって、1流のテレビっ子になってもらうためにも、初級編その1として『テレビの視聴率』についてお伝えしていきたいと思います。
テレビ視聴にあたって最も重要な指標となるのがこの「視聴率」ですが、実はこの視聴率は驚くべきことに「たった1つの会社」と「たった1000世帯」の人間によって、決められているというのです。

一体どのような会社が視聴率を調査しているのかお伝えしていきたいと思います。今後テレビをご覧になれば、視聴率の裏側が分かり、より一層と楽しくテレビをご覧になれること間違いニャイ!


テレビの視聴率はたったの1000世帯だけ!?


アナログ放送から地上デジタル放送が開始されて、相変わらず視聴率の話題が毎日つきませんね。

テレビ局やバラエティ、ドラマなどでも毎日のように視聴率の報道がなされていて、年末年始にかけてもこの話題が続いていくのは間違いないでしょう。


そんな中でも特に驚きなのが、視聴率は日本全国でたったの「1000世帯」しか統計を取っていないということです。


にゃん吉もびっくり!


・・・視聴率は日本全国の国民のデータを取っていないので、「正確な数字を取っていないのでは!?」と思っている方も多いのかもしれません。

しかし、実際のところ、「誤差」がかなり出てしまっている可能性もあり、視聴率の測定の仕方に疑問視する声もあるのだとか。

地上デジタル放送がはじまり、「双方向通信」が行われているので、技術的には全世帯からの視聴率測定も可能なため、どうしてやらないのか、中々納得出来ない人もいるのではないでしょうか。


ぜひ、分かり合おうぜ!


・・・さて、それでは次に視聴率を扱っている日本で唯一の会社「ビデオリサーチ社」について見ていきましょう。

視聴率を扱ってる会社はビデオリサーチ社!


日本では唯一視聴率を計測できるのがビデオリサーチという会社です。かつてはニールセンという会社と2社で測定していたようですが、現在はビデオリサーチ1社のみが視聴率を取り扱っています。

ここからは推測ですが、昔ながらのやり方で来てしまったがために、中々新しい方法にシフトができていないのかなと思います。

視聴率の方法については、1000世帯のみのサンプリングでも誤差が少ない一方で、早く全世帯に視聴ができるようにテレビなどでも対応してもらいたいですね。ちなみに、自分の家に視聴率測定をしたいと言っても、ビデオリサーチ社によって取り付けてもらうことはできません。

あくまで無作為に抽出された世帯にのみとのことでした。この辺については次回以降に詳しくお伝えしていこうと思います!にゃん!

テレビっ子の感想

1000世帯ってどんだけ少ないねん!?
その数で十分ならええと思うけど、ごっつ誤差あるんとちゃうん?
ずれないように工夫せなアカンで!
にゃん吉先生、早速の感想ありがとう!

一応、誤差はそこまでないとは言われてるよー!

まぁ、次回以降に細かくお伝えしていくので、この辺についてもお楽しみに!

・・・さて、視聴率1%上がった下がったという話題で、連日もちきりなのに、たった1000世帯のみしか観測されていないのは確かに疑問が残りますね。

それで番組が打ち切りになったり、継続が決定したりと、視聴率に業界関係者もあたふたしてしまってるのは間違いないでしょう。ただ、視聴率が低くてもDVDやブルーレイの販売がうまくいってるので、業界の内部でも「視聴率至上主義」には違和感を感じている方が多いのも確かだと思います。

現在はスマホも発達してきてるので、ネットを閲覧してきてる人も増えてるので、テレビをちゃんと見ている人も少なくなっているのかもしれません!

視聴率はあくまでも目安くらいにしておいて、本当に面白い番組作りができる環境を視聴者と一緒に作っていって欲しいですね!にゃん!

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます♪
こちらの記事はいかがだったでしょうか?よろしければこちらの記事をSNSなどで拡散して頂けると、猫ともども跳び上がるほど喜びます♪

関連するテレビ記事はこちら

    e

    テレビ視聴率はビデオリサーチ社によって、全国で抽出された1000世帯を対象に、視聴サンプルをとっている事はお伝えしてきました。 そもそも、「数が少なすぎるのでは?」という議論はこれまでも言われてきましたが、はたして妥当な数なのでしょうか? また、1000世帯のサンプル数で、どのような影響があるのでしょうか? サンプル…

    f

    視聴率の測定は全国でも1000世帯にしか行われていないことはお伝えしてきましたが、「調査世帯に選ばれたい!」という人も多いようですね。 テレビ局などにはこういった問い合わせなども届いているようですが、実際に視聴率を測る世帯は「限られている」という現状があります。 今回は、視聴率測定するためにどのようにしたら選ばれるの…

    h

    現在のテレビ業界では「視聴率」の影響力がいかに大きいのか、これまでもお伝えしてテレビっ子です。 そこで、今回は録画率や再生率をうまくカウントしてない現状がある一方で、アメリカではどのような測定が行われていて、それによって今後の日本のメディア業界での「視聴率」のあり方について調べてみました。 アメリカでの視聴率測定方法…

    y

    テレビっ子になるための第二弾として、読者の方により一層と憚っていただくためにTwitterの使い方について見ていきたいと思います。 テレビっ子では今やTwitterを使うのは必須とも言えるくらい、テレビを楽しむためには『マスト』なツールになっています。 『テレビと関係ないじゃん!』と思われる方もいるかもしれませんが、…

    mu

    テレビっ子になるための初級編第三弾として、第二弾に引き続きtwitterの芸能人の炎上を楽しむ方法についてお伝えしていきます。 ここ最近ではネット社会と言われるだけあって、テレビを見ながらネットでtwitterを使っている人がたくさんいるのは周知の事実だと思います。 前回はハッシュタグを追っていけば、炎上している番組…

コメントを残す

このページの先頭へ