オトナ女子ネタバレあらすじまとめ!出演者キャスト情報も


フジテレビ水曜ドラマ22時に注目!

こんばんわ、テレビっ子(with にゃん吉)です。

前クールのこの時間帯で人気だった「探偵の探偵」でしたが、10月期からは少し毛色が変わり、「オトナ女子」という女性向けのドラマがスタートします。

おそらく、番組がフジテレビであるだけに視聴率は低迷するだろうというのは当サイトでお伝えしてきました。

ただ、そうはいってもシュエが篠原涼子さんなだけに番組はぜひとも注目していきたいと思います。

大人女子の内容について見ていきましょう!にゃん!
スポンサーリンク


大人女子のネタバレ!


10月スタートのフジテレビ木曜ドラマ「オトナ女子」は、幸せになりたい独身アラフォー女性3人の奮闘物語。

仕事も恋も頑張ってきたけれど、人生のパートナーにはまだ出会えていない。

交際相手の男性は成功して良い人生を歩んで行くのに、自分は振られてしまう。アゲマンだけど自分の幸せは未だ掴めていない…

そんな、アラフォー女性達の群像劇です。


と言っても出演してる女優は美女ばかりで、高嶺の花なんやろうけど…

絶対こんな女おらんわな!


ひねくれ系猫…

もうすぐ保健所に行く日も近いからだまってようね。


中原亜紀(篠原涼子)は、企業で広告の仕事をする40歳の独身キャリアウーマン。年下の彼はミュージシャンの卵。

亜紀と同い年の友人・大崎萠子(吉瀬美智子)は惚れやすい質の恋多き独身女性。

同じく40歳の坂田みどり(鈴木砂羽)はバツイチで3人の子を持つシングルマザー。3人は度々女子会を開き、何でも言い合える間柄。

亜紀は会社が新たに参入した「恋愛アプリ」の部署へ異動になり、アラフォー向けゲームを作るチームリーダーに就任する。

しかし部下は皆若く、恋愛アプリすら未経験の亜紀は困惑する。そこで「恋愛アプリ」の監修として、脚本家の高山文夫(江口洋介)に依頼してみてはどうかと考え出す。

高山は10年以上前、恋愛ドラマで圧倒的に流行するも、最近はお見かけしていない。

亜紀は高山の住まいを調べ、訪ねるが…。

そっから先はどないやねん!?

ごっつ気になるわー。

それはドラマを見てのお楽しみやろ!


女性である事を喜び楽しもう!


脚本は「結婚できない男」の尾崎将也さん、監督・演出は「ラスト・シンデレラ」「ディア・シスター」「医師達の恋愛事情」のスタッフさんとの事。

女性憧れの仕事や恋愛・住まい・ファッションを見せてくれながらも、悩み奮闘する主人公に共感でき、単調な日常生活の中で自分と重ねながらドラマに浸れる様な作品でした。

私のドラマ鑑賞の楽しみの原点は、女性である事を喜び楽しめること。日常生活の中でドラマの憧れの主人公になり切って心を潤し、毎日を頑張ろうと思えることです。

そんな気持ちで気付けば20年ほどテレビドラマを見続けて来ましたが、同じ気持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それにはやはり主人公に自分を重ねられ、共感できる事が前提条件となりますが、今作は正に多くの女性の共感を集め、心を掴んでくれそうなテーマ!

仕事を頑張る主人公だけでなく、恋愛に掛ける女性や3人のお子さんのいるシングルマザーも登場するので、自分に近い立場やタイプの登場人物に共感ポイントも見つけられる、言わば、日本版「Sex and the City」!家の為、お国の為に生まれた時代からすると、恋も仕事も子育ても選択できる恵まれた現代の私達ですが、やはり悩みは尽きません。

「幸せになりたいアラフォー女性の、リアルで等身大の生き方を描く奮闘物語」は、色んなテーマが盛り込まれ、「強く生きる女性達への応援歌」となっているとの事。

秋冬の落ち着いた季節柄、ドラマを楽しみつつも等身大の自分を省みられる様な内容も嬉しいです。不調だったフジテレビドラマも、今作は高視聴率を期待できそうですかね。

いや、それは厳しいやろ…

残念ながら…

篠原涼子がいるだけに、期待したいところ!にゃん!


オトナ女子の出演者まとめ!


独身アラフォー女性の奮闘物語に出演されるのは、40代の奥深さと人間味のある魅力的なキャストさん達!

原作のない今作は、役者さん達の経験や人柄が登場人物像に反映されている様にもお見受けできます。

美しくパワフルな女性陣と、だめんずを演じる男性陣にも注目したいですね。

中原亜紀 40歳会社員:篠原涼子


広告の仕事から「恋愛アプリ」の部署へ異動。しっかり者でデキル女だけれど、人が良すぎて幸せになれない。

気さくで思いやりとサービス精神に溢れた篠原さんは、包容力・リード力・ユーモア・母の強さを持ち合わせ、私達に女性としての完成形を見せて下さいます。

心も言葉もとても豊かで、控え目なのに人を温かく包み込む太陽の様にポジティブな生命力に惹かれない人はいないのではないでしょうか。

今必要とされる精神そのものだと思います。加えて溶岩ヨガ歴8年という、肌とスタイルの美しさ。

食わず嫌いで「マグマ溢れる」「具沢山」とマツコさんに評されていましたが笑(ホントお上手!)、人気・実力の高さの源は心身健康な溢れる人間力から来るのでしょうね。

それは亜紀の人の良さ・バイタリティと重なり、魅力ある主人公が間違いなくドラマの良いムードを作ってくれるのでしょう。

女優・タレント・女性・妻・母と様々な役割を果たす篠原さんの「女子はいつまでも女子と思っている。」精神を、見習いたいです。


それは篠原涼子だからであって、自分にそんなことができるわけないやろ…


高山文夫 脚本家・「恋愛アプリ」監修:江口洋介


10年前は流行脚本家だったものの、最近はめっきり。

亜紀に恋愛アプリの監修を頼まれる。

恋愛に独自の哲学を持ち、偏屈物と呼ばれる。

最近は社会派ドラマでの活躍が多く、恋愛ドラマにはお久しぶりの江口さんに視聴者もわくわく!

90年代トレンディドラマでの大変な活躍ぶりは、高山と重なる所もありますね。

偏屈物という役所や篠原さんとの共演、楽しみでなりません。

大崎萠子 亜紀の親友:吉瀬美智子


40歳独身。フラワーアレンジメントの仕事を持つ。惚れやすい恋多き女性。

「昼顔」やニベアのCM の美しくスマートで色っぽいイメージが強い吉瀬さんですが、サバサバとオープンに何でも話せる気さくな面もあり、女子会シーンの雰囲気や40代女性のどんな本音が飛び出すか楽しみにしています。

坂田みどり 亜紀の親友:鈴木砂羽


40歳バツイチ。3人の子を持つシングルマザー。

監督業にも挑戦し、昨年離婚も経験された砂羽さん。

「40代はエネルギッシュでもあり、かなしみもおかしみもある人生の集大成の様な年代。」と仰る砂羽さんの豊かな経験から得た奥行きと、自由で率直な魅力でどんな演技を見せて下さるでしょう?

女子会シーンは盛り上がりそうですね!

栗田純一 亜紀の勤める会社社長:谷原章介


女遊びが激しい。

役名と女遊びの設定は・・笑?6人のお子さんと其々の親御さんとの大家族の大黒柱である谷原さん。

石田さん家とのご縁も感じます。色々あっても、結婚会見や司会業での仕切りの上手さ、周りの人を大切にする愛情深さ・寛大な人柄が素晴らしく大きな魅力です。

俳優業では敵役や癖のある役の多い谷原さん。引っかき回す社長役を楽しみたいとの事!

独身役の皆さん結婚ご経験者ですが、40代の役者さん達のリアルな人生経験も感じられそうな今作。


かなり個性的なメンツばかり!

本当に楽しみですね!続きは本編で!にゃん!

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます♪
こちらの記事はいかがだったでしょうか?よろしければこちらの記事をSNSなどで拡散して頂けると、猫ともども跳び上がるほど喜びます♪

関連するテレビ記事はこちら

    ダウンロード (1)

    4月スタートの「ラブソング」(フジテレビ)。元プロミュージシャンの主人公が、ある女性との出会いで、見失った人生を取り戻すヒューマンラブストーリーだ。新人・倉光康子による型にはまらない脚本は、果たしてどんな世界を見せてくれるだろう。 放送前のあらすじ紹介 ■あらすじ 神代広平(かみしろ・こうへい)(福山雅治)は元プロミ…

    isan_ica

    10月22日(木)21時スタートのテレビ朝日系ドラマ「遺産争族」。 「どこにでもいる家族の(遺産相続を巡る)愚かで赤裸々な争族物語を通して、家族とは何か?を描いていきたい。」と脚本家・井上由美子さん。 ムコ入りした「闘わない主人公」の、争う家族との向き合い方や生き方に注目したいですね! こんばんわ、テレビっ子(wit…

    tera_ica

    帰ってきました!! テラスハウス。10月12日(月)25:20からフジテレビでスタート! こんばんわ、テレビっ子(with にゃん吉)です。 (通常は24:55~)東京都内のプール付きの豪邸へ新たに入居する、希望に満ちたメンバー6名を1人ずつみていきましょう!にゃん! ■早田悠里子(23)帝京大学医学部4年 福岡県宗…

    2016-10-30_231114

    砂の器あらすじ 高野亜紀(菅野美穂)は憧れだったタワーマンションに家族四人で引っ越してきます。 一見は華やかで豪華なタワーマンションですが、その中身は「フロア格差」や「ランチ地獄」、 「強制ハロウィン」など大変なルールが溢れていたのでした。 亜紀も家族を守ろうと必死にルールに従っていましたが、隣人によってそれが次第に崩…

    images (6)

    4月スタートの新ドラマ「お迎えデス。」(日本テレビ・土曜21時)。 田中メカ氏による漫画作品が、尾崎将也氏の脚本で実写化される。 尾崎氏の過去作の分析から見る、原作との相性、キャスト陣の配役について考察した。 お迎えデス。のあらすじ概要 感情を表さない理系オタク・堤円(つつみまどか・福士葵太)と、 感情むき出しの猪突…

コメントを残す

このページの先頭へ