もののけ姫の都市伝説まとめ!サンの母親やコダマがトトロの真相も


ジブリシリーズもいよいよ第四弾ということで、もののけ姫の都市伝説がかなり驚きな内容になっています。

もののけ姫は放送すればいまだに視聴率も20%以上を超える大人気作品で、都市伝説や伏線の数も半端じゃありません!中でも、サンの母親がなんとあの意外な人物というのはかなり驚きですね・・・

一体、どんな人物なのかも含めて、今回はもののけ姫の都市伝説をご覧になって物語を100倍楽しむ方法についてお伝えするにゃん!



もののけ姫の都市伝説とは?


もののけ姫は1997年に映画公開された作品で、今も放送されれば高い視聴率を取り続けているので、どれだけ長い間支持されているんだとびっくりする方も多いでしょう。

「さすがはジブリ作品!」ということで、その人気の理由についてはこれまでもお伝えしてきましたね。

今後ももののけ姫を100倍楽しめる都市伝説について、1つずつみていきましょう!

こちらがもののけ姫の都市伝説です。

項目 都市伝説
都市伝説1 コダマはトトロに進化する?
都市伝説2 もののけ姫は税金対策?
都市伝説3 タイトルは「アシタカせっき」だった?
都市伝説4 アシタカは許婚を裏切った?
都市伝説5 エボシは死んでいた?
都市伝説6 エボシの裏設定がえぐい?
都市伝説7 サンの裏設定
都市伝説8 ラストの真相
都市伝説9 サンの母親がなんと・・・
参考URL:http://matome.naver.jp/odai/2140448435259052701?&page=1


いかがでしょうか?

思わず、「どんだけあんねん!?」とビビってしまう数で、かなりエグいものも含まれていますが、順番にみていきましょう!


都市伝説その1:コダマはトトロに進化する?


1つ目が「コダマはトトロへ進化」という都市伝説。

これはテレビっ子的に最もびっくりした都市伝説です!

というかそういう裏設定あったの?とジブリ好きなのに思わずびっくりしまくりでした。

一応、数百年経ったらコダマがトトロへと成長する設定のようですね。


つまり、コダマが・・・


数百年すると・・・


こうなる!

おー、まいがー!

念のため、もう一度確認してみます。


コダマが・・・


数百年すると・・・


こうなる!


いやはや、生物の進化は美しいですね

・・・・そしたら、将来的にはトトロがワンサカ出てくる可能性もあるのでしょうか。


なんと、おぞましい!

こんなにたくさんのトトロがいたら、子供たちも腰を抜かしてしまいそうですね!

ノストラダムスの大予言はこのことを言っていたのではないでしょうか。

というか、ふと疑問に思ったのですが、トトロの映画の中ではトトロは一匹でしたが、実は裏では何十匹あ、何百匹といるのでしょうか!?

そう考えればトトロは世の中にはコダマの数と同じくらいに何万匹のトトロが存在しているのかもしれません!

あー、おぞましい!


都市伝説その2:もののけ姫は税金対策?


もののけ姫ができた裏側では「税金対策」というのがあったのは有名な話です。

ジブリシリーズではあまりにも人気が出ていて、グッズの売れ行きが尋常でなかったようですね。そのため、ものすごく利益が出てしまったようですが、多額の税金を治める必要が出てきました。

そこで、新しい映画を作成にあたり、今までの映画の何倍もの金額をつぎ込んで作品を作り始めました。何億という制作費を使ってできたのが「もののけ姫」だというのです。


アニメ作品は割と当たりやすいと言われているようですが、さすがに「億」という金額を聞いてしまうと足がすくんでしまいますね。

それにしても、税金対策で作られただなんて、ジブリファンとしてはちょっとショックを受けてしまう人もいるのではないでしょうか・・・

にゃん吉の餌は1万年分は買えてしまいそうですね(笑)

それにしても、税金対策で、作った映画でさらに大ヒットしてしまうなんて・・・さらに多額のお金を生み出したのは間違いにゃい!


都市伝説その3:タイトルは「アシタカせっき」だった?


3つ目の都市伝説として、タイトルが「もののけ姫」ではなく、「アシタカせっき」という名前だったというのです。

「なんすか、その名前!?」と思ったのですが、「聶記」という字を書くらしく、伝記のような意味らしいですね。

どうやらアシタカの神話という位置づけで宮崎監督は考えていたっぽいです!

しかし、プロデューサーの鈴木敏夫氏はもののけ姫という名前をものすごく気に入っていたために、こっそりもののけ姫のままCM制作などを実施。


シカトし過ぎ!

・・・後にタイトルを変えてないことが宮崎監督にバレてしまいますが、宮崎監督も特に何も追求せず・・・

よって、「アシタカせっき」ではなく、「もののけ姫」でいくことが決定!

ジブリ作品は「の」が入るという設定も守られて、無事に「もののけ姫」として、制作されました。

テレビっ子が驚いたのが、宮崎監督は「人の話を聞いた!」ってことでしょう。

だって、だってですよ!?宮崎監督ってかなり独善的なワンマンの印象があるじゃないですか?

自分の意見が採用されなかったら「超ブチ切れる!」ってイメージがありますし。

でも、「アシタカせっき」を不採用にして、「もののけ姫」のタイトルのままでも宮崎監督が何も言ってこなかったのは、「まぁ、いっか」といって自分の意見を引っ込めたということでしょう!

意外にも宮崎監督にはこのように「人の話を聞く!」という一面があるのが驚きですね。


都市伝説その4:アシタカは許嫁を裏切った?


4つ目の都市伝説として、アシタカは許嫁(いいなずけ)を裏切っていたという説。

許嫁って一体だれなのかというと、冒頭に登場していた「カヤ」という女性。(ちなみに、サンの声優と同じ方のようです!)


てか、サンに顔も似てる!


カヤはアシタカのことを「兄様」といっていたので、てっきりアシタカの妹だと思ってる方も多かったのではないでしょう!

何を隠そう、テレビっ子もそう思ってました!(えへへっ!)

これらは単純に「年上の人を兄様、姉様と呼ぶ設定」だったようで、裏設定としては「カヤはアシタカの許嫁」だったことが公式で明らかになっています。

この設定を知って、

うおー、マジかー!

と驚いたのが私テレビっ子であります!


この後で、カヤがアシタカへ小刀をわたしてますが、これは結婚することを決めている人間が「自分の魂として渡すもの」というのが何よりの証拠のようですね。

この設定を知ったTwitterファンなども「カヤがかわいそすぎる・・・」と悲しむ声が毎回多数。


・・・ご飯はもうちょっとまっててね!

ずっと好きだった人間が別の人と知らぬ間に好きになって結婚してしまうという設定・・・

何を隠そう、テレビっ子の話です(笑)(思い出しただけでも涙が・・・)

よって、カヤにおもいっきり感情移入してもののけ姫を見てしまってます!

サンとアシタカが抱き合ってるシーンとかみると、もう「ムキー!」ってなってしまうのです。

もしくは、アシタカがカヤに対して「どれだけ無視するか」という「ゲーム」なのだとしたら、それはそれでアシタカの底知れない「何か」を感じ取ってしまいますね・・・

あぁ、アシタカ様・・・

せめてカヤのことをどうか思い出して上げて下さい!そうでなければテレビっ子はもののけ姫を正気を保って見ることができなそうです・・・


どうでもええわ!
もののけ姫、正座して見なさい!!


は、はい!
にゃん吉先生、承知しました!


都市伝説その5:エボシは死んでいた?


次にエボシはモロに噛み付かれた時に死ぬはずだったという点です。

しかし、宮崎監督のお気に入りのキャラなのでエボシは死なずに、そのまま生き残ることに!


かわいいね~、すごいね~(だから、もうちょっと待っててね!)

確か、もののけ姫を作る裏側をドキュメンタリーで見たのですが、0.01秒に収まる絵コンテ数枚のほんの僅かな色を決めるのに、デザイナーと宮崎監督で1週間以上も議論してる映像がありました。

それだけ作りこむジブリ作品はすさまじいなと思ってるのですが、中でも宮崎監督のお気に入りということなので、いいキャラしてますよね~。

まぁ、エボシはテレビっ子も好きなキャラなので、ほんとよかったんじゃないかな(強がり!)

ただ、最後の最後で、エボシが心変わりして、「いい人」っぽい感じになったのが謎ですね・・・

テレビっ子的には「自然?いつ壊すの!?今でしょ!」みたいな林先生もびっくりの悪っぷりを貫いて欲しかったと思います!にゃん!


都市伝説その6:エボシの裏設定がえぐい?


6つ目に、エボシが実はかなり裏設定があったという都市伝説です。

エボシの過去では幼少期に売り飛ばされており、倭寇という海賊の首領と結婚したエボシは自分の手でその人の命を奪ってしまいます。

テレビっ子はエボシが好きなのですが、ちょっとこの設定にはびっくりしたんじゃないかな(汗)

強がりも限界が来ましたが、こんな裏設定があったなんて、もうーやばいっすわー。エボシが結構エグい性格してる背景が超納得いきましたねー!

ちなみに、倭寇とか聞くと、「日本史思い出すなー!」って懐かしく感じましたね(笑)

(テレビっ子は室町・戦国時代辺りの歴史のテストで97点取ったのを覚えてます!)


・・・閑話休題。


エボシは自分の夫が持っていた宝などを持ち逃げして、「たたら場」を作ったという背景があったので、なんとなく女性が活躍していた理由が分かりましたね!


都市伝説その7:サンの裏設定


サンは生贄としてモロに捧げられた「子供」であることが分かっています。

モロをあまりにも恐れられ、当時赤子だったサンを捧げることで、怒りを鎮めようとしたのでした。

結構これって、歴史的にみると自然とか怖いものに命を捧げるっていうのがあったみたいですね・・・

ただ、そのしっぺ返しとして、サンが自分の村を襲ってくるということを伝えたかったのではないかなーと!翻って、自然を壊すと、それと同じ結果が人間に降り掛かってくるよーってのを伝えたいのだとテレビっ子は感じました!

・・・と珍しく真面目に解説してみたりしまする!にゃん!


都市伝説その8:ラストの真相


8つ目に「ラストシーンがすっきりしない」ということです。

ラストシーンがなんとなく、「もやっ」とした状態で終わってしまうため、見終わった後に「すっきりしない!」って感じている人も多いようですね。


体拭いてあげるからにゃん吉くんはじっとしてましょうね

・・・さて、これまでもお伝えしてきましたがジブリ作品では毎度のことで、「もやもやした状態で終わらせる」というのが鉄板であります。

結論を敢えて出さないで物語を進めるので、「あれってどういうこと!?」みたいな感じで終わられると、我々ファンは「もう一回見ないと!」と焦ってしまったりしますね!

テレビっ子的には毎回、「気になるー」と思ってしまいます・・・

ただ、ジブリ作品は続編は描かれないので、この後の展開は一人ひとりの「想像」の中で物語が進んでいくから、ジブリにはまっていくのでしょう(テレビっ子もそうです!)。

都市伝説その9:サンの母親がなんと・・・


最後の都市伝説として、「サンの母親がエボシ」だという都市伝説です。

「それだけはないっしょ!」と思っていたのですが、確かによく見てみると、テレビっ子的には2人の共通点もみえてきました!

(1)サンとエボシは好戦的な性格が似ている

(2)見た目もちょっと似ている


エボシは都市伝説その6で、倭寇の首領と結婚したということをお伝えしてきましたが、一部ではその2人の間に出来た子供が「サン」だと言われているようですね。

かなり急過ぎる展開だと感じましたが、これも可能性として0ではないと思いました!

サンとエボシが親子という設定があってもおかしくはない・・・そう、ジブリならね!

・・・そういえば都市伝説その8で言っていたことにも通じますが、「あれって、こういうことなんじゃない!?」みたいなモヤっと感が満載なのがジブリ作品の魅力なのでしょう!

間違いにゃい!


テレビっ子の感想

自分、ふられた話しとったけど、めっちゃワロターw
ただ、ご祝儀貧乏とか勘弁してなー。ただでさえワシの飯、めっちゃ貧乏臭いのにこれ以上グレード下がったらかなわんでー
「ワロターw」って!てか、猫って笑うのか・・・
それにしても、サンがエボシと親子だった説は個人的にはツボったなー。
まあ、それはさておき、サンの小さい時ように、近々にゃん吉をモロに捧げにいこうっと!どうでもいいけど、にゃん吉の寝顔って乙事主みたいだよね!

・・・さて、今回はテレビっ子の思い入れがかなり強いもののけ姫の都市伝説についてお伝えしてきました。

途中で、振られたことを思い出してしまい、思わず涙が出そうになりましたが(笑)、なんとか正気を保って今回もお届けできました!

もののけ姫が億単位の制作費で作られて、一枚の絵コンテで1週間以上も時間をかけて作ったことで、作り手を楽しませるジブリ作品の裏側が知れてびっくりしました!

今回9個の都市伝説を踏まえて、もののけ姫をご覧になって百倍楽しんでもらえたら嬉しいです!にゃん!

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます♪
こちらの記事はいかがだったでしょうか?よろしければこちらの記事をSNSなどで拡散して頂けると、猫ともども跳び上がるほど喜びます♪

関連するテレビ記事はこちら

    c

    ジブリシリーズで人気作品「耳を澄ませば」の都市伝説が「やばい!」とずっと話題になってきました。 ジブリ作品って、毎度のことながら色んな都市伝説が噂になり、めっちゃ気になるものが多いですよね! 中でもこの「耳をすませば」はテレビっ子も舞台になった聖蹟桜ヶ丘の近くに住んでいたこともあり、思い入れもある作品です。 中でも、…

    b

    日本テレビ系列で映画化された「となりのトトロ」、金曜ロードショーでも放送され、視聴率がいまだに20%以上取るなど、いかに異常な人気なのかがお分かり頂けると思います。 そんな、となりのトトロがどうしてこの時代に人気なのか検証してみました。 またネット上で噂されてきたメイやさつきが「死んでいた」という都市伝説も・・・ と…

    toshidensetsu_ic

    久々のテレビっ子ジブリシリーズの復活ですが、テレビ史上最も都市伝説が隠されている作品の1つについてのご紹介! こんばんわ、テレビっ子(with にゃん吉)です。 テレビっ子はテレビの申し子として、これまでもたくさんの都市伝説もお伝えしてきましたが、中でもこの作品には人一倍想い入れがあったりします! 単に個人的な想い入…

    p

    ジブリシリーズの大人気作品である風の谷のナウシカはテレビっ子も金曜ロードショーで何度も何度も見てきました。 (メーヴェに乗りたくて、家の庭でダンボールを使って練習していたのも遥か昔のようです・・・) ジブリ作品もはじめ、たくさんの作品を見てきましたが一番の古い作品であるため都市伝説の数がかなりあるようですね。 例えば…

    r

    ジブリ都市伝説シリーズ第二弾ということで、天空の城ラピュタに幻のエンディングがあるという都市伝説があることは有名な話のようですね。 「パズーがシータを迎えに行く」「シータとパズーがシータの家にいて、ドーラが来た」というエンディングが存在していることが有名になっています。 「にゃん!」とびっくりなラピュタの都市伝説につ…

コメントを残す

このページの先頭へ