【視聴率編】木村拓哉の歴代ドラマの視聴率から学ぶ今後のテレビ業界は?


視聴率編と題して、今回は俳優の木村拓哉さんを題材にして、今後のテレビ業界の流れについて予想をしていきます。

これまでは、木村拓哉さんのような「スター」が存在していれば、高い視聴率が取れると言われてきました。しかし、最近の傾向では人気俳優1人の力では人気の出るドラマというのは出てきにくいという声もありますね。

はたして、今後のテレビ業界は一体どのようになっていくのでしょうか。


木村拓哉の歴代視聴率まとめ!




木村拓哉さんといえば、フジテレビの月9を中心として、30%以上の視聴率を取るドラマに出演してきました。

フジテレビのディレクターの中には「キムタクが出れば視聴率は取れる」と言っている人がいるくらいに、高い人気を獲得してきました。

テレビっ子が小学生の頃は、姉が「若者のすべて」を見ていたのをよく覚えています。

「たくや、カッコイイ♡」

って言ってましたが、当時小学生くらいだったテレビっ子もめちゃめちゃ共感して「はぁ・・・」ため息頷いていたのを覚えています。


木村さんはアイドルでありながら、俳優としての演技もうまくて、何よりかっこいいというのが評判になり、90年代の当時から木村さんが主演するドラマは軒並みに大ヒット。

木村さんのその華麗なる歴史をご覧ください。
放送年 出演ドラマ テレビ局 初回視聴率
1996年 ロングバケーション フジテレビ 30.6%
1997年 ラブジェネレーション フジテレビ 31.3%
1998年 眠れる森 フジテレビ 21.3%
2000年 ビューティフルライフ TBS 31.8%
2001年 HERO フジテレビ 33.4%
2002年 空から降る一億の星 フジテレビ 25.7%
2003年 GOOD LUCK TBS 31.6%
2004年 プライド フジテレビ 28.0%
2005年 エンジン フジテレビ 25.3%
2007年 華麗なる一族 フジテレビ 27.7%
2008年 CHANGE フジテレビ 23.8%
2012年 PRICELESS フジテレビ 16.9%
2013年 安堂ロイド TBS 19.2%
2014年 HERO フジテレビ 26.5%


こちらは初回視聴率のみの記載ではありますが、特に注目は2000年のHEROが初回30%を超えていたところでしょうか。

平均視聴率も全て30%を超えるものになり、これほどまでに人気が出たドラマはないとも言われていますね。

30_dondake


ただ、ここ最近の傾向ではそんな木村さんの人気をもってしても視聴率が以前ほどとれなくなっているのも事実でしょう。


「いやいや、全然カッコイイじゃん!」って思ってるのですが、いかんせん視聴率が取りにくくなっていることも事実。


2014年のHEROこそ、平均視聴率が20%超えの記録を出してきましたが、フジテレビのPRICELESSなどではなんと初回は16.9%の視聴率も。

これは1つの時代の象徴で、「木村拓哉でもドラマで高い視聴率を取れない」と言われるようになったのは間違いありません。

そもそも、ドラマも含めてバラエティなど色々な番組で高い視聴率を取ることが難しいと言われているのですが、その理由は一体どうしてなのでしょうか?


どうして木村拓哉でも視聴率が取れない?


結論から言うと、テレビを見ていない人が増えたということだと思います。

いわゆる「テレビ離れ」がどんどんと加速しており、テレビを見ている人がいてもスマホを見ながらが当たり前になっていて、昔に比べてテレビを見る「質」も下がってきてると言われていますね。

テレビ以外でも、色々なイベントだったり、ディズニーランドを含めたレジャー施設に行く人も増えていて、単純にテレビ以外の魅力が増えているのも要因の1つなのでしょう。

となれば、「木村拓哉がドラマに出てる!」となっても、すごいファンでもない限りは「録画して後で見よう!」となってしまう人もいるのかもしれませんね。

「リアルタイムでテレビを見る意味」というのがどんどんと失われているのだとテレビっ子は考えています。


今後の視聴率が取れるキーワードはコンテンツの”圧縮”

amatya


テレビ・ドラマは視聴率が取りにくい時代というのはお伝えしてきましたが、それでは一体どのようにしていけばいいのでしょうか。

そのヒントとなるのかもしれない事例を見つけたのでご紹介したいと思います。

それが2013年に放送されたNHK、連続テレビ小説「あまちゃん」です。

まずは下記の表をご覧頂きたいと思います。

放送年 出演ドラマ 主演 平均視聴率
2014年 花子とアン 吉高由里子 22.6%
2013年 ごちそうさん 22.3%
あまちゃん 能年玲奈 20.6%
2012年 純と愛 夏菜 17.1%
梅ちゃん先生 堀北真希 20.7%
2011年 カーネーション 尾野真千子 19.1%
おひさま 井上真央 18.1%


こちらをご覧いただくと分かるように、NHKの連続テレビ小説も視聴率が20%をきることもよくあるということでしょう。

ただ、中でも注目したいのが2013年に放送された「あまちゃん」だと思います。あまちゃんはその当時ほとんど無名だった女優「能年玲奈」さんを大抜擢したことで注目をされてましたが、業界関係者の中では「こけるかも・・・」という不安もあったのも事実です。

特に、井上真央さんや尾野真千子さんといった注目されている女優陣でも平均視聴率が20%いってなかっただけに、NHK側の「賭け」の部分もあったのだと思います。

しかし、実際は蓋を開けてみれば視聴率も20%以上も超えた大ヒット。紅白歌合戦でも好視聴率を獲得し、その年の流行語「じぇじぇじぇ」も色んな方が使っていましたね。

ちなみに、あまちゃんの後の「ごちそうさん」や「花子とアン」もあまちゃん以上の視聴率を獲得して、大ヒットしましたが、これは「あまちゃん効果」という風にも言われています。

あまちゃんの熱狂的なファンも増えてたおかげで、「朝起きて、連続テレビ小説を見る」という習慣がついた人が増えた影響という声も。

視聴率が高かった割にはあまちゃんほど騒がれている印象がないのかなあとテレビっ子的にも感じていますね。

NHKオンデマンドの加入者が増えて、あまちゃんのブルーレイやDVDの販売数がかなり増えていました。視聴率に出ている結果以上にあまちゃんの人気が出た影響があるのは間違いないでしょう。

それでは、どうしてあまちゃんがこれほどまでに大ヒットしたのかといえば、『圧縮』というのがキーワードだとホリエモンこと、堀江貴文さんが発言していました。

あまちゃんの放送をご覧になった方は分かると思いますが、15分の1回のドラマの放送の中で「お笑い」「感動」「ストーリー」など様々な要素が凝縮されていましたね。

neko_zyeyze


「じぇじぇじぇ」とにゃん吉もびっくりのようですね・・・

さて、15分という短い時間の中に、圧倒的に面白いコンテンツを詰め込んで、毎日放送されていたことが人気の秘訣だというのです(もちろん、その背景にはNHKが広告主に依存しないで、制作費にお金をかけられるということもあると思います)。

それだけ「圧縮」されたコンテンツを届ける事ができれば、木村拓哉さんのような人気のある俳優が出演しなくても視聴率が取ることができる時代ということなのだと思います。


テレビっ子の感想

キムタクのドラマはなんだかんだでみてしまうなー!
ここ最近は調子悪いんやねー。キムタクでも視聴率取れないって、やばすぎやろ!?
にゃん吉先生、その辺については当サイトの視聴率編をぜひご覧頂きたいっす!

人気俳優を使っても視聴率が取れない日本のテレビの現状をまとめたつもりっす!
ぜひみて欲しいっす!うっす!

木村拓哉さんをもってしても、2014年のHEROは中々視聴率が伸びなかったのかなと感じている人もいたのかもしれません。

テレビっ子的も「HERO 2014」を見てましたが、面白さについても、「ん~、そこまでだったかな・・・」というのが印象です。

ただ、ここ最近のドラマの視聴率を見た中では「ダントツに視聴率が高かった」ということは間違いないでしょう。

(また、私の姉も「たくやカッコイイ♡」と結婚して、子供が出来てからも相変わらずでした・・・)


もはやテレビ業界では、ライバルは裏番組ではなく、イベント、テーマパーク、動画サイトなど様々なライバルがいるので、「圧倒的に面白いコンテンツ」を「凝縮」しなければ勝ちにくい時代になっているのだと思います。

その中で、木村さんのような人気俳優がそういった凝縮した番組に出演すれば、より一層と人気になるのかもしれませんね。

視聴率の争いは今後も一層と激しくなっていくと思いますが、あまちゃんのようなすごいドラマが増えていくことも期待したいゴロゴロこの頃です!にゃん!

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます♪
こちらの記事はいかがだったでしょうか?よろしければこちらの記事をSNSなどで拡散して頂けると、猫ともども跳び上がるほど喜びます♪

関連するテレビ記事はこちら

    w

    テレビっ子はテレビの申し子として、これまでもテレビ好きの情報を発信をしてきましたが、その原点となるのがなんといっても「フジテレビ」であることは間違いありません。 こんばんわ、テレビっ子(with にゃん吉)です。 長いテレビの歴史を見てみても、このフジテレビの存在は非常に重要なものかなとも思っています!何より番組が本…

    v

    ここ最近はテレビ・ドラマの視聴率が全体的に不調となっていますが、中でもかつて三冠王と言われたフジテレビの視聴率が低迷していることが話題になっています。 テレビっ子も小さい時から、フジテレビにはお世話になっており、お台場フジテレビにも遊びに行っていたので、すごく残念に感じている部分もあります。 「フジテレビはつまらなく…

    2015-01-16_214749

    日本テレビの無料試聴サービスがこれまでも凄いとお伝えしてきましたが、なんとフジテレビでも無料試聴サービスが開始されましたね。 その名も「+7(プラスセブン)」という名称であり、名前の通り1週間のみ無料で見れるというもののようですね(そのまんまやん!?) これはフジテレビ好きのテレビっ子が「日テレのサービスが凄い!」と…

    a

    日本テレビがバラエティ番組を中心になんとサイトで無料配信をしています。 1週間限定ではありますが、その姿勢にはテレビっ子は(あとニャン吉も)、かなり驚いてしまっています。 より卓越したテレビっ子になって頂くための基礎編として、その無料配信の視聴の仕方を説明してみました。ニャン! 日本テレビのどんな番組が無料視聴できる…

    b

    日本テレビ系列で映画化された「となりのトトロ」、金曜ロードショーでも放送され、視聴率がいまだに20%以上取るなど、いかに異常な人気なのかがお分かり頂けると思います。 そんな、となりのトトロがどうしてこの時代に人気なのか検証してみました。 またネット上で噂されてきたメイやさつきが「死んでいた」という都市伝説も・・・ と…

コメントを残す

このページの先頭へ