アルジャーノンに花束を1話2話のネタバレとテレビっ子感想!


テレビっ子の父親が嬉々として、この作品をチェックしてたのでホント親子なんだなぁと…。

こんばんわ、ニャーKB(with ツチノコパンダ)です。

嘘です!

テレビっ子(with にゃん吉)です。

そういや、「アルジャーノンに花束を」が好きになったのは父親に勧められたからだったなぁと思い返したテレビっ子です。

やっぱり、親子なんだなぁと改めて実感したところで、早速第1話の放送が開始されたので、レビューをしなければ!ということで、アルジャーノンに花束をについても徹底レビューします!にゃん!



アルジャーノン初回視聴したけど、どんな話やねん!?(by にゃん吉)


切なくなるドラマです。そして、毎回切なくなる展開だと思います!予言しよう、最後は号泣です!

そういうドラマです。それが「アルジャーノンに花束を」です!

何を抜かしとんねん!

ホンマ、この家に花束飾ったろか!
何やねん、この飼い猫は。

ホンマしばき倒したろか!

さて、アルジャーノンのように大人しくしてて欲しいわが家のニャン吉ですが。

これまでもアルジャーノンのあらすじや、最終回の結末についてもお伝えしてきました。


「アルジャーノンに花束を」の”全て”についてはこちらでも余すところなくレビューしていました。
まさか、この”花束”の意味が明らかになるとは…
▷アルジャーノンに花束をの裏側
▷アルジャーノンに花束をの結末は?



原作があまりに名作なので、現代日本にどう当てはめていくのか心配でしたが、第1話、見事でした!10年前の作品とも比較しても、そこまで違和感がなく、良かったなと!


というわけで、早速本題に入っていきましょう!

「アルジャーノンに花束を」はドリームフラワーサービスの従業員、白鳥咲人(山下智久)は、知的障がい者です。


そう、パン屋ではなく!


早速、原作派からは違和感バッチリやろwww

そこは、まずパン屋やろ!
…まぁ、そうなんやけど。

飼い猫は思ったことをすぐに話してしまうちょっとした”アレ”みたいなものなので。

というか、猫がしゃべること自体が”アレ”みたいなものですが。


主人公の白鳥は、母親に母親に、障がいが理由で愛されなかった過去があります。だから、「利口になりたい」と言う意欲が人一倍あります。


けれど、知能が追い付いていかないから、小さい子供のような失敗をするのです!


柳川隆一(窪田正孝)は、咲人と親しいけれど、彼をしばしば騙し、利用します。隆一は同僚を騙した金で株をやっていますが、これは多分何かの伏線です!



あれ、原作でこんなとこあったか?

多分、ないやろ。

オリジナルなのかもな。てか、原作が出てきた頃は「株」って発想がないやろうし!

檜山康介(工藤阿須加)は、服役し、出所してドリームフラワーサービスで働くことになりました。そして、母親に捨てられました。


咲人とは同室です。隆一が咲人を利用するのが許せなくて隆一と喧嘩になりました。二人を止めたのは咲人でした。鋏を構える隆一に花を差し出して…。


これも伏線なのかというと…。



この”花束”の伏線の意味は何かというと…
▷アルジャーノンに花束をの結末は?



咲人は、そういうやさしい気持ちのある青年です。とても純粋です。


だから、研究所から逃げ出した白ネズミのアルジャーノンも、彼になついたのかもしれませんね。


ドラマタイトルの「アルジャーノン」とは、白ネズミの名前です。脳の細胞を活性化する実験の被験体で、人間並の高い知能を持ちます。そのアルジャーノンを研究所に連れ戻しに来たのが望月遥香(栗山千明)です。彼女は、咲人の母親と同じようなキラキラ光るイヤリングをしていたので、咲人が彼女を慕うようになると予想できます。


ちあきー!!


あぁ、千明好きやったな。


…飼い猫の好みのパターンがどうしても分からないテレビっ子ですが。



そして、彼女は次回、研究のために咲人を利用するでしょう!(あぁ、なんて残酷な方なのでしょう…)


また、女子大生・河口梨央(谷村美月)は、咲人と、偶然知り合ってかかわりを持ちました。おそらく今後、彼の純粋で優しいところに魅かれていくと思われます。(あぁ、なんてステキな方なのでしょう…)


このドラマは、知的障がい者への差別を、巧みに描いていましたね。この差別、人間関係のバランスが崩れていくのです!

何というか、こういう系のドラマって非常に敏感なところがあったりで、例えば…。


おー、生きとったか裏番長!


なぜか裏番長に止められてしまいましたが、これまでもテレビは気をつけないと、色んな方々に怒られてしまうということはこちらでもお伝えしてきました。
▷テレビ視聴率の裏側!


怒られてしまうのかなと思うのは、やっぱりテーマがテーマなだけに非常に難しいところもあるのかなと思いますが、視聴していて思ったのはすごくいい感じだったのかなと!


咲人が実験で知能を向上させることによって…。バカにしていた相手が自分と同じ知力を持ち、やがて自分より優れた知能を持つようになる。それだけのことで何もかもが崩れていく。


これがアルジャーノンの見どころなのです!


高い知能を持つ事は、幸せにつながることなのでしょうか?人間の優しさって何ですか?このドラマは、咲人の身に起こる出来事を通じて、人間の存在そのものを問いかけてくるでしょう。


必見です!!にゃん!


テレビっ子感想!

最後の方の締め、なんか嫌やわー。

難しい言葉を使わんで欲しいわー。

何やねん、高い知能と幸せとか。

どうでもええわ!

今だから言うんやけど、にゃん吉もアルジャーノンと同じ実験で知能が高まったんやで。


なんじゃそりゃーーーーーーーー!!!!!!!


さて、さらっと飼い猫と爆弾発言をしたところで。(実験中なのです)

「アルジャーノンに花束を」の初回を視聴した感想をお伝えしてきた「テレビっ子世に憚る」のテレビっ子です!


テレビ史に残るであろうこの名作ドラマの現代版ということで、オリジナルのストーリーもありつつ、見事に描かれていたかなと思います!

この作品での白鳥とアルジャーノンの成長にもぜひ注目して見ていきたいと思いますにゃん!


アルジャーノンに花束を2話を見たで!(by にゃん吉)


「バカは対等じゃありません。友だちいない。対等じゃないから。」

今回も胸に迫るものがありました…。咲人(山下智久)の言葉。

そう、咲人は本当に心の優しい青年です。

・・・。

まぁ、咲人はこのドラマの見所やな。

こっから、一気に頭が良くなってくところが楽しみやな。

・・・ネタバレやな。

咲人はイカサマがばれて、殴られて怪我をした柳川(窪田正孝)を気遣ってついてきて、言われたのです。


「対等じゃないから友だちじゃない。」と。


ドラマは原作と異なり、原作では一人のヒロインが遙香(栗山千明)と梨央(谷村美月)とに分かれているし、咲人の友人も柳川と楢山(工藤阿須加)の二人に分かれています。


そして、誰もが訳ありの人生を送っているようで、バックグラウンドが徐々に明らかになってきました!


知能を向上させる研究センター部長の蜂須賀(石丸幹二)が、研究にがむしゃらになる理由も明かされました。彼の息子は駅のホームから突き落とされて死んだのです。


「バイオリンのケースが当たった」という、つまらない理由でカッとなった相手から。


蜂須賀は、全ての人の知能が向上して、知的で成熟した社会になれば、くだらない理由で「キレる」ような人間はいなくなると信じています。だから研究に邁進するのです。


しかし!


IQ(知能指数)とEQ(心の知能指数)は違う!

その違いが、今後の展開で悲劇を生むことになるのですが…。

咲人は、蜂須賀の「知能を向上させる臨床実験第一号」になることになりました。今回は、蜂須賀が「私が君に魔法をかけてあげよう」と言うシーンで終わりました。


咲人が手術されるのは次回以降のようです。


寝てるし!


その前に梨央の秘密が明かされるらしいですね。

脚本がよく練られています!難しいのではないかと思われていた、咲人=知的障がい者に対する差別。

それが今回、梨央の友人・舞(大政絢)の態度によって、咲人の母(草刈民代)の言動によって、柳川の言葉によって、そして咲人の思い出によって描かれました。


そのエピソードひとつひとつが胸に突き刺さります!


「百点取ったのは私なのに!お兄ちゃんはバカだもん!」と言う妹の言葉。


“辛辣”とか難しい言葉、よ~知っとるな。

咲人に優しい父(いしだ壱成)と、妹の肩を持つ母との対比。それらが全て、「バカはきらいです。おりこうになりたい。」と言う咲人の言葉に凝縮されていく…。

アルジャーノンは、泣けます。

咲人は、「対等」の、「対等以上」の知能を手に入れていきますが、その事によって変化する人間関係、そして咲人自身。咲人の優しさ、思いやりの心はどう変わってしまうのか?原作の悲劇的結末は避けられないのか?
▷アルジャーノンに花束をの最終回って?

今後も、目が離せません!


2話視聴後のテレビっ子感想!

そういや、いしだ壱成って聖者の行進ってドラマで咲人みたいな役やってたな。

なんとなく、アルジャーノン見て、なんとなく思い出したな。
聖者の行進って、にゃん吉の歳バレるわな。

聖者の行進もそうやけど、こういうテーマはTBSの金曜22時からって感じなのやろうか…。

咲人の飛躍的な成長に注目やな!にゃん!

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます♪
こちらの記事はいかがだったでしょうか?よろしければこちらの記事をSNSなどで拡散して頂けると、猫ともども跳び上がるほど喜びます♪

関連するテレビ記事はこちら

    aruzyanon_ica

    かつてユースケ・サンタマリアさんが主演を務めていて、テレビっ子が個人的にかなり想い入れのあるドラマ作品をレビュー! こんばんわ、テレビっ子(with にゃん吉)です。 今回お伝えする「アルジャーノンに花束を」という作品は世界的な名作で、テレビっ子の父親もホント大好きでしたね、はい。 そして、テレビっ子も10年以上前に…

    aruzyanon_ica

    「アルジャーノンに花束を」を10年前のフジテレビで観てきたテレビっ子がガッツリ最終回を予想! こんばんわ、テレビっ子(with にゃん吉)です。 この前、友人に「アルジャーノンってなんやねん?」と言われたので、そんなんも知らんのかと偉そうに説教をしたテレビっ子。 しかし、テレビの申し子でなければ、そんな事も把握できな…

    aru_ica

    「アルジャーノンに花束を」の最終回の結末が分かっちゃったかも… こんばんわ、テレビっ子(with にゃん吉)です。 これまでも「アルジャーノンに花束を」について、原作のレビューや、放送前に様々な角度から予想をしてきました。 原作を何度も読んできたテレビっ子としては、飼い猫も金曜22時は興奮しっぱなしですが(笑)…。 …

    imhome_top

    テレビの申し子テレビっ子が一番注目している俳優"木村拓哉"さんが主演のドラマがいよいよ放送が開始に! こんばんわ、テレビっ子(with にゃん吉)です。 長いドラマの歴史上で、木村さんがテレビ朝日主演って初めてだから、驚きですね!(今まで大体フジテレビかTBSなので)。何か春ドラマでも大きな嵐が起こる予感がしています…

    kokoro_poki

    205年4月期の春ドラマも序盤戦も大詰めに入ってきて、いよいよラブコメにも言及していければなと・・・。 こんばんわ、テレビっ子(with にゃん吉)です。 テレビっ子の大好きなグループ魂の阿部サダヲさんが主演を勤める「心がポキっとね」がめちゃめちゃ楽しみですね! なんか好きなんですよねー、「阿部さんの演技が!」という…

コメントを残す

このページの先頭へ