藤堂比奈子のネタバレ最終回で心の闇が原作あらすじで解明か?

フジテレビ2016年夏クールのドラマ、朝ドラで人気の波瑠さんが主演の「ON異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」が始まりました。

警視庁捜査一課の新人刑事・藤堂比奈子が殺人者への探究心で事件を解決していくというストーリーです。


1話~ストーカー事件の容疑者の遺体から事件へ…~

第1話は、過去にストーカーや強制わいせつ容疑等の検挙歴がある男の死体が発見され、検死結果から、3年前に殺された女子高生の遺体の状況と一致しており、さらに自ら傷つけたものだということが分かった。


そんな中、藤堂の同僚の鈴木仁美が遺体となって発見され、過去に起きた事件と状況が似ていた。


捜査をしている中で心療内科医である中島と出会い、「誰にでも衝動的になるスイッチがあるかもしれない」という話を聞く。


以前ネグレクトを受けて育った少年・大友翔が母親を殺した後の映像を見た藤堂は、彼が仁美殺しの犯人だと考える。

大友に会いに行った藤堂は、母親のつけていた香水の匂いと豆電球がスイッチだと告げ、大友は藤堂に襲いかかるが、駆けつけた先輩刑事・東海林や上司・厚田によって逮捕される。


しかし、大友は留置所で頭部を自ら殴打し、自殺をするというストーリーです。

2話~2人兄弟の遺体が冷凍されていて…~

第2話は、盗難された冷凍車を追跡していたら、2人の兄弟の冷凍された遺体を発見するところから始まります。

捜査を進めていくと、霜川商店という店が浮かび上がり、その店で先日発見された遺体の父親と、その娘の冷凍遺体も発見される。父の愛人の家を訪ねると、そこには父が娘に無理やり産ませた非嫡出子・ケンジがいた。


ケンジは「家族として認めて欲しければ家族をみんな冷凍しろ」という父の遺言通りに家族を殺して冷凍していたのだった。


ケンジは家族全員を冷凍し、時を止めた家族と暮らして家族のあるべき姿を実現しようとしていた。だが、家族と暮らせないことを知ると、ケンジは藤堂を冷凍して新たな家族を作ろうとするが、東海林らによって逮捕されるというストーリーです。


このドラマを見て、1番印象に残っているのは遺体のリアルさです。


1話の切り傷だらけで血まみれの遺体も、2話の冷凍された遺体もとてもリアルで、血やグロイ映像が平気な私でも思わず目を背けたくなりました。

また、ストーリーは少し難しいと思います。

ドラマを見る中で色々と考えるので、それがよりドラマにのめり込む要因の一つかと思います。さらに、2話に犯人役を演じていた間宮祥太朗さんの演技が凄いなと思いました。

ドラマの終盤でしか出てこないのですが、とても印象に残っています。過去に間宮さんの出演したドラマをいくつか見たことがあるのですが、色々な演技が出来る人なのだなと思いました。

また、家族になりたい、家族として認めて欲しい、というケンジの想いには胸を打たれるものがありました。もしかしたら、こういうドラマが苦手な人もいるかもしれないのですが、個人的には好きなドラマです。

ストーリーも面白いので、ぜひ今後も見たいドラマです。


3話~4人の女性の遺体が発見されて…~

第3話は、逆さに吊るされた女性の殺害シーンから始まります。

その後、藤堂の自宅近くにある廃虚の洋館で身体の一部を切り取られた4人の女性の遺体が発見される。


切り取られた身体の部位はバラバラで、共通点は殺された後に犯人が準備した服を着せられた点のみであった。

また、デザイナーが使用するようなハサミで遺体が切り取られていたことから、デザイナーが犯人ではないかと推測を立てる。


聞き込みを進める藤堂は遺体が発見された廃虚で雨ガッパを着た人を見たという少女と、近所に住むクリーニング屋の都夜に出会う。


この少女は、自宅近くでも同じ人物を見たという。


実は、この少女の母親は以前からストーカー被害にあっており、それと何か関係があるのでは、と都夜から相談を受ける。


そこで母親が勤めるクラブの客でストーカーをしていたとされる自称デザイナーの男を拘束するが、示談が成立し釈放されてしまう。


そんな中、藤堂の携帯へ都夜から少女の母親が男に攫われたとの連絡が入る。


家へ行くと、少女も眠らされており、藤堂と都夜は少女のいる病院へと向かうことに。


しかし、藤堂は睡眠薬を飲まされてしまう。


一方、東海林らは釈放された自称デザイナーの男の遺体を発見する。


その頃、精神科医・中島に頼んでいた犯人のプロファイリングの結果が届き、「犯人は自分が奪われた完全な自分を取り戻すため、被害者たちの一部を奪い去り、復讐しようとしている。犯人は女性。しかも、被害者たちの身近な人間である。」と書かれていた。


そこで、東海林は犯人は都夜だと考えた。


目を覚ました藤堂は、都夜により拘束されており、そこには少女の母親もいた。


都夜は被害者の皮膚を使ったスーツを作ろうとしていた。


また、藤堂からは顔の皮膚を奪いマスクも作ろうと考えていた。


藤堂は隠し持っているナイフで都夜に反撃しようと狙っていた、とここまでで3話は終わり次回に続きます。


見終わって、単純にストーリーが面白いな、と思いました。

皮膚を使ってスーツを作るという考えがとても不気味で、ある意味面白い。


また、今回の波瑠さんの役が中島から「サイコパス」「反社会的性格」と分析されたり、少女から「ウソっぽくて怖い」と言われるなど、小さい頃から感情を感じることが出来ない人という役柄で、その表情は時々怖くも感じます。
以前の朝ドラのイメージとはかけ離れており、いい意味で裏切られたなと感じました。


今回のストーリーは次週も続きます。


犯人はもう既に分かっていますが、その中で「サイコパス」とされる藤堂がどのような行動に出るのか、とても楽しみです。

4話~スイッチを押す者からDVDが…~


第4話は前話の続きから始まります。

人間の皮膚を使ってスーツとマスクを作るため、4人の女性を殺したクリーニング屋で働く都夜は、藤堂と近所に住んでいる女性を拉致していた。


そして、襲いかかろうとする都夜に藤堂が隠し持っているナイフで反撃を狙っているところで前回は終わります。


反撃され顔に切り傷を負った都夜はさらに怒り、藤堂にハサミを向けるが、その時先輩刑事・東海林と精神科医・中島が駆けつけ、都夜は捕獲・逮捕される。


しかし、藤堂は肩に怪我を負っており、出血により意識を失ってしまう。


そんな中、テレビ局へ「スイッチを押す者」から1枚のDVDが送り付けられる。


そのDVDの中には、直近の殺人事件の犯人の死に際の映像が入っていた。


それらの映像がテレビで放送され、その際に中島が勤めるハヤサカメンタルクリニックの院長である早坂雅臣が出演していた。


そして犯人らの自殺を「神の裁き」とコメントをし、「凶悪犯罪に対する抑止力になる」と話す。


また、そのDVDの中には、2人の殺人犯の映像だけではなく、とある男性医師の自殺する映像も入っていた。


その医師は精神科医で強制わいせつの前科があり警察沙汰にもなったことのある医師であった。


捜査を進める東海林が情報屋に自殺した犯人たちの情報を頼むと、そこには自殺した犯人全員がハヤサカメンタルクリニックや中島との間に関係があることが分かった。


怪我が回復し勤務に戻った藤堂と東海林が聞き込みを進めていると、パトカーが急行している現場を発見した。


現場に駆けつけるとそこには5年前に起こった少女殺人事件と全く同じ状況で口にキャンディが詰め込まれた少女の遺体が発見された。


さらにその周辺にはキャンディの包み紙が散乱しており、この状況も5年前と全く同じであった。


今回は、登場した時から少し怪しい発言をしていた早坂が徐々に動き出したなというイメージ。


中島と話している「(計画が)次の段階に進んだんだよ。今度は、網を広げていくんだ。」という発言からも、何か今回の犯人たちの自殺や映像の流出に関わっていることが予想できる。


そこで、中島は現在刑事の捜査に協力しているが、これもその作戦の一つで早坂の味方なのか、それとも早坂の作戦をよく思ってなく、早坂に知られないようにしていて刑事の味方であるのかが気になります。


また、中島が5年前の少女殺人事件の第一発見者であることも明らかになるが、その事件とそれ以上の関わりがあるのか。

キャンディの落ちる音に反応していたので、以前の香水の匂いや豆電球が殺人のスイッチになった殺人犯のように、中島にもそのスイッチがあるのか、が気になります。

5話~5年前のキャンディーを口に包んだ少女の遺体について~

【あらすじ】


藤堂と東海林は5年前に起きた少女殺人事件と同様に、口にキャンディーを詰められ周りにはキャンディーの包み紙が散乱している少女の遺体を発見する。

5年前は猟奇性が強いということで殺人現場の状況はマスコミには伝えていなかったことから、同じ殺人犯の犯行である可能性が高いと考えた。

今回も前回の事件と同様、精神科医の中島に殺人犯のプロファイリングの依頼をする。

ここ最近自殺した猟奇殺人犯たちが全員ハヤサカメンタルクリニックと関わりがあり、今回殺害された少女も学校でのいじめが原因でハヤサカメンタルクリニックに通院していたことから、院長の早坂が怪しいとにらんだ藤堂と東海林は早坂を訪ねる。

藤堂は自殺した殺人犯全員がハヤサカメンタルクリニックと中島、そして早坂と接点があることを指摘する。

さらに、早坂と中島が以前研究していた、ネグレクトされた子供への脳の刺激を行うという論文の話をするが、早坂は関与を否定し「証拠を持ってこい」と挑発されてしまう。

藤堂が中島に5年前の犯人について聞くと、明日ある場所の住所を送るのでそこへ行ってほしいと告げる。

その場所はグループホームで、向かうと一人の男性に会った。

「中島先生に全て話すよう言われています」と言うその男は、外部から電磁波をあて、腫瘍を発生させる機械は完成していること、中島が「一番巡り会いたい人物に会えたから今日全てを終わらす」と言っていたことを明かす。

実は、中島は早坂のパソコンを盗み見て5年前の少女殺人事件の犯人を特定していたのだった。

早坂に電話した中島は「あなたは殺人に加担した。これは私への裏切りだ。久保(少女猟奇殺人事件の犯人)は私が始末する」と告げる。

そして慌てて久保の部屋へ駆けつけた早坂は、中島の手によって記憶を書き換えられた久保に殺されてしまう。

その頃藤堂の上司である厚田へ久保のカルテが中島から送りつけられる。同時に監視カメラの映像から久保が犯人であることが分かった。


5年前の犯行現場に中島がいると考えた藤堂は厚田にもその事を伝え、急いで向かう。そこには中島の手によって殺人のスイッチを押された久保と中島がいた。

久保は藤堂へ襲いかかろうとするが、殺人衝動を自らへ向け自身の手足に釘を刺す。止めようとする藤堂に中島は、それを止め「これは自殺じゃない。僕が殺した。」と言う。自身にも殺人衝動があり、彼らを意図的に自殺させていたと明かす。

その後、中島は拳銃で自殺しようとするが、駆けつけた東海林によって阻止され、逮捕された。そして中島は精神鑑定を受け、病院へ移されることになった。

5話を見て単純に中島が自殺をさせていた犯人であったことに驚きました。早坂が自殺するように仕向けていたとばかり思っていました。

しかし、中島が早坂に言っていた「これは私への裏切りだ」という言葉が気になります。

殺人を起こすようにしていたのは早坂だが、犯人が自殺するように仕向けていたのは中島、という事だと思うのですが、元々中島は殺人を起こすことへは良く思っていなかったのかなと思いました。

まだまだ謎な部分も多いので、今後の展開が楽しみです。

7話~自殺事件が発生へ…~


除草剤であるビオローグを使用した自殺が立て続けに4件発生した。

彼らの遺書には「生きた証をAIDに託します」と書かれていた。

そこで、藤堂は上司の厚田はこの“AID”が自殺をした人たちにビオローグを渡しているのではないかと考えた。

一方、情報屋の藤川が殺された事件では、藤堂の先輩刑事・東海林を容疑者のひとりにあげられていることもあり、捜査を外れるよう命じられる。


ある日、藤堂は行きつけのお店の店長から店員・キラリが自殺しているかもしれないと相談を受ける。

部屋へ駆けつけると、自殺はしていなかったが、部屋からビオローグを発見する。

また、AIDのサイトをキラリが見ているのを見つけ、「あなたが6人目の自殺者です」と書かれたメールも発見する。

AIDというサイトでは、自殺を思い止まらせる一方で最終的には「楽に死ねる薬だ」と言い、ビオローグを送り付けていた。

藤堂は今回の事件でも精神科医の中島に犯人のプロファイリングを依頼することに。

AIDの捜査の一つとして、鑑識の三木が自殺志願者になりすまし書き込みをしていた。

しかし、その書き込みに怒った人たちがIPアドレスから三木を特定し、誘拐してしまう。

しかしキラリの協力のおかげで居場所が分かり、最悪の事態は免れる。


捜査を進めると、AIDは報道されていないことについても知っていることが分かり、藤堂は警察関係者が犯人ではないかと考える。

そこへ中島からファイリングの結果が届く。


そこには「メールで自殺者を止める文面から、自らもカウンセリングを受けていた可能性が高い」ことなどが書かれており、さらに「自殺に思いとどまった人物は、狙われる可能性が高い」とされていた。


そこで藤堂はキラリの身が危ないと考え、キラリのもとへ駆けつける。


そこにはキラリにビオローグを飲むように強要する、東海林の元上司である原島の姿があった。


実は、原島には息子が飛び降り自殺した人の下敷きになり亡くなっておりらその後妻も自殺をしていた過去があった。


原島は藤堂に襲いかかり、無理矢理ビオローグを飲ませようとするが、東海林が駆けつけ、藤堂を助ける。

そんな中、東海林が藤堂に「殺すか?そのつもりで来たんだろ?でもこれがなかったから出来なかった」と言い、藤堂のカバンにあるはずのナイフを投げてよこした。

実は、東海林は藤川を脅していた謎の人物から、藤堂の本性について聞き、ナイフとボイスレコーダーを入れ替え、会話をすべて聞いていたのだった。


そんな藤堂に東海林は「刑事を名乗るのは、俺が許さない」と告げる。


ついに東海林に藤堂の本当の姿が知られてしまい、今後藤堂がどうなるのかが気になります。

また、藤川を脅していた人物はもしかしたら原島なのでは?と思っていたので、今回の原島の別事件での逮捕には驚きました。


いい意味で予想を裏切ってくるドラマだなとつくづく思います。

「家売るオンナ第8話について」

【あらすじ】


「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 第8話」


8話~ストーカー事件の容疑者の遺体から事件へ…~


前話で先輩刑事の東海林に藤堂の本性がバレて「刑事として認めない」と言われてしまう。
また、「警察を辞めろ」とも言われてしまう。

そして藤堂は辞職願をじゅんびし、精神科医の中島の元を訪ね、別れを告げる。


中島は説得を試みるが藤堂は部屋を出ていってしまう。

そんな時、拘置所の近くの病院で入院していた連続女性殺人事件の犯人である都夜が刑務官を殺害し逃走してしまう。

藤堂の上司である厚田は、都夜が取り調べの時に藤堂に対して「いつか顔の皮を剥ぎに来る」という発言をしていたことから藤堂が狙われる可能性があると考え、藤堂にホテル住まいを命じ、警護には東海林をつけた。

一方、東京都・小菅で腹部に成人男性の右手が入れられた犬の死体が発見される。

他にも長野、群馬、埼玉でも腹部に髪の毛の入ったカエル、歯の入ったスズメ、耳の入ったハムスター、指の入ったカラス、目の入ったネコと、猟奇的な動物の死体が発見されていた。

そして、最初に死体が見つかった長野県宝元町は藤堂の生まれた町であった。

猟奇的な動物の死体の事件について、今回も中島に犯人のプロファイリングを依頼するよう厚田は藤堂に指示するが、藤堂は退職願を渡し、中島の元へ行けないと伝えた。

そこで、東海林が中島の元へ行くことに。

その際に、中島は東海林へ藤堂について「東海林さんと同じで、犯罪者に肉薄しながら踏み止まっている。抱えてる闇は藤堂さんの方が深いが、東海林さんと近い」と告げた。

まて、藤堂が踏みとどまるよう助けて欲しいとも告げる。

ホテルへ戻った藤堂は、眠りにつき高校時代の夢を見る。

小動物を殺害する犯人に実は会っていたのだ。

藤堂は犯人に「どんな人か知りたかった」と言い、犯人は「これで自分らしく人を殺せばいい」とナイフを渡した。

このナイフが、今藤堂が常にカバンに入れ持ち歩いているものである。

中島は資料を基にプロファイリングを進めると、殺害場所と匹数が暗号になっていることに気付き、その答えが「とうどうひなこ」になっていることに気付く。

その時、都夜からホテルにいた東海林へ連絡があり、藤堂を殺しに来たと告げる。

部屋から慌てて出た東海林は謎の女に殴られてしまう。

都夜からの連絡が以前殺された情報屋・藤川の携帯電話からだったことから、警察は電波を察知してホテルへ駆けつける。

刑事の片岡は東海林の部屋へ駆けつけるが、謎の女に喉を切りつけられてしまう。

そして、その謎の女は藤堂に「久しぶり」と声をかける。

と、ここまでが今回のあらすじです。

おそらく、この謎の女が藤堂が高校時代の時に出会い、ナイフを渡した小動物を殺害する犯人だと思うのですが、青色の目をしていてとても不気味です。

この謎の女と都夜が今後どう動いていくのかが気になります。

次回でこのドラマは最終回になります。


ラスト1話で、この2人はどう動いてくるのか、東海林は無事なのか、そして藤堂はどうなってしまうのか、見どころがたくさんでとても楽しみです。

最終話~藤堂と永久の運命は…~


最終話のONのあらすじは以下です。

連続殺人犯の都夜が逃走し、狙われる可能性の高い藤堂はホテルに住み、警護として先輩刑事の東海林がついていた。

逃走した都夜を追ってホテルに駆けつけた片岡刑事は謎の青い瞳をした女に切りつけられてしまう。

その女は、かつて高校生だった藤堂にナイフを渡し「自分らしく人を殺せばいい」と言った真壁永久であった。

永久は藤堂に「24時間以内に1人で来て人質を救うのか、警察と来て人質を殺すか」と告げ、東海林を人質として拉致してしまう。


藤堂ではなく、東海林を拉致してきたことに腹を立てた都夜は、永久と口論になり、そのまま焼き殺されてしまう。

永久は自らの生い立ちについて明かし、かつて自分を虐めていた両親たちの遺体の一部を見せる。

連続して見つかった動物の死体の中に入っていた人間の体の一部はこれらコレクションの一部だったのだ。

永久に告げられた24時間の猶予の中で、藤堂は選択を迫られていた。

そんな中、精神科医である中島に、母親の「あなたはきっと正しい道を進んでいく」という言葉を証明するために警察官になったのではと藤堂に指摘する。

そして藤堂は、1人で永久と東海林のいる倉庫へ向かったのであった。

現れた藤堂に永久は東海林と永久のどっちを殺すか選択しろと告げる。

東海林の繋がれている手錠の鍵は永久が飲み込み、助けるなら殺して胃から取り出すしかないと言うのだ。

藤堂はナイフを取り出し、永久を殺そうと近づく。

しかし、東海林が「お前のことを信じている人間を裏切るな」と説得し、思いとどまる。

ナイフを下ろした藤堂を見た永久は倉庫に火を放つ。

東海林を助けようとする藤堂に永久は近づき襲いかかろうとするが、刑事の倉島に取り押さえられ逮捕される。

実は、永久が都夜に宛てた手紙の暗号を解読し、居場所を突き止めていたのだ。

駆けつけた上司の厚田らによって藤堂と東海林は保護され、事件は無事に解決する。


東海林は藤堂に「お前のことを信じてみる。ここに来たのはお前と繋がっているやつだ。忘れるな」と告げる。

藤堂は退職願を撤回し、刑事を続けることに。

自宅に戻った藤堂は永久と再会する夢を見る。
ナイフをしまい、永久に手錠をかけた藤堂を母親が微笑みながら見つめていた。


最終話を見終わり、今期1番好きなドラマだったので終わったことに少し寂しさを感じました。

全話を通してリアリティーがあり、目をそらしたくなるような映像もありましたが、ストーリーが面白くとても引き込まれました。

また、最後が刑事ドラマにしては珍しく綺麗な終わり方だなと思いました。

勿論良い意味で。


刑事ドラマでしたが、事件が解決したことよりも藤堂が自分自身を知ろうとし、最後に自分を見つけることが出来たことが、とても印象に残っています。

ドラマは終わってしまいましたが、今後是非原作を読んでみたいと思いました。

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます♪
こちらの記事はいかがだったでしょうか?よろしければこちらの記事をSNSなどで拡散して頂けると、猫ともども跳び上がるほど喜びます♪

関連するテレビ記事はこちら

    2016-03-04_181019

    怪盗山猫7話のあらすじ! 前回のお話で、殺人犯に仕立て上げられた勝村を助けるため、すずや山猫、里佳子が一丸となり、山猫メンバーがいつの間にかちゃんと「仲間」になっていたんだなぁと、ちょっぴりホロリとさせられてしまいましたね。 さて、勝村は、冤罪を晴らせるのか!?山猫は、ウロボロスの黒幕を突き止めることができるのでしょう…

    kyaria

    【キャリアの放送にチェックすべきあらすじ概要】 北町署に新しくキャリア組の社長が就任する日、署員たちは歓迎式の準備もあり、浮き足立っていた。 同じ頃、バスが男にジャックされる。男の持ち物から事前に犯行を察知していた遠山金四郎は、犯人を説得し、バスごと北町署に横づけさせて、見事に事件を解決する。 その彼こそが北町署の新署…

    2016-05-15_001242

    今回は、99.9‐刑事専門弁護士‐で、深山に思いを寄せる(一方的に)「いとこんち」の常連客 加奈子役の岸井ゆきのさんについてまとめます。現在24歳の岸井ゆきのさん。 役の印象としては少し幼く見えたので、もっと下かと思っていましたが意外でした。 デビューは08年。志田未来さん主演のドラマ「小公女セイラ」でデビューし、その…

    risk_5wa

    水曜22時…日テレの花咲舞に負けないで… こんばんわ、テレビっ子(with にゃん吉)です。 水曜22時の視聴率は花咲舞に負けてしまっているリスクの神様です。というかフジテレビ全体的に視聴率がアレなのが気になるところでしょうか。 このまま打ち切りになることはないと思いますが、西行寺の父親の過去についてはきちんと解明し…

    tanabe

    10月スタートの東海テレビ、フジテレビ系連続ドラマは、トゲ~小市民倉永晴之の逆襲~」です。 放送時間は、毎週土曜午後11時40分からとなっています。主演は、田辺誠一さん。 そんなドラマのあらすじの概要や、感想について、まとめてみました。 【とげのあらすじの概要】 主人公倉永晴之はどこにでもいる一市民だ。妻と小3の息子と…

コメントを残す

このページの先頭へ