花咲舞が黙ってない最終回ネタバレ感想!結末は舞と松木の結婚も


今期最大の視聴率を誇る『花咲舞が黙ってない』ですが、断トツで視聴率が高くて非常にびっくりです。

こんばんわ、テレビっ子(with にゃん吉)です。

テレビっ子は飼い猫とともに水曜22時は花咲舞とリスクの神様をどちらも楽しんでますが、視聴率では花咲舞が3倍以上とってて圧勝の結果に!

「それほど花咲舞が面白いから!」という意見もありますが、そこまで差が開くとは思いませんでした…

花咲舞がこれほど視聴率がやばいとなれば、気になるのが最終回の結末ですね。

果たして舞と真藤との戦いは、また松木との行く末は…!?にゃん!
スポンサーリンク


花咲舞が黙ってない最終回のあらすじまとめ!


まずは、花咲舞の最終回がどのような展開になっていくか、1つずつ見ていきましょう!にゃん!

■最終回予想その1:真藤が頭取に!?臨店と対立しながらも共に良き銀行を目指す!

今作の1話で常務に昇進した真藤。現在、堂島専務との次期頭取争いも激化する中、人気の高い真藤が頭取になる可能性が高いのでは。

8話での、真藤派の支店長が過去に虐めた部下に襲われた事件。

真藤の説得で被害届を取り下げ示談にし、罪を犯した元部下に知り合いの弁護士を付け丸く収めてくれました。

真藤の言う「銀行の名誉を守る事」も経営者として必要でしょうし、そう言いながらも退職した部下の事もさり気なく守り、紳士的で情を感じる一面も見えました。

今クール放送ドラマの「民王」も池井戸さん原作。総理大臣が息子との入れ替わりにより初心を取り戻し“真の民王”となる話で、前向きな希望を感じます。

真藤VS臨店班の対立関係の中にも、互いの理解や信頼が少しずつ加わり、共に銀行の問題を改善して行ったら素敵ですよね。

今作1話で「銀行を変えるなんて大そうな事は出来ないけど、社員が変われば銀行も変わるかも。」と発言した舞。

前作の最終回で舞と真藤の直接対決がありましたが、今作最終回でも適度な進展と真藤らしさも残した、真摯な反応を期待したいです!


経営トップのもたらす社員への影響は大きいですからね。

とは言え今の頭取が何方でお幾つなのかも分かりませんので…真藤の高笑いはまだ先かな!?


■最終回予想その2:舞と松木の恋成就!?結婚式では相馬・真藤も祝福!

今作から登場した松木は2話で舞と初対面し、熱心な舞に恋をしました。

7話で再会するも岡山支店に転勤になった松木は「胸を張って帰って来ます。今度は2人で美味しい物を。」と言い残し去りました。

前置きもありましたから、数年後の再会もあり得ると思います。

最終回らしく、結婚式シーンで父・相馬・真藤の祝福に囲まれた舞・松木カップルという映像も華やかでいいかなと勝手な妄想をしましたが、どこまで進展するでしょうか!?

行員同士の結婚後、舞の行員としての立場はどうなるのでしょうね。「バンカーの妻になる夢」はお父さんの妄想でしょうか笑。舞は家庭に収まるタイプではなさそうですしね笑。


相馬と舞は相性抜群で信頼も厚いですし、恋の可能性も期待しましたが…

残念ながら気配はなさそうですね。


■最終回予想その3:ドラマのシリーズ化は!?

同時刻に実力派キャスト揃いの「リスクの神様」放送の中、平均視聴率14%を超える今作。

その明暗を分けたのは、明るく分かり易い展開と正義感で、すっきり終わる安心感と言えるでしょうか。

本格派と大衆派の視聴率競争は、大衆の共感を得る事に成功した舞の勝利!

今作は「パート2」とも「続」とも付いておらず、「HERO」の様に特別編単発ドラマ等でのシリーズ化の可能性も考えられます。

ドラマのヒットは簡単な様で難しいこの頃。好評を得たドラマはテレビ局も大切に育てそう。何らかの形で今後の継続があるならば、真藤との関係や舞の恋も時間を掛けてゆっくり…というか、大事に引っ張られそうですね笑。

「HERO」の久利生と雨宮の様に。

何れにせよ、前向きで明るい希望を示した最終回を期待したいですね!にゃん!


花咲舞が黙ってない最終話あらすじ!


■最終話その1:真藤の収賄疑惑!

“事件のない平和な臨店。芝崎から秘書室の手伝いと称し、頭取妻の個展の手伝いを頼まれる。

偶然真藤の妻と対面。「一喝された。」という噂で舞の事はご存じらしい。真藤は芹沢頭取に可愛がられ、常務にしたのも芹沢らしい。

翌朝、取引先の蔵中建設倒産が判明。東京第一銀行の融資額500億の内50億が焦げ付く様だが、更に社長の数十億の裏金が内部社員の密告メールで判明。

1億円の賄賂がこの銀行に流れていると、堂島より臨店班に極秘調査を託される。密告したのは蔵中建設の総務部長。

5年前に不動産投資を失敗した時、第一銀行に無理な追加融資を依頼した、見返りの賄賂だった。

受け取ったのは何と、当初の融資部長の真藤。記名のある1億の受取書控えも見つかる。信念を貫く真藤の収賄を信じられぬ舞。

芹沢は秘書室長・荒木に緊急役員会を招集させるが、何か訳ありの様。遂に蔵中建設へ捜査が入る。賄賂が発覚すれば銀行の一大事。

「どうすべきか分かっていますね。」芹沢の言葉に覚悟を決める真藤。

そんな中、児玉が臨店に現れる。振込先の白水銀行の蔵中建設担当者に情報共有を持ち掛け、真藤の口座記録を手に入れたのだ。

2010年6月10日1億の振込入金後、その日に全額現金で引き出されている。追加融資に反対だった真藤が直前で承認したのは、上からの圧力という噂。誰かに利用され、かばっている様だ。

舞と相馬は真藤に、1億円を渡した人物を尋ねる。「真実を明かして銀行が潰れるなら、潰れればいい。」と迫る舞に、本気で怒る真藤。“
真藤にとって人生を掛けたこの銀行が、本当に誇りなのでしょう。

裏ドラマでも“商社マンの誇り”で犯罪の秘密を死守した主人公の父。
不況で倒産・リストラのある現在には薄そうな、大企業・終身雇用の男性の感覚でしょうか。

組織に長く属すると言えない感覚も理解できますが…。

■最終話その2:■1億の行方。

“そんな折、舞は真藤の妻に呼び出される。銀行を辞めるつもりの真藤。妻は「銀行より夫の名誉が大事。」と、真藤の過去の手帳を舞に託す。

「古臭い常識に固まった銀行を変えられるのは、ああいう無鉄砲な行員かも。」という以前の夫の発言からだ。2010年6月10日の欄には、1億を芹沢に渡したというメモ。

頭取の不正が公になれば銀行が潰れる可能性もあり、守ろうとしたのだ。

荒木は相馬に「賄賂の件を臨時役員会で報告しろ。手柄を得るチャンスだ。」と告げる。

失望から辞職を考える舞。相馬は「誰も何も言わなくなったらこの銀行は本当にお終いだ。」と諭し、賄賂が頭取に渡った証拠を掴む為、児玉と共に調査に動く。

頭取専用車の運行記録を辿る。当時頭取の秘書だった荒木が車で白水銀行京橋支店へ行き、その後銀座のフジヤマ貴金属へ。1億を金に換えた様だ。

次に行った南千住には一体何が?現場は、塗装会社。

銅像に色を塗る作業員。相馬は1億の行方を掴む。


出世より真実を選ぶ男らしい相馬の言う様に、逆境でも腐らず直向きにいれば道は開けるかも。


■最終話その3:■共に変えて行こう!

“役員会当日。臨店班は指示通りの報告後、更に続ける。真藤に圧力を掛け追加融資を通し、見返りの1億を真藤の口座を通して秘書の荒木に受け取らせた。

それを指示したのは芹沢だと。証拠として上げたのはダイチ君像。芹沢の頭取就任1周年記念で作られた、銀行のマスコット像は退任時に芹沢へ贈られる予定。

舞がその塗装を削ると、純金が現れる。更に社用車の運行記録を提示。荒木はフジヤマ貴金属で事前に依頼した純金のダイチ君像を受取り、代金の1億円を現金で支払う。

その足で千住塗装へ行き、金の上から塗装を依頼。カモフラージュの為だ。純金像の納品書控えと塗装注文書には、荒木のサイン。芹沢が賄賂の1億を誰にも怪しまれず自分の元に置く為の仕掛けだったと迫る。

尚も真藤に責任転嫁する芹沢。「不正までも部下に押し付けているが、それぞれ大事な家族や人生があって一生懸命働いている。そういう人が苦しむ姿に黙っていられない。真藤常務はこんな銀行でも守りたいと仰るのですか。」「君の言う通りかも知れない。」芹沢の不正を証言し、不正の加担を謝罪する真藤。憤る芹沢。

沈黙の中、堂島が口を開く。「頭取の解任を要求したい。」満場一致の可決。堂島に黙礼する真藤。

頭取に物申した娘に、父は亡き妻の姿を重ねる。新頭取に就任した堂島。「この銀行は間違っていた。

共に変えていこう。」と挨拶。子会社へ出向の真藤を、舞と相馬がお見送り。

「銀行が良くなるよう頑張ります。」「直ぐに戻る。」と誓い合うのであった。“


頭取とダイチ君似てる笑。

堂島の頭取就任は驚きましたが、真藤の公正さも証明され、2人の関係も良かった。


「民王」や他ドラマとも重なる王道の展開でしたが、頭取・真藤妻の登場で特別感もあり、歯切れよい結末に満足した最終回でした!にゃん!

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます♪
こちらの記事はいかがだったでしょうか?よろしければこちらの記事をSNSなどで拡散して頂けると、猫ともども跳び上がるほど喜びます♪

関連するテレビ記事はこちら

    hanasaki_10

    花咲舞もいよいよ最終回まであと1話! こんばんわ、テレビっ子(with にゃん吉)です。 真藤派閥もいよいよ解体に向かっていますね。ここから本格的に舞vs真藤の戦いがいよいよ加速へ… 舞と真藤との戦いもようやく決着に向かってますが、気になるのが真藤が何となくいいやつに見えてきたような… 早速、10話の展開を見ていきま…

    hanasaki_icajpg

    花咲舞に東幹久が登場! こんばんわ、テレビっ子(with にゃん吉)です。 「芸能人は歯が命」の東幹久さん演じる悪徳検査官「氷室」が登場して、一悶着がありそうですね。 言いがかりを付けて、様々な支店を潰しにかかる氷室はもう女性の敵です!(プンプンです!) 今回も舞が氷室を懲らしめて、ボッコボコのケッチョンケッチョンに…

    hansaki_ica

    2014年に放送された花咲舞が黙ってないが2015年7月から放送開始へ! こんばんわ、テレビっ子(with にゃん吉)です。 花咲舞が黙ってないは2014年の報道は飼い猫と一緒に何度も何度も見返してきましたね。 黙りません! 花咲舞の真似で飼い猫相手によく練習していたのが懐かしいですが、コンクールでの花咲舞の活躍に期…

    hana_ica

    花咲舞が黙ってないもいよいよ最終回に向けて、大詰めへ! こんばんわ、テレビっ子(with にゃん吉)です。 今期のドラマの中でも唯一視聴率2桁を常にキープしているドラマ「花咲舞が黙ってない」ですが、真藤派閥との戦いもいよいよ大詰めになってきましたね! また、彼氏と別れたばかりの舞が松木と付き合うのかどうか、最終回まで…

    hanasaki_mai

    花咲舞の第1話がいよいよ放送開始! こんばんわ、テレビっ子(with にゃん吉)です。 水曜22時のドラマは花舞とリスクの神様でどっちを観るのか未だに迷っている方もいるかもしれませんね。 まぁ、どっちも録画してみればいいだけなのですが。 いよいよ第1話が放送開始され、花舞の方も早速チェックしてみましたが、1年前と同様…

コメントを残す

このページの先頭へ