真田丸6話ネタバレあらすじ感想!「迷走」の内容は?

織田信長が家臣である明智光秀に討たれてから、各地で勢力争いが勃発していた。

内政不安に震える安土から佐助の手引きによって脱出した信繁一行は農民に扮し琵琶湖まで逃げ延びるも、光秀の手の者に追い詰められてしまう。

信繁とはぐれてしまった松は光秀の兵に取り囲まれてしまい、崖へと追い詰められてしまう。

ここまでと覚悟を決めた松は、自分の身を琵琶湖へと投げてしまう。

スポンサーリンク


一歩のところで姉を救えなかった信繁。


生き延びて再び共に過ごせる思いが散ってしまった茂誠は一人琵琶湖へと残り、自分の無力さに打ちのめされ、信繁は故郷へと帰還する。

そんな彼の傷心とは裏腹に、真田家は窮地に立っていた。

滝川に着くか、それとも上杉に、それとも北条か?

織田信長の居なくなってしまった今、取るべき道を悩む昌幸。

息子の信幸は、織田家の家臣ならば光秀を討つことが世の筋だと、家臣としての道筋を昌幸に進言をしていた。

昌幸は滝川一益に明智光秀打倒を解くが、滝川一益の心中には光秀ではなく、目の前にいる昌幸を始めとする信濃の国衆だった。

越後に進軍を開始していた森長可が北信濃の国衆に裏切られた経緯もあり、昌幸がもしや自分を背後から裏切るかもと、不信感を抱いていたのだ。

疑心を抱く一益に昌幸は信頼を得る為にと、人質を差し出すと一益に確約し、ようやくにして信頼を得ることに成功するが、室賀正武を始めとした小県の国衆達は、滝川一益の挙兵に反発する。

紛糾する会議は、武田信玄の孫である北条氏直を新たな主として仕えるべきだと意見に達し、昌幸もこの時は国衆達の意見に従うほかなかった。

だが昌幸のあまりにもこの風見鶏な姿勢には、実は裏があったのだ。

このまま織田家に家臣として身を任せるか、それとも北条家に鞍替えすべきかと、政情不安で先がまるで読めない、この現状を見定める為に、個を押し殺していた昌幸。

さらなる見極めを得るが為に、昌幸は上杉家に向かわせていた弟である信尹を北条家へと向かわせる。

北条家の実権を持つ北条氏政と、息子の氏直と共に対話をする信尹。

一益が光秀討伐に挙兵した際には、決して信濃に進軍しないでほしいと確約を取り付けるが、息子の氏直は虎視眈々と信濃挙兵を企んでいた。

だが息子の氏直の企みよりも、父親である氏政は確約した光秀討伐に無事に決着がついたのなら、信濃へ進軍を開始する心づもりでいたのだ。

油断ならぬ親子の悪意に気づく事なくに事は進む中、信繁はようやくにして真田家に戻ったが、松を死なせてしまった事を家族に告げ、母である薫から叱責を受けてしまう。

傷心の信繁。

自分には才能があると己惚れていた自分を恥じ、自分自身を責める信繁に、梅は無事に戻ってきてくれた信繁を温かく迎えてくれていた。

だが松は死んではいなかった。

琵琶湖の畔にある漁師に救われていたが、松は記憶を喪失していたのだ。

だがその事を知ら無い信繁を始めとする真田家は、一益の人質として昌幸の母・とりが向かう事になり、その身の回りの世話をする為にきりも同行をする事になった。

とりときりの二人が人質として送られようとしていた矢先、明智光秀が羽柴秀吉によって討たれた報が届く。

織田信長の仇を討ち、織田家の実権を握る事になった秀吉。

一益には最早天下を統べる機会を失ってしまった。

また北条家についたところで今後が万事に進む保証もなく、昌幸は一つの結論に至った。

数多くの権力者が日の元の中心である信濃を狙っていると知った信繁は、一益や北条を出し抜く決意をする。

明智光秀が豊臣秀吉に討たれた報は北条家にも届き、一益へと進軍を始めた。

一益は昌幸に援軍を要請するが、昌幸は上杉の進軍の為に軍を動かせないと偽り、一益と北条の戦の間に、母・とりを奪還する為に動きだしていた。


次回予告 真田丸・第7話「奪回」

滝川一益と北条氏直の合戦が始まる。

だが滝川軍は勢いづく北条軍に押されてしまい、箕輪城へと撤退してしまう。

真田昌幸は劣勢の中で、一益の人質になっている母・とりを救いだそうと沼田城へと進軍をしますが、城にはとりの姿はなかった。

とりは一益と共に箕輪城へと移され、昌幸は信繁と共に箕輪城へと向かう。

昌幸は一益と対談し、伊勢へと戻り体勢を整えると昌幸に告げ、母・とりは信濃を抜けることが出来たのなら返すと約束をし、昌幸を牽制する。

信繁は機転を活かして母・とりと付き人であるきりを発見するも、一益に見つかってしまい、人質として囚われてしまう……

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます♪
こちらの記事はいかがだったでしょうか?よろしければこちらの記事をSNSなどで拡散して頂けると、猫ともども跳び上がるほど喜びます♪

関連するテレビ記事はこちら

    2016-02-22_133528

    信繁は姉・松と共に安土へと訪れていた。 天下人としてその才を振るう織田の城下町に浮かれていた信繁、織田信長こそ次の時代を作るのだと感心していた矢先、信長が滞在する本能寺にて明智光秀が謀反を起こし、信長を討ってしまった事を知らないでいた。 信長の嫡男である信忠をも討ち取ってしまった、謀反人光秀の天下に染まる京の都では、信…

    2016-03-10_120320

    滝川一益対北条氏直の決戦が始まる。 だが数に勝る北条軍の進撃の勢いを止めることは出来ず、すぐさま戦局は滝川方の劣勢へと強いられてしまい、一益は命からがらに箕輪城へと撤退を余儀なくされていた。 そんな劣勢に陥った滝川一益の隙をついた真田昌幸は母・とりを救出する為に沼田城へと兵を動かし、無事に城を奪還するものの、そこにはと…

    sanadamaru

    大河ドラマ真田丸7話ネタバレ「奪回」! 織田信長が家臣である明智光秀に討たれてから、各地で勢力争いが勃発していた。 内政不安に震える安土から佐助の手引きによって脱出した信繁一行は農民に扮し琵琶湖まで逃げ延びるも、光秀の手の者に追い詰められてしまう。 信繁とはぐれてしまった松は光秀の兵に取り囲まれてしまい、崖へと追い詰め…

    nobunaga

    小栗旬主演の映画、信長協奏曲の実写版がいよいよ公開され、その内容についてネタバレをお伝えしていきましょう。 サブローの結末は?果たして信長は死亡してしまうのか、歴史の真相についてお伝えしていきます。 あらすじ情報1:信長は死んでしまう!?事実を受け止められないサブロー サブロー(小栗旬)はある日江戸時代にタイムスリップ…

    2016-04-12_212557

    佐野さくらは、自動車整備の仕事をしています。 職場では愛想笑いを浮かべて、同僚たちの話に合わせているものの、自分は一切話をしません。 それには実は訳がありました。 ラブソングネタバレ1話! 一方神代広平は、さくらの職場の企業カウンセラーとして働いています。 女性の家を転々とする、ヒモのような生活をして、チャラチャラ暮ら…

コメントを残す

このページの先頭へ