真田丸7話ネタバレあらすじ感想!「奪回」の内容は?

滝川一益対北条氏直の決戦が始まる。

だが数に勝る北条軍の進撃の勢いを止めることは出来ず、すぐさま戦局は滝川方の劣勢へと強いられてしまい、一益は命からがらに箕輪城へと撤退を余儀なくされていた。

そんな劣勢に陥った滝川一益の隙をついた真田昌幸は母・とりを救出する為に沼田城へと兵を動かし、無事に城を奪還するものの、そこにはとりの姿はなかった。

一益はとりと共に箕輪城へと逃げ延びたのだ。

スポンサーリンク


昌幸は長男・信幸に沼田城の守護を命じ、次男・信繁とともに滝川一益の逃げ延びた箕輪城へと向かう。

急遽に訪れた昌幸を、笑顔で迎える一益。

劣勢に訪れた援軍と喜ぶ一益を尻目に、昌幸は沼田城を取り戻したことを悟られないように一益との対談を進めていく。

一益は、崩れてしまった自軍の態勢を整える為に伊勢へ戻ると、その心中を昌幸に言い、その途中で無事に信濃を抜けたら人質である母・とりを返すと抜け目もない策を弄する。

様子を窺う父・昌幸と信繁は、伊勢へと逃げ落ちのびるその道中で一益の隙を見つけて、とりときりを救出する算段を立てていたが、一益から予想もしなかった提案が出されてしまう。

岩櫃城と沼田城を真田に任せる──と。

一益にとって今は、領地拡大よりも今後の織田家の舵取りを決めなければいけない清州会議に念頭を置いていたのだ。

上野と信濃を昌幸に任せ、今は一刻も早くに清州へと向かいたい一益。

そんな予想も出来なかった事態に、城を取り戻してしまった昌幸は、母・きりの救出を信繁に任せるしかなく、いざと言う時の為に信濃へと戻るしかなかった。


父から母・きりの救出を任された信繁は、一益と共に信濃の小諸城へと入城する。

家臣になりすまし、信繁の奇策により、一益の部下として城内を散策し、ようやくにして母・とりと、きりを発見するも、一益と遭遇してしまう信繁。

抵抗もむなしく、人質として一益に捕らえられてしまう。

人質となった信繁達を連れたまま、一益は清州会議への道中を急いでいたが、信濃西部の支配者である木曽義昌が立ちはだかっていたのだ。

織田家が信濃の武田家へと進軍した際に、真っ先に信長に下り、武田を裏切った人物。

だが武田を攻め滅ぼした織田家に少なからずの遺恨を持ち、清州へと向かう一益を足止めしていたのだ。

急ぎ清州へと向かいたい一益。

止む終えずに一益は、木曽義昌に信繁一行を差し出し、急いで清州へと向かうが、清州会議には間に合うことはできなかった。

既に清州会議にて、織田家家臣筆頭格は羽柴秀吉となり、一益は外様へと追いやられてしまい、権力争いに敗れてしまったのだ。

木曽義昌の人質になってしまった信繁達。

だが母・とりは信濃西部を治める義昌を叱りつけ、平手打ちするなど、まるで義昌を実の息子のように扱うとり。

それもその筈だった。義昌はかつて幼少の頃から勝手知ったる相手であり、義昌自身も、未だにとりに頭が上がらなかったのだ。

解放するように義昌に命じるも、信濃西部の支配者たる義昌も、面目の為に簡単には了承できるわけも無く、一族の為には真田家の人質を手にしておく必要があったのだ。

止む終えずとりは、自分が人質となり、信繁達を解放するようにと義昌に頼みこみます。

仕方なくに提案を飲む事になった義昌は、信繁、きり、三十郎の三人を解放し、信繁達は無事故郷へと帰途についたが、信繁の心中は己のあまりな未熟さにただ打ちのめされ、また誰かの犠牲によって生き延びた事を素直に受け入れられなかったのだ。

だがそれで時は、世は待ってはくれずに、また真田家も今後も暗礁に乗り上げたままだった。

昌幸は出浦昌相と共に信濃の不穏な情勢に懸念を抱いていた。

力のある国衆──室賀正武は多くの国衆と共に北条家側への参入を決めていた。

今後どう出るか解ら無い北条の内情を知る為に、昌幸は上杉景勝へと会談し、出浦は北条家へと向かった。

上杉景勝に北条へ下るつもりはないと伝え、互いに攻め込まない約定を組む事に成功した。

とりあえずしばらくの間は稼げると安堵したのもつかの間、母・とりの救出に失敗してしまった信繁が、意気消沈したまま信濃へと帰還する。

とりを助け出すばかりか、義昌の人質となってしまうとはと、信繁を叱責する昌幸。

勘に頼りすぎてはいけないと、信繁の欠点を的確に指摘し、兄・信幸は堅物で真面目ではあるも面白みに欠ける言い、弟である信繁は間違いはあるも、面白みがあると評する。

そして二人で一つなのだと告げ、信繁に新たな任務を任せる。

上杉の家臣──春日信達を調略、北条家へと寝返らせ、手土産にしようと算段する昌辛。

織田亡き戦国の世を決めるだろう上杉家に北条家。

二つの巨大勢力を騙し翻弄する、真田家一世一代の命運をかけた大博打へと打って出る。

次回予告 真田丸・第8話「調略」

滝川一益の勝利に勢いづく北条家を徳川家康は脅威を感じていた。


だが北条家が上杉と敵対している今なら、甲斐を討ち取るには絶好の好機と家康は北条攻めを立案する。

強者両方から狙われている甲斐攻略を虎視眈々と狙う家康の脅威を後に、今目の前にある上杉家と北条家の狭間で揺れ動く真田昌幸。

北条の手土産と上杉家の家臣──春日信達を調略する為に弟の信尹と息子・信繁を上杉へと送りこんだ。

かつては武田信玄に仕えていた豪傑春日信達。しかし上杉に下った今は、城の守りしか許されない身として、憤慨を覚えていた。

憤懣の募る彼に、北条への誘いを促す信尹と信繁。

しかし豪傑と言われた春日信達はそれを良しとはせずに、誘いを拒否してしまう。

春日信達の調略に手間取る二人を他所に、川中島へと兵を進める北条氏直の勢いは収まる気配はなく、真田昌幸は北条との駆け引きを開始することになる──

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます♪
こちらの記事はいかがだったでしょうか?よろしければこちらの記事をSNSなどで拡散して頂けると、猫ともども跳び上がるほど喜びます♪

関連するテレビ記事はこちら

    sanada

    織田信長が家臣である明智光秀に討たれてから、各地で勢力争いが勃発していた。 内政不安に震える安土から佐助の手引きによって脱出した信繁一行は農民に扮し琵琶湖まで逃げ延びるも、光秀の手の者に追い詰められてしまう。 信繁とはぐれてしまった松は光秀の兵に取り囲まれてしまい、崖へと追い詰められてしまう。 ここまでと覚悟を決めた松…

    2016-02-22_133528

    信繁は姉・松と共に安土へと訪れていた。 天下人としてその才を振るう織田の城下町に浮かれていた信繁、織田信長こそ次の時代を作るのだと感心していた矢先、信長が滞在する本能寺にて明智光秀が謀反を起こし、信長を討ってしまった事を知らないでいた。 信長の嫡男である信忠をも討ち取ってしまった、謀反人光秀の天下に染まる京の都では、信…

    sanadamaru

    大河ドラマ真田丸7話ネタバレ「奪回」! 織田信長が家臣である明智光秀に討たれてから、各地で勢力争いが勃発していた。 内政不安に震える安土から佐助の手引きによって脱出した信繁一行は農民に扮し琵琶湖まで逃げ延びるも、光秀の手の者に追い詰められてしまう。 信繁とはぐれてしまった松は光秀の兵に取り囲まれてしまい、崖へと追い詰め…

    2016-04-12_212557

    佐野さくらは、自動車整備の仕事をしています。 職場では愛想笑いを浮かべて、同僚たちの話に合わせているものの、自分は一切話をしません。 それには実は訳がありました。 ラブソングネタバレ1話! 一方神代広平は、さくらの職場の企業カウンセラーとして働いています。 女性の家を転々とする、ヒモのような生活をして、チャラチャラ暮ら…

    ダウンロード

    4月スタートの「OUR HOUSE」(フジテレビ・日曜21時)は、野島伸司氏によるオリジナル脚本で、原作はない。 数々の衝撃作を生み出した野島氏だが、ハートフルコメディという本作の見所や、野島作品の魅力について過去の作品を参考に思索した。 放送前のあらすじ紹介 ■OUR HOUSEのあらすじ 東京の、とあるのどかな住…

コメントを残す

このページの先頭へ