真田丸5話ネタバレあらすじ感想!「窮地」の内容は?

信繁は姉・松と共に安土へと訪れていた。

天下人としてその才を振るう織田の城下町に浮かれていた信繁、織田信長こそ次の時代を作るのだと感心していた矢先、信長が滞在する本能寺にて明智光秀が謀反を起こし、信長を討ってしまった事を知らないでいた。

信長の嫡男である信忠をも討ち取ってしまった、謀反人光秀の天下に染まる京の都では、信長配下の武将が次々に襲われていた。

光秀に首を狙われる徳川家康は伊賀を越え、自国である三河を目指す。

スポンサーリンク


だが穴山梅雪は家康と共に行動をすれば自分の命も危ういと別行動を取ってしまうが、それが命取りとなってしまう。

梅雪は逃げる道中にて落ち武者狩りの手によって、あっけなく討ち取られてしまう。

光秀の刺客の追撃が止まない逃走の中で、あえて逃げ場のない険しい山々に囲まれた伊賀を越える事にした家康達は、家臣である忍者の服部半蔵の手によって、三河の岡崎城へと戻る事に成功する。


だが信繁の元には正確な情報は届いておらず、京で大火事が起きたと、また戦が始まると、錯綜した噂話しか流れていなかった。


京の都で何かが起きたと、信繁は真偽を確認する為に京へと向かった。

一方、信濃の真田にも信長が討たれ報が届いていた。


動揺を隠せない昌幸の元に、光秀から書状が届く。

文面には信長が討たれ事、また配下に入れとの光秀からの誘いだったが、昌幸は光秀の使者を捕らえ、他の国に光秀が信長を討ったことを知らせまいと策を講じる。


だが昌幸には今後どうすればよいのかと、混迷を極める時代に頭を悩ますほかなかった。

信長の亡き織田家に従うべきなのか、それとも勢いを持つ光秀の配下につくべきなのか、もしや上杉へ下るべきか、または北条へ下るべきなのかと、決断の出来ない問題に頭を悩ませてしまう昌幸。


だがそれよりも危うい事は、安土に人質として捕らえられている松と信繁の安否だった。


佐助を安土へと急ぎ向かわせ、松と信繁を安土から連れ出す手助けを命じるが、京都へと情報を集めに来ていた信繁は、光秀の謀反と信長の死を知り、松の身が危ないと信繁は急ぎ安土へと向かった。

危機が迫る松と信繁だが、昌幸もまた追い詰められていた。

屋敷に国衆が集まり、今後についての話し合いがとり行われていた。

これを機会に室賀は、昌幸の指示に従い織田に付いたことを責めるが、昌幸は光秀からの書状を見せ、光秀が昌幸を小県の長としてみているのだと説き、主導権を維持したまま、昌幸は織田家を見限り、上杉に組することを決断していた。


すでに上杉景勝へと弟の真田信尹を向かわせていたが、上杉景勝は信濃から織田勢を負いだすことには懐疑的だった。


かつて武田家と敵対していた上杉家も弱体化し、織田との対決、また光秀との対決を望んでいなかったのだ。

昌幸が様々な思案を巡らせている中、安土に無事に戻った信繁は安土城に連れていかれた松を助け出し、命からがらに城外へと脱出したが、信濃までの道のりは遠く険しかった……


次回予告 真田丸・第6話「迷走」


 戦国の覇者であった織田信長が明智光秀の謀反によって討たれてから2日後。

絶対的な強者であった信長が死んでしまった事により、各地で勢力争いが勃発していた。

信繁は安土にいては光秀に捕まると判断し、信濃まで急ぎ戻ろうとしていたが、琵琶湖傍の農民として身を隠していた信繁達だったが、信長勢いを駆逐していた光秀の兵に、不運にも見つかってしまい、窮地に立たされてしまう。
だがその窮地を救ってくれたのは佐助だった。

光秀の追手から逃げるも、松は岸に追い詰められてしまい、そのまま琵琶湖へと転落してしまう。

松の当然の死に悲しむ茂誠。

松がいなければと信濃に戻る意味はないと、琵琶湖へと残ることを決意した茂誠を後に、信繁は無事に信濃へと戻る。

母親の薫に責められ殴られる中、信繁は自分の慢心を恥じ、己の未熟さに打ちのめされていた。

だが信濃を巡る問題は解決する兆しはなく、長男である信幸は織田家の家臣として、謀反人の光秀を討つべきだと昌幸に進言し、滝川一益に信長の仇討ちを提言するが、一益は挙兵する事に懐疑的であり、また森長可が国衆の裏切りに合ったとの知らせを聞いていたせいか、もしや昌幸が裏切るのではと警戒していたのだ。

天下が揺れ動く動乱の世に昌幸が取るべき行動は──

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます♪
こちらの記事はいかがだったでしょうか?よろしければこちらの記事をSNSなどで拡散して頂けると、猫ともども跳び上がるほど喜びます♪

関連するテレビ記事はこちら

    sanada

    織田信長が家臣である明智光秀に討たれてから、各地で勢力争いが勃発していた。 内政不安に震える安土から佐助の手引きによって脱出した信繁一行は農民に扮し琵琶湖まで逃げ延びるも、光秀の手の者に追い詰められてしまう。 信繁とはぐれてしまった松は光秀の兵に取り囲まれてしまい、崖へと追い詰められてしまう。 ここまでと覚悟を決めた松…

    2016-03-10_120320

    滝川一益対北条氏直の決戦が始まる。 だが数に勝る北条軍の進撃の勢いを止めることは出来ず、すぐさま戦局は滝川方の劣勢へと強いられてしまい、一益は命からがらに箕輪城へと撤退を余儀なくされていた。 そんな劣勢に陥った滝川一益の隙をついた真田昌幸は母・とりを救出する為に沼田城へと兵を動かし、無事に城を奪還するものの、そこにはと…

    nobunaga

    小栗旬主演の映画、信長協奏曲の実写版がいよいよ公開され、その内容についてネタバレをお伝えしていきましょう。 サブローの結末は?果たして信長は死亡してしまうのか、歴史の真相についてお伝えしていきます。 あらすじ情報1:信長は死んでしまう!?事実を受け止められないサブロー サブロー(小栗旬)はある日江戸時代にタイムスリップ…

    sanadamaru

    大河ドラマ真田丸7話ネタバレ「奪回」! 織田信長が家臣である明智光秀に討たれてから、各地で勢力争いが勃発していた。 内政不安に震える安土から佐助の手引きによって脱出した信繁一行は農民に扮し琵琶湖まで逃げ延びるも、光秀の手の者に追い詰められてしまう。 信繁とはぐれてしまった松は光秀の兵に取り囲まれてしまい、崖へと追い詰め…

    hope

    「hope ~期待ゼロの新入社員~第1話について」 【あらすじ】 ある日、歩は母から「この会社を受けてみない」と、ある会社のパンフレットを見せられる。 恩師の紹介ということもあり、歩はしぶしぶ会社の面接に行くことにする。入社1日目、コピーもできない、パソコン作業もできない、英語も話せず電話にも出れない。 散々な状況だっ…

コメントを残す

このページの先頭へ