ナオミとカナコのネタバレ!最終回までのあらすじ感想!出演者キャスト情報も

木曜22時からフジテレビ系列で放送される

恋愛王道の『オトナ女子』が終わり、サスペンスのようなドラマのナオミとカナコ

気になる最終回までの展開や、出演者の情報についても見ていきましょう!



出演者キャスト情報

まず、その豪華なキャスト陣を紹介します!

■小田直美(広末涼子)

 
百貨店の外商部でバリバリのキャリアウーマンとして働く女性。


勝気で正義感の強い性格ですが、実は子どもの頃に父親が母親に暴力を振るっているのを度々目撃していたという悲しい過去を抱えています。

旦那に暴力を振るわれている加奈子を助けようと試行錯誤します。広末さん出演のドラマはウロボロス以来ですね!


また有名なのはリーガルハイでの冷酷な裁判官の役でしたが、今回は反対の友達思いの優しい役なのでどう演じ分けるのか楽しみです!!


■服部加奈子(内田有紀)


直美と対照的でおとなしく、気の優しくてDV夫を抱えてどん底の苦しさを味わいながら苦悩する加奈子を演じるのは内田有紀さん。前回他局のドラマでレズビアンの役を演じられ、演技の幅のある女優さんです!何だか心の闇を抱えていそうな役ですが、内田さんがどう演じられるのか注目です!

■服部陽子(吉田羊)


直美と加奈子を追い詰めていく加奈子の義理の姉役として服部陽子を演じるのは吉田羊さん。『HERO』の有能検事役にもハマっていた吉田羊さんなので、デキる女性をさせるのにはピッタリだと思います!今回は追い詰める役なのでその力を十分に発揮して下さるのではないかと思います!

■李朱美(高畑淳子)


直美の取引相手の胡散臭い中国人女社長を演じるのは高畑敦子さんです!高畑さんといえば演技の評価の高さはピカイチです。どの役にもピッタリハマっているのが個人的な感想です。また最近ではバラエティにも出演して、芸人顔負けの面白い発言を連発していますね!そんな高畑さんが今回は中国人の役をするとのことなので、ギャグにならないのかちょっと心配ですが(笑)楽しみです

■服部達郎(佐藤隆太)


加奈子に暴力を振るう夫、服部達郎を演じるのは佐藤隆太さん。ルーキーズや海猿などで熱い熱血男を演じることが多い佐藤隆太さんが、今回はなんとDV夫に!!何だか想像が出来ませんが、佐藤さんの演技には期待をしています。
また今回は林竜輝という中国人も演じることになっていて、一人二役をするみたいです!楽しみですね!

■出演者まとめ


演技がとても上手いキャストの方ばかりなので、注目している方も多いのではないでしょうか?内容がちょっと重たく感じそうですが、キャストの方々の演技にどっぷりとハマって見てしまうこと間違いありません!

ナオミとカナコ1話ネタバレ


■あらすじ情報1:久しぶりの友人との再会!嬉しいはずが…


百貨店の外商部に所属する小田直美(広末涼子)は、念願の美術館への異動を希望しながら激務をこなしています。

そんな直美は大学時代の親友・服部加奈子(内田有紀)が自分の家の近くに引っ越してきたのもあり喜んで再会する。


加奈子はエリート銀行員の達郎(佐藤隆太)と結婚し幸せそうな様子です。

そんな2人のやりとりを見て嬉しいような羨ましいような複雑な気持ちの直美。


ある日、達郎が酔っ払って帰宅し加奈子に抱きつくと、加奈子は顔面蒼白で震えだします。

加奈子の幸せそうな一面とそうではない一面とを垣間見る直美ですが、さすが感づくのが早いですね!佐藤隆太さんの表情が変わったのがすごく怖かった!



■あらすじ情報2:ついに明かされる加奈子のもう一つの一面!


直美はある日会社で200万円もする高級時計が紛失したとのことで中国人社長の李朱美(高畑淳子)を訪ねます。


なんと李社長は防犯カメラでその高級時計を質入していたのです!社長に会うために向かった会社で達郎とソックリな中国人を見つけて驚く直美。

その晩加奈子の家を訪れた直美は、加奈子の顔が痣だらけになり、壁に大きな穴があいているのを見て達郎からの暴力を知ります。


離婚を進めるのですが加奈子はそれを拒むのでした。


翌日再び加奈子の家を訪れた直美は幼い頃に自分も父が母に暴力を振るっているのを見たと告白するのでした。


直美の幼い頃の回想シーンでお父さんがお母さんに暴力を振るっているシーンが本当に怖かった!あんなの幼い子ども2人が聞いたらトラウマになるに決まってるじゃん!


■あらすじ情報3:


加奈子は達郎の実家から洋梨が送られてきたのを忘れていて腐らせてしまいそこから暴力を振るわれていると告白します。


警察に行くよう勧める直美ですが、加奈子はもう暴力を振るわないという達郎の言葉を信じます。


そんな時、李社長からようやく時計の返却があります。李社長が直美を気に入り食事に誘います。


その食事の席で直美は加奈子が夫に暴力を振るわれているのを相談すると李社長は「そんな男は殺しなさい」と言います。


その後加奈子がまた暴力を振るわれたことを知った直美は再び加奈子を説得します。加奈子も分かっているが、達郎への恐怖から家族にまで迷惑がかかるため自分で背負い込もうとします。



そんな中、暴力で口の中が切れて水が苦く感じるという加奈子の悲痛な訴えに直美は「あんたの旦那殺そうか」と意を決するのでした。


李社長の言っていることは理解できなくもないですが、何だか直接的すぎて怖い!中国人の人ってみんなあんな考えなのかな…

加奈子の「水をおいしく飲みたい」っていう訴えに思わず涙が出そうになりました!


■1話まとめ


想像通り高畑さんが役にハマっていて本当に演技にあっぱれでした!

さすが大御所女優さんですね!

李社長の元にいる達郎そっくりの中国人が何か鍵を握りそう…達郎とすり替えるのかな?

ナオミとカナコ2話ネタバレ

 

あらすじ情報1:直美の顧客の順子は認知症を患っている?


直美(広末涼子)は加奈子(内田有紀)の夫の達郎(佐藤隆太)が加奈子に暴力を振るっているのを知り殺人を考えます。

翌朝加奈子は達郎から不妊治療を勧められます。

早く子どもを欲しがる達郎の一方で加奈子はピルを飲んでいたのでした。

直美は医師の夫を持つ資産家の順子(宮地純子)を担当することになります。

夫が失踪したという順子でしたが警察は遺体がないと捜索出来ないと言い放ちます

。警察署から戻ってきた直美に順子は落ち着いて話をします。そこで夫の遺影を見つけ、順子の認知症を疑います。

その晩加奈子の家を訪れた直美は加奈子にDVシェルターを勧めますが加奈子は夫が追いかけてくるといい、断ります。

暴力を振るう旦那の子どもなんて欲しくないだろうし、ピルを飲みつつ旦那が勧める不妊治療の病院へ行く加奈子の気持ちがすごく切なかった。達郎は本当に無神経…

あらすじ情報2 林は密入国者だった!


直美は李社長(高畑淳子)から頼みたいことがあると呼ばれ、話を聞きに行くと新しいアパートを借りる為に連帯保証人になってほしいと頼まれます。



直美は次の骨董品店で協力してくれるなら、と了承します。達郎の姉の陽子(吉田羊)は直美のいる葵百貨店と提携しプロジェクトを進めようとします。


そこで担当を直美に指名します。そんな中直美の元に不動産会社から林(佐藤隆太)のパスポートの再度提示を求めるように電話がかかってきます。


実は林は密入国者で李社長は林を解雇したのでした。

陽子が直美を気に入って一緒に仕事が出来るように持ちかけてますが、これから陽子がキーパーソンになってくるのかな?


なんて思いました。直美も陽子に達郎が暴力を振るっていることいえばいいのに…


あらすじ情報3 ついに決意!達郎を殺害する方法とは?


加奈子は結婚記念日の日にホテルのレストランで達郎にもう暴力をふるわないでほしいとお願いします。達郎はそれに快諾。


その後2人は帰宅します。近所に住む仲睦まじい家族に憧れることをつぶやいた加奈子へ「努力もせずに遊びまわっているアイツといっしょにするな!」と達郎が激昂します。


その家族の父親は御曹司だったのでした。怒った達郎は加奈子を雨のふるベランダへ放り出します。


加奈子の連絡を待ちつつ、直美は達郎の殺害計画を立てていました。翌朝ご飯を作るように言い放ち、達郎はベランダを開けます。


むせび泣く加奈子。達郎を送り出したあと直美に助けをよび開放してもらいます。そんな加奈子の姿に殺害実行を決意する直美だったのでした!


達郎のどこにキレポイントがあるかどうか探りながら暮らすなんて加奈子も辛すぎる!雨の降る寒い晩にベランダに放り出すなんて、殺人未遂に近いのに…


2話まとめ


林さんが達郎の代わりになるのは想像できるけど、認知症を患ってそうな順子がいったいなんの関係があるのか気になる…

ネットバンキングがあるから達郎の会社に振込をするってことかな?

続きが気になる!

ナオミとカナコ3話ネタバレ


あらすじ情報1:達郎が「失踪」した事件に見立てる計画をする直美


直美(広末涼子)は加奈子(内田有紀)を連れて林(佐藤隆太)に会いにチャイナタウンへいきます。直美は林を達郎(佐藤隆太)の替え玉にし、達郎を殺害した後に中国へ林を帰国させる「失踪事件」に見立てる計画をしていたのでした!

達郎が失踪する理由として直美の顧客の順子(富塚純子)からお金を横領したことにしようと加奈子に話します。

林に大雑把に仕事の依頼をします。加奈子は左利きの林に右手でパスポートの出国サインが出来るように教えます。

一方で直美は達郎を連れて順子の家に行き、達郎の銀行に講座を開設するように仕組んでいくのでした。

直美の計画は大体わかっていたけど、順子からの横領は思いつかなかった!

てか、横領って裕福な家庭持ちの達郎がするかなぁ?ちょっと無理やりすぎる気がする



あらすじ情報2:淡々と殺害計画を進める直美に対して迷う加奈子


達郎の姉、陽子(吉田羊)との仕事も順調な直美は、達郎の遺体を埋める場所や移動手段についてを淡々と計画していますが加奈子にはまだ迷いがあります。

一方で林はようやく達郎に似せたサインが書けるようになっていました。達郎のスーツを着せると本当に瓜二つな達郎と林。

そんな林は中国に帰ったらやりたいことを加奈子に話します。直美は李社長から車を借りて加奈子と丹沢に向かいます。

そこはかつて二人がキャンプをしに来た場所。二人で美味しくて飲んだ湧き水も、今の加奈子にとっては苦いだけなのでした…

李社長が直美の反応に色々と感じ取っている付箋があって気になる…安易に殺害することに賛成はしなさそう?

自分が殺せって言ったのに!



あらすじ情報3 決意を新たにする加奈子と直美


丹沢に場所はなかったため富士の樹海を訪れ、ようやく達郎を埋める穴を見つけ直美は掘り始めます。

そこで加奈子は直美に「達郎さんがいなくなったらやりたいことがたくさんある。普段の生活を取り戻したい」と話します。

そう話して涙ぐむ加奈子に決意を新たにする直美。そんなふたりの目の前には夕日の沈む富士山が見えるのでした。

一方でチャイナタウンには入管が現れ、林のもとにも迫っているのでした!

加奈子の涙ぐむシーンではまたもやつられて涙ぐんでしまいました。内田有紀さんの演技力にはあっぱれです!

林さん、ついに捕まっちゃうのかな!?

3話まとめ

直美が加奈子のために淡々と殺害計画をしているのにはちょっとした狂気も感じました。

普通人を殺すのにあんなに平然と計画できないし!

加奈子のために、という友情よりも自分の父親に重ねて復讐してやろうとか思っているのかな?

ナオミとカナコ4話ネタバレ


あらすじ情報1:殺害計画は金曜日!

直美(広末涼子)と加奈子(内田有紀)は達郎(佐藤隆太)の遺体を埋める為の穴を掘ったあと、李(高畑淳子)に車を返しに行くとチャイナタウンは警察が大挙していました。


林(佐藤隆太)を探す二人でしたが、加奈子は林が自宅にいることを発見します。


2人は林をホテルに匿うことに…達郎失踪に気づく土日の2日間の猶予を得るため、達郎殺人計画を金曜日に決めた2人はそれぞれ、遺体を入れるスーツケースとロープを用意します。


月曜日にリハーサルをしてみると、マンションのエレベーターには監視カメラがありました。


しかし、それは3週間たつと消えてしまうためその間に捜索が行わなければ大丈夫だと考えます。


更にリハーサル後にロープと滑車を用意することを提案しあいます。

首を締めるためのロープを達郎がいるときに探したり、監視カメラの再生期間が3週間など色々とつめが甘すぎてびっくりしました。

そんなんじゃ簡単に警察に捕まるに決まってるのに!


あらすじ情報2:犯行当日、思わぬ出来事が!

直美は達郎と共に斎藤(富司純子)の自宅を訪れ2人の目を盗んで斎藤の口座から加奈子の口座に一千万を移し、横領したかのように見せかけます。


その頃加奈子は林に達郎に似せるためスーツを見立てていました。そして犯行当日、直美が出社すると達郎の姉の陽子(吉田羊)がいました。


陽子の会社と直美の会社の合同プロジェクトを成功させるために直美は陽子と共に京都へ出張に行くことになります。


出張のせいで達郎とのランチに行けなくなってしまったことを聞いた加奈子は、自分が達郎とランチをして林がその間にATMでお金を下ろすように計画を変更します。


ランチの場所に加奈子が現れたことで帰ろうとする達郎を加奈子は引き止めひどい言葉をぶつけられますが必死に耐えます。

思ったよりも加奈子が機転がきいて、頭がいいのは直美だけじゃないんだと実感。

加奈子も働いたらキャリアウーマンになれるだろうに


あらすじ情報3:いよいよ達郎を殺す時が!しかし…

ランチ後に林を探して公園まで来た加奈子。林は無事にお金をおろしていました。一方直美も商談が終わって帰ろうとしているところを陽子に引き止められます。


それを振り切って東京に帰る直美。達郎は陽子に「自分は殺されるかもしれない」と伝言を残します。


達郎が寝静まったあと2人は達郎の首に縄を巻きつけて用意をします。いよいよ首を絞めようとしたその時に達郎の携帯が鳴り、目を覚ましてしまいます。


手に汗を握りながら見ていました!

携帯が突然鳴り始めたのには本当にびっくりして思わず叫んでしまいました。


4話まとめ

エレベーターの監視カメラ、出張中の直美への着信が加奈子だと分かった陽子、車にスコップを残してしまい怪しむ李社長、そしてATMで二回目に利き手の左手で入力してしまった林…

達郎の殺人計画は穴だらけで正直警察が2人を怪しむのも時間の問題だと思う…

でも直美、特に加奈子には今まで苦しい思いをしていた分、幸せになってほしいと思う。

林さんと2人でのやりとりで本当に幸せそうに微笑む加奈子の顔がこれ以上に苦しむのを見たくない!

ナオミとカナコ5話ネタバレ


あらすじ情報1:陽子の追っ手から何とかのがれようとする直美と加奈子


直美(広末涼子)は斎藤(富司純子)が認知症のため達郎(佐藤隆太)のことを覚えていないことで追い詰められます。

しかし達郎が口座開設のお礼としてお米を持ってきていたことは“お米の人”と言いました。


また不燃ごみを出してくれたりしたことも覚えており、達郎と直美が斎藤家に訪れた証拠が立証されました。一方で加奈子(内田有紀)の家には陽子(吉田羊)がやってきます。


陽子は達郎から「殺されるかもしれない」という電話の伝言を受け取ったことを話しましたがそれは「(昇進が決まり)銀行に(殺されるかも)」ということだったのです。



昇進が決まっている達郎が失踪することがおかしいと加奈子を追い詰める陽子。

翌日銀行へ呼び出された加奈子は達郎に扮した林(佐藤隆太)がATMでお金をおろしている写真を見せられ達郎かどうかと聞かれます。


勿論達郎だと答える加奈子。


斎藤さんのシーンでは何度もハラハラしちゃいました。「直美、お米の人だよって斉藤さんに言ってあげて~!!」って思わずテレビ前で叫んじゃいました。


それにしても陽子こわー!!羊さん…演技うますぎ‥


あらすじ情報2:つかの間の楽しみの間に、動く陽子


銀行の行員が達郎の実家に調査報告書をもってやってきます。林が写っている写真を見せられこれは達郎じゃない!と取り乱す母に、銀行は達郎は横領をしたとして調査を打ち切ると言います。


銀行印がストレスからそういった行動をすることも珍しくないという銀行員。父親は行員に謝罪をするのでした。直美は中国人の女社長の李(高畑淳子)のもとを訪れていました。


美術展の仕事の依頼をしたのでした。直美と加奈子は計画が上手くいったことを記念して旅行へ行くことに。2人が温泉旅行へ行っている間、陽子は達郎の同僚を呼び出し本当に達郎が失踪したのか、と相談します。


するとその同僚は「実はおかしなことばかりだ」と心のうちを明かしたのでした。1つは大金が動くときは支店長のチェックが入るはずなのに支店長がいなかった、2つめはなぜわざわざ200万をATMでおろしたのか…


2人で何だかおかしいことを確信し合うのでした。


そりゃおかしいことだらけですよね、なんたってつめが甘い2人がやったことなので…

むしろ銀行ってこんなに簡単に責任を放棄して緩いのかと思ってしまって、日本の銀行の警備の甘さに不安を覚えました…


あらすじ情報3:ついにほころびをつかんだ陽子


直美と加奈子は直美の実家を訪れることに…

そこには父のDVから解放された明るい顔の母の姿が…


「もっと早く離婚していれば良かった。今はやりたいことを全部やる」という前向きな母の姿に直美も今の会社を辞めることを決意するのでした。


一方で陽子はマンションの管理人に話を聞いて直美と加奈子に会います。


マンションの管理人が土曜日から達郎の姿を見ていない代わりに直美の姿をよく見かけたことを聞いた陽子は2人に防犯カメラを見ればわかると追い詰めます。


こんなにも陽子が色々と探りまわっているのに、なんで直美と加奈子は旅行なんて行ってるのー!?

そんなの警察にバレたらまっさきに疑われるのに!!


5話まとめ

1つ思ったのが、加奈子が落ち着き過ぎ!普通旦那さんがいなくなるともっと取り乱すはずでしょ!?


達郎の母まではいかなくとももっと泣いたり戸惑った様子を見せてもよかったのに…陽子は本当に怖い…


やってることがまるで探偵ですね。


次回のシーンでは何だか妊娠したっぽい加奈子。その前に達郎?林さん?

に抱きしめられてるシーンがあったからもしかして林さんが中国から帰ってきちゃったのかな?

そして達郎母にかかってきた達郎からの電話の謎も気になる!!


ナオミとカナコ6話ネタバレ


あらすじ情報1:ついに計画実行!


直美(広末涼子)と加奈子(内田有紀)はリハーサル通り熟睡している達郎(佐藤隆太)の首にロープを巻きつけ絞めようとしていました。

ちょうどその時達郎の姉、陽子(吉田羊)からの着信により達郎は目を覚ましてしまいます。

驚いた直美は思わずロープを落としてしまいますが、加奈子の呼びかけにより再びロープを持ち直し二人で絞めます。

やがて達郎は命を落とし、加奈子はバックを詰めるように段取りよく動きますが、直美は固まったまま。

達郎の姉からの「殺されないように気をつけて」という留守電を聞いた2人は思わず固まってしまいますが、計画通り遺体を遺棄する場所までやってきます。

直美はまだ戸惑いながらも加奈子とともに遺体を埋めて行きます。

いざとなったときの加奈子はとてもしっかりしているのが驚きました。

普通は直美のように怯えると思うけど、加奈子はちょっとやそっとじゃ動じないくらいまでに生活を脅かされていたんだなと分かりました。


あらすじ情報2:最後の締めくくり、林さんとの別れ


直美と加奈子は体を休めるものの眠れない一夜を過ごしていました。土曜日、2人はスーツ姿で達郎に扮した林(佐藤隆太)と落ち合います。

そこで林さんに残りの100万を達郎の利き手の右手でATMで操作させ下ろさせます。

加奈子は林さんとの楽しかった思い出を思い出していました…空港でもう二度と私たちに会わないでという直美に思わず寂しげな顔で加奈子を見つめた林さんですが、約束し笑顔で別れます。

その後2人はゆっくりと食事に向かうのでした。次の日の日曜日、2人はパンケーキを食べながら月曜日に起こるであろう出来事を想定し段取りを確認していました。

林さんと加奈子の寂しそうな顔を見ていると、2人はそのまま中国に逃亡してもいいのではないかと思いました…

そして相変わらず詰の甘い2人は、土曜日の朝に二人でマンションを出るところを管理人さんに見られてるし…


あらすじ情報3:達郎が失踪?怪しむ陽子


二人が想像したとおり、朝銀行から自宅へ電話がかかってきます。加奈子は休日出勤したまま帰ってきていないと言い、銀行は達郎の実家に相談して欲しいと伝言を残します。

同様しつつも了解し実家に連絡する加奈子。


一方直美は李(高畑淳子)社長から呼び出され引き抜きの話を聞きます。そこで同時に達郎が中国へ帰国したことも聞き驚きます。


加奈子は自宅へやってきた銀行の支店長と同僚へ、達郎のパスポートと自分の通帳がないことを話、通帳へ1000万振込があり100万円が2回引き出されていることを聞き驚いたフリをします。

またその晩に直美と約束をしていたところ陽子がやってきて顔の痣と達郎の居場所について聞かれてしまいます!直美は顧客の斎藤のところへ銀行の人とやってきた。斎藤は「服部さんなんて知らない。


口座のことは小田さんに任せてあるから」と言い、おいつめられてしまいます!

斉藤さんが、認知症の疑いがあって達郎のことを知らないっていうのは、ある意味想定できることだったんじゃないのでは?直美も以前達郎がお米を持ってきていたことを斉藤さんに強調すればよかったのに…

6話まとめ!


やっぱりいろんなところからほころびが出てきていて見ていてハラハラしちゃいました。吉田羊さんの演技なんてHEROのころを思い出してしまいました(笑)

ナオミとカナコ7話ネタバレ

あらすじ情報1 防犯カメラを見たがる陽子。


達郎(佐藤隆太)が行方不明になったことで陽子(吉田羊)は直美(広末涼子)と加奈子(内田有紀)が何かを知っていると思い疑います。


マンションの管理人に防犯カメラを見せて欲しいといいますが、住人のプライバシーに反するので警察の要請がないと見せられないと固く断られます。


それでも腑に落ちない陽子へ加奈子は「警察に言ってしまうと達郎さんが捕まってしまうから言わないで欲しい」と言いますが陽子は達郎は横領なんてしていないと断じて引きません。


そんな陽子の姿に働くことを諦めかけた加奈子ですが直美はマンションのローンを払うためにも働く方がいいとこじつけて加奈子を李社長(高畑淳子)のもとへ連れて行きます。


加奈子は李社長の元で働くことになりました。陽子は興信所へ向かい事件のことを言いますが女絡みで上海に逃亡したのかもしれないと言われます。


諦めかける陽子へ探偵の三枝(前川泰之)は銀行の外の防犯カメラを見せてもらえばいいとアドバイスをします。

もう最初からハラハラが止まりません!殺人て悪いことだけど不思議と直美と加奈子が捕まらなきゃいいのに、陽子が気づかなければいいのに…なんて思ってしまいます。


あらすじ情報2 少しずつ真実を知る陽子


直美は順子(富司純子)の家でランチをご馳走になります。亡くなった夫のことをまだ生きているかのように話す順子へ直美は脳ドックへ行くように勧めます。


そこへ達郎の同僚の山本(近藤公園)がやってきます。山本から陽子が興信所を雇ったことを聞いた直美はゾッとします。一方加奈子は李商会の帰り道に林(佐藤隆太)のことを思い出し思わず微笑みます。


マンションへ帰ると管理人から陽子が警察と探偵とともに土曜日の防犯カメラをみてたことを聞きます。ショックを受けた加奈子。直美は加奈子に嘘をついたことを利用して達郎が不倫をしていたことにしようと提案します。



一方で陽子は山本とともに銀行のATMの外の写真を見ていました。そこに写っていた人をみて思わず悔しがる陽子。そんな時陽子の元に母から達郎から連絡があったと電話がかかってきます。

よくパッと達郎が不倫をしていたなんて案が浮かぶな~直美頭いいんだな、って実感しました。李社長の時々2人をジッと見つめる目が本当に怖くてゾッとしてしまいます!なにか気づいてるのかな?

あらすじ情報3 陽子の思わぬ勘違いで身を救われる直美と加奈子


ある日働いていた加奈子は猛烈な吐き気に襲われます。加奈子はそこで妊娠を疑います。

陽子は直美を訪ねて葵百貨店に行きますが直美が上海出身の李社長のいる李商会へ行っていることを聞いた途端に血相変えてチャイナタウンへ向かいます。


李に会った陽子は達郎の事を知っているか聞きます。李は勿論知っているといい、直美も彼のことが好きだと言います。一方会社に戻った直美は陽子が李商会へ行ったことを聞き引き返します。


そこで李に陽子に何を聞かれても答えないでと口止めをするのです。直美は加奈子へ電話をかけて陽子が李のもとへきたことを告げます。


そのとき!直美の前に陽子が現れます。陽子は直美が達郎の不倫相手だったといい、達郎がどこにいるのかを問い詰めます。


加奈子は妊娠検査薬を買って帰ろうとした時にマンションの影から林が現れ加奈子に逢いたくて日本にきたといいます。

林さん!戻ってきちゃダメって言われたのになんで来たの!?でもちょっと素敵な恋物語にいろんな意味で胸がドキドキしました。

ナオミとカナコ8話ネタバレ

あらすじ情報1:あなたに会いたかった!思わぬ林さんの告白


直美(広末涼子)は陽子(吉田羊)に達郎(佐藤隆太)と不倫をしていたのではないか?

中国へ逃げた達郎が日本に帰ってきているのを見かけた、どこにいるのか?と激しく迫られていました。陽子の思わぬ誤解に言葉を詰まらせた直美は割って入って来た李(高畑淳子)に救われます。

一方で加奈子(内田有紀)はマンションの入口で林(佐藤隆太)に会います。何と林は加奈子に会いたくて日本に来ていたのです!(勿論もう林本人のパスポートを使ってですが)林は次に中国に帰るときに自分と一緒に来て欲しいと加奈子へ言います。

直美は加奈子のマンションへやってきて陽子が直美と達郎が不倫をしていること、林さんが達郎だと思っていることの2つ誤解をしていることを加奈子へ話します。


加奈子は林がもし中国へ帰らなければどうするの?と直美に問うと、直美はいなくなってもらうしかない、と答えます。

いなくなってもらうってつまりは林さんまで殺しちゃうってこと!?直美容赦ないなぁ…でも陽子さんが誤解していてちょっと安心した♪


あらすじ情報2:林さんを匿う加奈子


直美は林を探して李に電話をかけます。しかし李は答えません。一方李商会に林がやってきて加奈子と鉢合わせます。加奈子は誰の目にも止まらぬよう注意しながら林をタクシーに乗せて新橋へ向かいます。


直美の元へは陽子がやってきます。誤解している陽子に合わせるように直美は「達郎さんは銀行に殺されると言っていました。私の前では本当の達郎さんの姿を見せてくれました」と不倫をしているかのように話を進めます。


加奈子は林を新橋のホテルに匿い、中国へすぐに戻るように説得します。ただならぬ加奈子の様子に心配をする林。

直美は加奈子に林の足取りが掴めなかったことを話しますが、加奈子は直美に林のことをどうしても話せませんでした。


次の日直美の家に陽子がやってきます。陽子は達郎を探すフリをして観葉植物に盗聴器を忍ばせました。

見ていてどうして加奈子は林さんのことを直美に言えないの!?ってイライラしちゃいました。

再度中国へ戻してしまったらもう会えなくなるかもしれないことを心配していたのかもだけど…加奈子の考え方甘すぎ!


あらすじ情報3:信じてたのに!友情に亀裂が…


直美は林を探すあまり本職に力が入らず真剣だったプロジェクトを外されてしまいます。夢だった仕事を失い、悲しむ直美。加奈子は林の元へ向かっていました。

林は加奈子の誕生日を知っていてお祝いを始めます。その後加奈子が家へ帰ると陽子が待ち構えていました。

陽子は今まで攻めていた様子を一変させて加奈子を庇うかのように、達郎が別の女と浮気をしていたことのショックな気持ちを共感しつつ、土曜日以前の防犯カメラが見られるように掛け合ってくれるように話します。

直美は加奈子の家を訪れて陽子が直美のことを疑っている以上はもう2人で会わない方がいいという話になり、直美は「最後まで言わないつもりだったんだね」と言い出します。

加奈子は林のことかと思いますが、直美は鞄からケーキを出すのでした。次の日直美は李社長に会い、今まで嘘をついていたことを突き止められます。そこでそうだと正直に答えると李は林の居場所を教えるのでした。

加奈子は林の元を訪れて自分は犯罪者だから林とは一緒にいられないと言います。林は加奈子へ日本にいて捕まるなら中国へ行けばいいと言い出します。


それでも加奈子は自分は結婚をしているから中国へはいけないと泣きながら伝えると林は背後から加奈子を抱きしめるのでした。


その時そこへ居場所を突き止めた直美が!直美は加奈子が林を匿っていたことにショックをうけて部屋を飛び出してしまいました。

達郎のことさえなければ林さんと加奈子の恋は素直に応援できるけど、自分の人生を棒に振ってまで加奈子のために動いてくれた直美の気持ちを考えると加奈子のしてることってちょっと浅はかかなって思う。

8話まとめ

親友の2人の友情に大きな亀裂が入ってしまいました。そのことが大きなきっかけになって陽子さんに二人共捕まってしまいそう…!!

まとめ

約束を破って林さんが来日してしまったことから、二人にとって林さんは邪魔になるから殺しちゃうのかな?って思うけど加奈子はそんなこと出来ないだろうし…

林さんもつれて三人で上海に逃亡したらいいのに!

ナオミとカナコ9話ネタバレ

あらすじ情報1:決裂してしまった友情


直美(広末涼子)に林(佐藤隆太)を匿っていたことがバレてしまった加奈子(内田有紀)はショックでその場に座り込んでしまいます。

直美は加奈子からの電話も取らず、林に連絡を取ります。

加奈子は出勤しますが妊娠していることもあり体調が良くありません。

林に会った直美はすぐ中国へ帰国してもらえるように林に話します。

林はそれを快諾しますが、加奈子に渡して欲しいと一通の手紙を直美に渡します。また陽子(吉田羊)と三枝(前川泰之)は林の正体について探りを入れていました。

もう!陽子さんが林さんのことについて気づきはじめてるのに仲間割れしてる場合じゃないよー!!どうか無事に林さんが出国してくれますように


あらすじ情報2:ついに林と達郎の関係について知られてしまう!


陽子は帰宅中に、誰からか付けられていることに気がつきます。また達郎(佐藤隆太)の勤めていた会社にも達郎について誹謗中傷する怪文書が送られていたのです!

直美は斎藤(富司純子)の家を訪れて認知症についての話をします。斎藤の忘れてしまった方がいいこともある、という言葉に頑なだった直美の心は変わり始めるのでした。


直美は林の出国のためのチケットを取り、林に空港での待ち合わせを取り付けます。その話を盗聴していた陽子と三枝のことを知らずに…

出国当日林との待ち合わせの途中迷子の子どもを見つけた直美はほっとけず、一緒に親を探しています。その頃陽子と三枝も林を探し、ついに林を見つけてしまいます!

達郎だと思って話しかけましたが、机から落ちた林のパスポートを見て彼が林だと知ってしまいます。

また、陽子は以前から自分の後を付けていた人物から襲われてしまいます。それは達郎の元恋人だったのです!

彼女は、達郎からひどいDVを受けていたせいで人生を狂わされ彼の姉の陽子を襲ったのでした。

自分の知らない思わぬ達郎の一面があったことを知りショックを受ける陽子。

直美の飼ってるダイスケが盗聴器に早く気づいてくれたらよかったのに!!

最悪すぎる…でも陽子も達郎のDVについて知ったしちょっとは同情してくれそうだけど…


あらすじ情報3:加奈子を捨てて逃げるなんて無理!2人の真の友情が芽生える


陽子はマンションの管理会社に問合わせて犯行が行われた金曜日の防犯カメラを見せてもらいます。

3週間が過ぎても管理会社にはデータが残っていたのです。夜中に直美と加奈子が大きな荷物を運んでいるのを見てしまいます。

加奈子は直美の家を訪れて陽子が真相に気づいてしまったこと、自分が妊娠をしてしまっているのもあり荷物になるから直美一人で逃げるように説得します。

加奈子は帰宅すると陽子が待っていました。陽子は「あなたにチャンスをあげるわ。自殺するチャンス。達郎がDVをしてたと分かれば両親も悲しむし、裁判で不利になる。だから死んでほしい」と詰め寄ります。

しかし加奈子は毅然として「私は何も知りません。達郎さんを殺していません」と言い切ります。

加奈子の動じない姿に怒りの頂点に達した陽子は「あなたには死よりも辛い現実が待っている」と捨て台詞を残して去っていきます。

翌朝逃げるための荷造りを終えた加奈子のもとへ直美がやってきます。

直美は「加奈子を捨てて逃げるなんて無理。

子どもを1人でどうやって育てるの?

私も一緒に育てる。これは運命なんだよ」と言って一緒に逃げようとします。しかし、玄関まで来た2人のもとへは刑事がやってくるのでした…

陽子の執念にはもうあっぱれとしか言えませんでした。

というか、自分の弟が義理の妹に暴力振るってるのに「両親が悲しむから」って何!?普通「愚かな弟で申し訳ない」って謝るでしょ?!どこまで自己中な兄弟なの!?

テレビを見ながら陽子の人間性まで疑ってしまいました…

まとめ


ついに警察まで登場してしまいました…でもこれは任意同行だしいざとなれば出頭拒否できるよね…?

陽子の執念で2人は捕まってしまいそうだけど、やっぱり逃げ切ってほしい!!李社長!助けて~!!

ナオミとカナコの最終回の結末を原作から予想!


ようやく、本編の原作を読み終えました。

一気に読むことができてすごく面白い内容でしたね。


このドラマの最も注目すべき点ですが、

『ナオミとカナコの注目すべき点は2人が捕まるか否か』

これに尽きるでしょう!


夫がDVで耐えられない加奈子と親がDVを働いていてそれが許せなかった直美の2人。


2人が協力して、加奈子の夫である達郎を殺害して、完全犯罪を企てますが、原作では最後の最後で中国に出国でき、捕まらずに逃げ切ることができます。

普通の小説なら少し違和感が残りますが、この「ナオミとカナコ」のこれまでの経緯を知った読者は感情移入されてしまっているので、ある種納得の展開になっているのでしょう。

ただ、テレビっ子としてはもちろん2人を応援している気持ちもありますが、「やっぱり人殺しだしなぁ…」と思ってしまいます。

そして、加奈子の身にも衝撃の事実が…


それが妊娠です。


何と、殺したはずの達郎との間に子供ができていたのです!

それはびっくりすぎやろ!

普通なら知らん土地でしかも憎き夫の子供なら生まなそうやけども…

それがびっくり、なんと加奈子は生むことを決意するんやけどね!


もう加奈子は常人には考えの及ばない領域にいってしまったのですな(ネコだけど)…


とここまでがざっくりとした原作の結末ではありますが、この後直美と加奈子がどうなったのかは詳細は描かれていません。

幸せに暮らしたのか、子どもと一緒に幸せに暮らしたのか全く語られていません。


「それが2人の今後を想像してしまうので、結末として嬉しい!」という意見も多いのですが、すごく納得感もあります。

ただし、テレビっ子が考えるにドラマはこの結末にはならないと予想しています。


というのも、この結末は小説だから成り立つのかなと!


そもそもドラマの結末は視聴者に納得感がある展開である必要があり、小説とは違い視聴者が観てよかったなぁと思わなければなりません。

しかもテレビとなれば、家族で一緒に見るので、子供にも見せられる内容でなければなりません。

当サイトでも何度もお伝えしてきましたが、ドラマは最終回の結末でそのドラマの評価が決まります。ドラマの評価を高めるためには最終回の結末で視聴者を納得させないといけないのです。

となれば、一番は「罪を犯した人は罰せられるべき」というある種の勧善懲悪が描かれるべきでしょう。

でないと、「ねぇ、ママ~。嫌いな人はナオミとカナコみたいに殺しちゃって、後は海外に逃げちゃえばOKだよね!?」みたいな会話が起こりえるはずです。

これでは、色んな人達に怒られてしまいそうで、早くもフジテレビは窮地に追い込まれてしまうのではないでしょうか。

これを回避するには、ドラマの原作と結末を変更するのが最も現実的な方向性だと思います。


つまり、ナオミとカナコがきちんと罰せられて終わりを迎える結末です。

これがドラマとして見る上では最も納得感があるのかなと考えています。

えぇー全然納得出来ないんですけど。

捕まらないほうがおもろいしな。

まぁ、ドラマなのでどうでもえんやけど!

ナオミとカナコ最終回ネタバレ

あらすじ情報1:真実を見抜いてしまった警察


直美(広末涼子)と加奈子(内田有紀)が逃亡のため、マンションから出るとそこに警察がやってきます。「何も話さないから大丈夫」という言葉を残して加奈子は警察に連れて行かれてしまいます。



警察同様そこへやってきた陽子(吉田羊)は直美にマンションとATMの防犯カメラの映像を警察に提出したことを話し、あなたたちは終わりよ、と言い放ちます。



加奈子は警察の取り調べで達郎(佐藤隆太)が元恋人にも暴力をふるっていたことを知り、警察に「あなたも旦那さんから暴力を受けていて、殺したくなったんでしょ?」と誘導尋問を受けます。更に、陽子が提出したマンションの防犯カメラに写っていた大きい荷物を運んでいる直美と加奈子について聞かれても、シラを切る加奈子。



ATMのカメラに写っていた達郎が左利きを使っていた、つまり林(佐藤隆太)が達郎の替え玉だったことも引き合いに出されて突っ込まれてしまいます。警察は今自白すると直美も含めて情状酌量で罪が軽くなると誘導します。



人を殺めてしまったんだから当然のことなのは分かるけど、どうしてもこの警察のことを好きにはなれないな…生理的に受け付けないというか…加奈子も今まで自分がどんな仕打ちを受けてきたか、カメラをつけといて録画して見せてやれば良かったのに!!でもさすが加奈子だね…達郎の暴力に比べたら警察が多少怒鳴るくらいは大したことないのかも



あらすじ情報2:2人の新たな恩人になる李社長


直美は李(高畑淳子)の元を訪れて助けを求めます。李には全てを話した直美は、加奈子を救うためにはこうするしかなかったから助けて欲しいと涙ながらに訴えます。一方で林の下には陽子と興信所の三枝(前川泰之)が訪れます。

陽子は林にこのままだと共犯になってしまうけど、真実を警察に話してくれたらあなたは利用されただけと私が証言してあげる、と交換条件を持ち出します。加奈子のいるところには李社長の手配した中国人弁護士がやってきます。



今回は任意同行だったため、加奈子はすぐに釈放されたのでした!直美と加奈子がホテルで再会することが出来て、直美が報酬の30万円を渡すと弁護士は去っていきました。李社長の家に匿われた2人は肉まんをご馳走になります。



李社長は自分たちが切り開いた自由への道のりが捕まることでなくなってしまうのは意味がない、と言い二人に上海行きの飛行機のチケットを渡します。また李社長の友人のいるところへ行きなさいとアドバイスをします。2人を家族だと言ってくれる李社長に抱きついて涙する直美と加奈子でした。



やっぱりキーマンは李社長でしたね!彼女は敵にも味方にもなると思ってましたが最後の最後で味方になってくれてよかった。そして李社長すごい情の深い人だったんだと実感しました。



あらすじ情報3:いよいよ逃亡!しかし追っ手が!


李社長が会社へ戻るとそこに陽子がやってきます。2人を匿っていることを知っている陽子は李を激しく問い詰めます。また林を不法滞在させていたこと、2人に協力すると共犯になるだけでなく会社を誰かに明け渡すことになる、と脅すのでした。

翌朝、直美と加奈子が空港へ向かおうとすると再び陽子がやってきます。「逮捕状がでればあなたたちが捕まるのも時間の問題」と言う陽子を尻目に2人はタクシーで空港へ向かいます。

一方で警察は達郎が埋められている場所を特定し、警察犬を導入し捜査が開始されます。空港に着いた2人は直美と加奈子を探す陽子の姿を見つけます。実は加奈子の携帯にGPSが仕掛けられていていたのです! …

そこへ林が現れます。林は李社長から預かった羽田から出発するチケットを2人に渡し、2人の荷物と加奈子のスマホを預かり陽子らの追っ手を攪乱しようとします。見事に林の作戦に嵌まり、そして達郎の遺体発見したとの連絡に悲しみと怒り、憎しみでいっぱいになった陽子は絶叫します。

陽子さん、迫真の演技でした。思わずテレビを食い入るように見てしまいます。吉田さんの演技の幅がまた広がりましたね。本当に家族が亡くなってしまって悔しくて涙が出てる時しかあんな声出ませんて!吉田さんの演技が凄すぎて逆に前川さんの演技が棒読みに聞こえてしまいました

あらすじ4:絶対2人を捕まえろ!!直美と加奈子とうとう捕まるのか?


羽田に到着した2人は搭乗ゲートへ向かいます。出国審査で加奈子はクリアしますが、直美は係員が交代になり、時間がかかります。

係員がジッと直美の顔を見て、いよいよ捕まるのか?となりますが、無事に通過できます。一歩遅れて陽子らが到着しますが、そこはもう搭乗中に変わっています。悔しくて崩れ落ちる陽子ですが、警察から逮捕状が届き、警察は2人を追いかけます。2人は最高の笑顔で歩いていきますが、そのうしろには追っ手がいるのでしした。…最後は陽子の意味深な笑顔と共にパトカーのサイレンの音が聞こえます…



いや、これは旦那と共に分析したのですが私は自分の願望から直美も加奈子も捕まっていないと思ってます。旦那は2人があんなに心から笑っているのはきっと上海空港にもうついたからではないかというもの。

でも旦那の見解でいくと、直美と加奈子が歩いていた最後のシーンで日本語の空港の看板があるわけないし、到着ゲートと逆方向歩いてるから搭乗ゲートを通っているということ。

警察の突撃と2人の歩いているところがどのくらいの時間差があるかにもよるかと思います。どちらにしても陽子の最後の安心したような笑顔が捕まってしまったのかな…と感じさせてしまいますが。



まとめ


最初から最後まで色々とハラハラするドラマでした。

特に達郎が死んでしまってからは2人の穴だらけの殺人計画にツッコミどころが満載過ぎて(笑)早く李社長に言ってしまっとけばよかったのに…それにしても吉田羊さん、高畑淳子さんの演技にはあっぱれでした!

見事な演技でしたね!視聴率が低かったらしいですが、このドラマに嵌った方はきっと吉田さんと高畑さんの演技に魅了された人たちだと思ってます。どのキャストさんの演技も素敵でした!

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます♪
こちらの記事はいかがだったでしょうか?よろしければこちらの記事をSNSなどで拡散して頂けると、猫ともども跳び上がるほど喜びます♪

関連するテレビ記事はこちら

    2016-05-15_001242

    今回は、99.9‐刑事専門弁護士‐で、深山に思いを寄せる(一方的に)「いとこんち」の常連客 加奈子役の岸井ゆきのさんについてまとめます。現在24歳の岸井ゆきのさん。 役の印象としては少し幼く見えたので、もっと下かと思っていましたが意外でした。 デビューは08年。志田未来さん主演のドラマ「小公女セイラ」でデビューし、その…

    isan_ica

    10月22日(木)21時スタートのテレビ朝日系ドラマ「遺産争族」。 「どこにでもいる家族の(遺産相続を巡る)愚かで赤裸々な争族物語を通して、家族とは何か?を描いていきたい。」と脚本家・井上由美子さん。 ムコ入りした「闘わない主人公」の、争う家族との向き合い方や生き方に注目したいですね! こんばんわ、テレビっ子(wit…

    ダウンロード (1)

    4月スタートの「ラブソング」(フジテレビ)。元プロミュージシャンの主人公が、ある女性との出会いで、見失った人生を取り戻すヒューマンラブストーリーだ。新人・倉光康子による型にはまらない脚本は、果たしてどんな世界を見せてくれるだろう。 放送前のあらすじ紹介 ■あらすじ 神代広平(かみしろ・こうへい)(福山雅治)は元プロミ…

    スクリーンショット 2016-04-04 6.28.27

    「半沢直樹」や「下町ロケット」など、社会派の人気ドラマを輩出してきたTBSの「日曜劇場」。 4月17日から日曜劇場で、人気アイドルグループ・嵐の松本潤主演の新ドラマ「99.9 –刑事専門弁護士-」が始まります! 今回は、「99.9」の気になるあらすじを、放送前に紹介します。 99.9%ネタバレあらすじ 「99.9」とは…

    2015-06-10_193842

    2015年1月期に放送された宮脇咲良主演のマジすか学園5ですが、いよいよ7月13日25時から日本テレビ系にて放送が決定に! こんばんわ、テレビっ子(with にゃん吉)です。 飼い猫と自宅警備をしていると、huluを見まくってしまってるのですが、マジすか学園4に何気にハマってしまっていました。 AKBメンバーの演技が…

コメントを残す

このページの先頭へ