グッドパートナーネタバレ最終回の結末あらすじ感想!/グッドパートナー10話最終話ネタバレあらすじまとめ!

○前回までのあらすじ
熱海の友人である島津勝太の親子は伊豆で旅館を経営しているが、半年前に温泉設備の爆発事故が発生した。


設備や建物の修理費用はもちろん、『爆発事故を起こした旅館』となってしまった為、経営は悪化する一方。半年経つ現在までも風評被害は続いている状態だ。


爆発事故は土井垣設備が業務を怠っていたことが原因だが、土井垣社長は責任を否認し話し合いにもまともに応じなかった。


なんとか切り盛りを踏ん張っていた家族だったが、負債は膨らむ一方。とうとう島津の父は病に倒れ、帰らぬ人となったのであった。


熱海の友人である事に加え、土井垣側の代理人が神宮寺法律事務所のライバルである岬である事から、島津の旅館『しらかぜ荘』を救うべく立ち上がった。

スポンサーリンク


グッドパートナー8話ネタバレ

○負けた?

まず法定に立ったのは夏目だった。717条を持ち出し、設備の工作物責任である土井垣に過失がある事を裁判官へ訴えた。
しかし、その意見は受け入れられたものの、経年劣化から建物の時価が下がっている事に加え休業期間中の損害額も大幅に値切る岬。

旅館は築30年たっている事も事実であり、1億4千万円請求するとした夏目の意見は棄却され、岬が訴えてきた4.5千万が採用されたのであった。
完全に負けたという訳ではないが、しらかぜ荘を救う金額には到底足りず、結果的に岬に負けた形となった。

完全に負けたと思ったが、岬は上手く切り替えてきた。示談のような恰好となったが、土井垣のビタ一文払わないという態度はどこか田舎臭く感じる。
上手くまとめようとしている岬も土井垣のチンピラのような振る舞いには手を焼いているように感じるが・・・。

○政治と金

土井垣設備の社長・土井垣茂は静岡県選出の代議士である荒木田の後援会長をしていた事が発覚した。
土井垣が過失を認めるという事は、荒木田の選挙に大きく関わってくる為、荒木田が手を回し岬がこの裁判に協力した事が伺いしれた。

現に、荒木田とその秘書、土井垣、岬は料亭で食事をしながら、今回の裁判について必ず終息させるよう岬に釘を刺していた。


正直な感想は、神宮寺のライバル・岬を伊豆の旅館と静岡の業者との裁判に引っ張り出すための口実にしか感じない。
この政治との絡みについては裁判とさほど深い絡みは無いのでは?

○選手交代!咲坂feat.猫田

咲坂は今なお続く風評被害を武器に立ち上がった。
しらかぜ荘と検索すると、一緒に爆発・事故・危険等の文字がネット上に並び、当時のニュースのURLがズラッとネット上に並ぶのだ。

しかし、営業再開後は『伊豆全体は異常気象が続いており客足が遠のいても仕方がない、異常気象が原因ではないという証拠を出せ』と岬は咲坂へ突きつけた。

咲坂は完全に煮詰まってしまい、夏目・赤星と会議を重ねるが答えは出ない。

そんなある夜、猫田が咲坂へ助け舟を出した。過去に似た案件を担当した事があるという。
『法律でダメなら統計学では?』

結婚詐欺に引っ掛ったり、業務中にお見合いサイトに問合せしたりと、この中ではずば抜けてダメ弁護士の役だが、いざという時にヒントを与えてくれる。
経験も長い為、キャラとしてはダメな役だが仕事はきっちりこなす事に出来る男を感じる。


○ついに決着

伊豆全体の旅館・ホテル・民宿・ペンション全ての客室稼働率を調査した。

昨年と今年の差を調べあげ、明らかにしらかぜ荘だけが極端に低い事を証明し、営業再開後の被害額も含め改めて請求額3億円を岬と土井垣へ提示した。

まだ判決は下されていないが、裁判官の反応や岬の様子を見るからに、勝機は咲坂にあった。
そして裁判所から、土井垣側が3億円を支払うと示談金の話があり、神宮寺法律事務所は岬&マッキンリーに勝ったのだ。

最後の盛り上がりが良かった。
島津の母の弱弱しく謙虚でありながらも主人の旅館を立て直そうという強い意志には心惹かれた。
土井垣の最後までヒールな態度には一切の交換は持てないが、彼の存在がこの話をより盛り上げたと感じる。

最終話あらすじまとめ!

○離婚に戸惑う離婚した二人


咲坂・夏目夫妻が結婚していた頃から家族ぐるみで付き合いをしていた名木夫妻。

夫・名木は飲食店の経営者で、妻・裕子は名木のお店に飾られている花のフラワーアレンジメントをしていた。


咲坂・夏目が所属する神宮寺法律事務所が名木の会社の顧問弁護士であり、担当は咲坂だった。


事務所へ一人で来た裕子は、名木の会社を辞めてフラワーアレンジメントの会社を設立しており、名木のお店でしか仕事させてくれない夫と離婚したいと相談してきた。


裕子も名木へは相談していたが独立も反対されており、従業員としてしか相手にされていない事に憤りを感じ、会社を設立し離婚届けを名木に送ったという。


離婚はすべきではないと説得する咲坂と、従業員同様に扱われ活躍の機会を失うのであれば離婚すべきと考える夏目。

正に自分たちの過去の離婚問題そのものだった。


そして夏目は裕子の顧問弁護を担当する為に退職し、以前よりヘッドハンティングを受けていたヴィーナス法律事務所へ移籍する事を決めた。



●感想

咲坂と夏目は離婚している為、裕子の相談に対しては何とも言いにくい表情が何とも言えない。


深刻なはずがどこかコミカルに感じる。


自らの離婚問題を他人の離婚裁判で決着を付けようとするストーリーは、このドラマの最終回に相応しく、冒頭から期待が膨らむ。


○裕子はなぜ企業できたのか?
裕子の企業資金は名木の会社(利益・経費)から支払われたのでは?という問題が浮上するが、裕子は否定する。
実際に裕子は夫の会社のお金には一切手をつけておらず、芸能プロデューサーを名乗る男から300万円の出資を受けていた。


しかし、その男との間には早くも確執が生じ始めていた。


美人フラワーアレンジメンターとして世に売り出そうとする男に対し、純粋にフラワーアレンジメントで自分の実力を試したいという思いの裕子。


出資する際に裕子は契約書を締結しているが、男のいう事には逆らえない内容となっており、契約書としては成立しない酷い内容のものだった。


何も分からず、ただ一人の人間として認められたい一心だった裕子は、誰にも相談しないまま男が言う通りにサインをしたという。

事情を知った咲坂と夏目は名木と裕子を仲直りさせる方向で一致団結する。


●感想

初めから離婚すると分かってて結婚する人なんで一人もいないから、本当に離婚するほどの内容なのかどうかはしっかりと見極めるべきだと思った。


裕子も夏目も意地になっていて、絶対に仕事で見返そうとするあまり強気になっていったのだろう。

ただのドラマなのに、明日は我が身とも取れるので灌漑深い。全員被害者のような顔をしているように見える。

○二人が出した答えは・・・?

夫の名木は妻を所有物のように扱っていた事を裕子に謝り、裕子もキチンと相談せず変な男を信じた事を名木に謝った。


離婚の話はもちろん無くなり、名木夫妻は円満に解決する事となった。



名木夫妻が場を去った後、その場に残った咲坂と夏目。


咲坂は弁護士バッジを外し、夫として妻であった夏目の事を尊重出来ていなかったと頭を下げた。

夏目もバッジを外し、咲坂を理解してあげられていなかった事、職場が離れて距離を置けば以前のように戻れると思うと口にした。

そして咲坂と夏目は再び一緒に暮らす事を決め、自宅で2人一緒に学校から帰宅したみずきを迎え入れた。

仕事では敵同士、弁護士バッジを外せば家族という、グッドパートナーとなりストーリーは終わる。

●感想

離婚は結婚の10倍面倒だという事が良く分かる回だった。結局離婚を諦める夫婦も少なくないって聞くし・・・。

全てが円満にいき過ぎているようにも見えるが、敵にも味方にもなる瞬間があって職業柄ハッキリ勝敗も分かれる為これからのストーリーも気になる。

以前は職場は一緒、家は別々という状態は変わったけど、前よりも複雑になったようにも見える。


次回作に勝手に期待しています!

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます♪
こちらの記事はいかがだったでしょうか?よろしければこちらの記事をSNSなどで拡散して頂けると、猫ともども跳び上がるほど喜びます♪

関連するテレビ記事はこちら

    hanasaki_icajpg

    花咲舞に東幹久が登場! こんばんわ、テレビっ子(with にゃん吉)です。 「芸能人は歯が命」の東幹久さん演じる悪徳検査官「氷室」が登場して、一悶着がありそうですね。 言いがかりを付けて、様々な支店を潰しにかかる氷室はもう女性の敵です!(プンプンです!) 今回も舞が氷室を懲らしめて、ボッコボコのケッチョンケッチョンに…

    h

    テレビ朝日系列で毎週水曜23時15分から放送されている「マツコと有吉の怒り新党」、こちらは深夜時代からテレビっ子も見てきましたが、夏目三久アナが好きでテレビっ子は毎週見ています! もちろん、有吉さんとマツコさんの絶妙なトークもありますが、何よりも夏目アナ司会ってのがテレビっ子的にはツボだったりしますね(笑)この番組は…

    2016-06-02_225432

    不機嫌な果実5話ネタバレ 子供はいないものの、結婚6年目を迎え一見幸せそうに見える水越麻也子32歳は 潔癖症でリモコンの位置やお札の向き、全てが整っていないと気が済まない夫・航一とのセックスレスに悩んでいた。 ――自分は女として、損をしているのではないか? ●感想 出だしからハラハラした展開が続いた。 航一の麻也子に対…

    zannenn_saisyu

    1月クールのドラマもいよいよ最後のドラマに・・・涙。 こんばんわ、テレビっ子(with にゃん吉)です! 『残念な夫』がいよいよ最終回になってしまい、「不思議な達成感」みたいなものと、涙がこぼれ落ちましたね・・・。(玉木さんカッコ良かったなあー) というわけで、最終回はいったいどうなったのか、テレビっ子の感想もレビュ…

    shinohara_ica

    フジテレビ水曜ドラマ22時に注目! こんばんわ、テレビっ子(with にゃん吉)です。 前クールのこの時間帯で人気だった「探偵の探偵」でしたが、10月期からは少し毛色が変わり、「オトナ女子」という女性向けのドラマがスタートします。 おそらく、番組がフジテレビであるだけに視聴率は低迷するだろうというのは当サイトでお伝え…

コメントを残す

このページの先頭へ