いつ恋月9のネタバレ!最終回までの原作あらすじ感想!ロケ地や出演者キャストまとめ!

タイトルが既に物語の最終回を予想できそうな今回の月9ドラマですが、あらすじはいったいどんな感じなのでしょうか?


最終回までのいつ恋の内容について見ていきましょう!


気になる出演者キャストの情報やロケ地情報から、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の裏側をお伝えしていきます!



月9『いつ恋』のあらすじまとめ!

■生い立ちの似ている主人公の2人

主人公の杉原音(有村架純)は母子家庭で育てられていましたが、幼い頃に母をなくして北海道にいる養父母に育てられます。


かなり貧しい生活をしていたので、いろんなことに障害がありましたがそれを何とか乗り越えながら生きてきました。


一方で曽田練(高良健吾)は、音同様に幼くして両親を亡くしてしまいます。福島に住む大好きな祖父に引き取られたのですが、練同様祖父もその真っ直ぐで純粋な性格故に農地を騙し取られてしまいます。


成長した練は、いつか農地を取り戻し農業をするために必死で働きます。


練には日向木穂子(高畑充希)という女性と交際しています。練の住むアパートに入り浸っている木穂子は、練が借金に苦労している姿をみて必死にお金を工面します。


音は普通の女の子のような感じがしますが、練の方はなんだか色々とワケありっぽいですね…


木穂子は一見いい女性のように思えますが、ちょっと情緒不安定っぽい!


■ひょんなことから2人は出会う

ある日練は、悪友の中条晴太(坂口健太郎)が北海道で盗んできた鞄の中から手紙を見つけます。そこには『音へ』と書かれていました。


真っ直ぐな性格の練はその手紙を音へ届けに北海道へ向かいます。そこで2人は出会うのでした。


気のあった2人は一緒に東京へ行くことにしますが、はぐれてしまいます。


福島で見つけた手紙を北海道へ届けに行くなんて、なんて純粋な性格なの!?練。
普通はしないでしょ~…!なんて突っ込みたくなりました。運命?の女性の音とどんな風に出会うのかが楽しみですね!

■あらすじまとめ!
一緒に東京に行くことを決意した2人がはぐれてしまい、その後再会するようですがこれで再会できるなんて本当に運命みたいですよね!


今回の月9は何だかとてもロマンチックな気がします!楽しみですね♪


いつ恋のロケ地はどこ?

今若手で1番人気の有村架純さんと高良健吾さんが出演する月9ドラマですが、今放送されているCMではどこかの田舎のような風景が流れていますね!一体どこなのでしょうか?


■北海道の苫小牧での主な撮影!

主人公の音(有村架純)が育てられた場所が北海道の田舎町だった、ということもありロケ地は苫小牧で撮られているようです。


なんと、実際に苫小牧市にあるクリーニング屋さんで有村さんを見かけたという情報も!それにしても、冬の北海道でのロケだなんて…寒すぎて辛いだろうに…


またきっとドラマの中で重要なロケーションになってくるであろう200階段でもロケが行われたそうです!


い~な~苫小牧に住んでいる方、200階段なんてめったにないから場所特定出来るし、その辺りを歩いていたらきっとキャストの方たちにも簡単に会えるんだろうなぁ…


■苫小牧に何故か山Pが出現?
有村さんたちが丁度苫小牧にいた時にジャニーズの山下くんが苫小牧にいたという目撃情報があったようです!


しかし別の撮影でいた可能性はあるかもしれませんが、このドラマに山下くんが出るという情報は入ってきていないので、きっと高良くんと見間違えたのかな…


■東京八王子市でも目撃情報が!

音と練(高良健吾)が物語の途中で上京するという内容なのもあり、実際に東京の八王子市にあるガストでも撮影が行われたそうです。


ガストなんてめっちゃ身近ですよね!上京してきたという内容なので、ガストでの撮影は音か練がアルバイトをするのでしょうか?!


放送されるのが楽しみですね♪


■ロケ地まとめ
内容に添って実際に北海道や東京でロケが行われているようですね!


噂によると北海道でのロケは終わってしまったようなので、これからは東京で撮影ということになるのでしょうか?


いろいろと移動も大変そうですが、キャストの皆さんには体調に気をつけて撮影を頑張ってほしいですね!

出演者キャスト情報まとめ!

■有村架純さん

中学3年生の時にドラマを見ていて「自分ならこう演じる」と思ったことから女優を目指すようになったそうです。

高校生の時にオーディションを受けて合格して、その1年後にドラマなどの出演が増えて行きました。

朝の連続テレビ小説「あまちゃん」では小泉今日子の若い頃を演じて人気になり、ブレイクしました。

その後映画やドラマ、声優など幅広い分野で活躍し男女ともに人気のある女優さんになりました。

中でも有名なのは『ビリギャル 学年ビリのギャルが一年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話』では、髪を金髪に染めてまるでギャルになりきっていました!


一時はジャニーズの岡本圭人さんとのツーショット写真が流出していましたが、今現在は付き合っているのか分かりませんね。

兵庫県出身の有村さんは高校の時に上京してますので、その辺はドラマの杉原音とちょっとかぶりますね。


■高良健吾さん

高校生の時に熊本の雑誌にスカウトされてモデルデビューしました。元々俳優業に興味があり、雑誌の編集長さんから紹介されて芸能界に入ります。


ドラマ『ごくせん』で俳優デビューしています。


有名なのは映画『蛇にピアス』で全身刺青に顔に15個のピアスをした少年を演じたことですね。


勿論これは特殊メイクとCGによるものだそうですが、演技にはストイックになるみたいです。


そんな高良さんの恋愛遍歴はモデルの野崎萌香さんだったようですが、今は別れたようです。


高良さんは鈍感で女性の気持ちが分からないみたいですが、そんなところもドラマの練と被っているのでしょうか?気になりますね。


■高畑充希さん

小学校から舞台女優を目指していたという高畑さん!オーディションを何度も受けましたが落ち続けていました。


しかし諦めることなく、勉強もしっかりして四天王寺中学校へ通っていたようです!しっかりしてますね!


その努力のかいもあってか中学校でオーディションに合格し、そこから本格的に女優業を開始します。

今では多々映画やドラマに出演しています。

中でも有名なのは『ごちそうさん』で披露した「焼氷有り・の唄」で見事な歌唱力で注目を集めました。


そんな高畑さん、プライベートではあの大物女優の大竹しのぶさんとご飯を食べに行く仲だそうで、そこではタメ口をきくとのこと!大した根性です(笑)

今や人気の女優さんと俳優さんがいる今回の月9がどんな風に繰り広げられるか楽しみですね!


■西島隆弘さん

西島さんは音楽グループAAAのボーカルとして主に活躍をしています。


札幌市出身の西島さんはアクターズスタジオで最初“japs”というグループを結成し、その後グループで上京します。そのあとjapsを卒業し、AAAが結成されます。


数々のヒット曲をだして今では知らない人はいないくらいですね。


俳優としても評価されていて、スポニチグランプリの新人賞を獲得するなどその実力を発揮しています。


プライベートでは三浦翔平さんと仲がいいそうです♪


イケメン同士仲良しなんですね


■森川葵さん

セブンティーン雑誌のオーディションで見事にグランプリを獲得した森川さん。数々のドラマで活躍し、最近では表参道高校合唱部で素敵な歌声を聴かせてもらいました。

またドラマだけでなくバラエティにも出演し、痛快TVスカッとジャパンでも、再現VTRに何度も登場しています。


すこし飽きっぽい性格もあり、ドラマによって坊主にしたり金髪にしたりエクステをつけてロングにしたりしていますが、本人はいたって満足しているそうです。

Hey!Say!JUMPの知念侑李くんとの交際情報も入ってきていますが(ドラマで共演していたので)これといった証拠写真は取られていないようです…

小顔で可愛らしい葵さんなので、これからもいろんな番組で活躍しそうですね!


■坂口健太郎さん

坂口さんはメンズノンノの専属モデルとして活躍しています。映画“シャンティデイズ365日、幸せな呼吸”で俳優デビューします。

母の影響もあり読書が趣味で司馬遼太郎の本なども読んでいるそうです。知的な感じも素敵ですね

そんな坂口さんの理想のタイプは、適当で自由に生きている自分を余裕をもってコントロールしてくれる女性=年上女性だそうです。

こんなイケメンな彼氏がいたら、余裕をもってコントロールだなんてなかなか大変そうですけどね(笑)


■出演者キャストまとめ

キャストが若い方ばかりということもあり、すでに打ち解けている様子の月9出演者の方々。

そんな和やかな雰囲気の中で作られるドラマもきっと素敵なものでしょうね!

1話あらすじと感想!


あらすじ情報1:クリーニング屋のカードから出会えた音と練


母を幼くして亡くした音(有村架純)は、北海道の養父母によって育てられていました。また一方で練(高良健吾)は古いアパートで木穂子(高畑充希)とともに暮らしていました。木穂子を見送った後練のアパートには悪友の晴太(坂口健太郎)がやってきます。そこで晴太の盗んできた鞄の中に「音へ」と書かれた手紙を見つけた練はトラックで北海道へ向かいます。クリーニング屋のカードの住所を辿って音に会えた練ですが、音は手紙を捨てておいてと言います。実は音は資産家の白井(安田顕)と無理やり結婚させられそうになっていたのです。

クリーニング屋のカードから2人が会えるなんてまるで運命みたいですね!余談ですが柄本さん、本当に名悪役っぷりです!


あらすじ情報2 養父母の決めた人と諦めて結婚を決意する音


その夜に再び出会った音と練は、この町が本当はダム建設により沈むはずだったという話をします。町が嫌いな音はダムで沈んでしまえば良かったのにと言います。家に帰った音は養父に今まで育ててくれた恩返しをしたいけれど結婚は好きな人としたいと、白井との結婚を断ります。それを聞いた養父は激怒!そんな中養母の病状が悪化し、練によって病院へ連れていきます。養母を病院へ搬送してくれたお礼に音は練にファミレスで食事をご馳走します。そこで2人は恋愛話をしたりします。音は「白井さんと結婚することに決めた」と練に誓うのでした。

亡き母の代わりに育ててくれた養父母に恩返しをしたいけれど結婚は好きな人としたいっていう音ちゃんの切ない気持が伝わってきて、見ているこっちまで苦しくなってきました!音ちゃんの強いようで弱い部分が見えたシーンでした


あらすじ情報3 家を飛び出して上京する音と練


音が帰宅をすると、白井が音が浮気をしていると誤解し、それを養父に伝えます。怒った養父は母の遺骨を捨ててしまい音はショックを受けます。

そんな音に逃げるように伝える養母。音は荷物も持たず家を飛び出します。そこで現れた練にトラックに乗せてもらった音。

練が捨てられずに取っておいた音の母の手紙を読み涙します。練と共に東京に着いた音は友人の働く居酒屋を探して戻ってきますが、練の姿はなくなっていました。

バイトをしながら音は、練といつか会えるのを待っているのでした。。

音ちゃんが家を飛び出した時に偶然通りかかった練がまるで王子様にみえちゃいました!それにしても練、急にいなくなりすぎ!


1話まとめ


練も音も今まで辛い生活をしていたけど、強く生きていたんだなぁって実感しました!

2人がぜひすぐに会えることを期待しています!

2話あらすじと感想!

あらすじ情報1:練と音のその後の様子


練(高良健吾)は出勤前に一人暮らしの静江(八千代薫)の家に立ち寄り手伝いをすることが日課になっていた。そんな練はデザイナーになるために上京してきた幼馴染の小夏(森川葵)と久々の再会を果たし、音(有村架純)とはぐれてしまってました。音は上京してすぐに介護施設で働いていました。同僚の玲美(永野芽郁)のプライベートの悩みから代わって毎日遅くまで働いていました。2人は実は近くに住んでいたのにすれ違ってばかり…そんな時、練は同僚の左引(高橋一生)が天地無用の荷物を逆に置いたせいで壊れてしまったビンテージのステレオを破損した弁償代を肩代わりさせられていました。

練が優しいのは確かに魅力的だけど、優し過ぎてちょっと頼り無さすぎ!もっと強く言っていいのに!


あらすじ情報2 練と木穂子の関係


忙しい毎日を送っていた音はある日、老人たちが集まっているところでバスケットをして遊んでいる朝陽(西島隆弘)を見つけ注意します。

そんな音を気に入った朝陽はひつこく絡んできますが音は拒否します。

一方で練のアパートには木穂子(高畑充希)がやってきます。実は木穂子は不倫をしていて、不倫相手が奥さんとの間に二人目の子どもを作っていたことにショックをうけて練に甘えていたのでした。

練は職場で左引から腕立て300回できたら弁償は自分がすると聞き、開始します。

そこへ社長が帰ってきて木穂子が代わりに弁償したことを聞きます。木穂子に会った練は必ず返すことを約束したのでした。

木穂子も練も若さからくる弱さみたいなのがあるのかな~って思った。

木穂子は練のことが好きなのかと思ったらそうではないみたいだし、練も好きではないみたいだし…

あらすじ情報3 やっと再会できた音と練


音は帰宅中に捨てられた犬を発見します。その犬は飼い主から放置され練が餌をあげていた犬でした。

犬がいなくなったことを知り練は探します。

犬の鳴き声を聞いた練は、犬を抱えて座り込んでいる音を発見するのでした。

練に会えた音は嬉しそうに微笑み、練に背負ってもらい静江の家にいきます。そこで実家に電話をかけ涙ぐむレンの姿をみて思わず音も涙ぐむでした…

翌朝練の名前と連絡先が書かれた紙を静江から受け取った音は出勤します。

そこで朝陽が認知症患者へのケアをしようと熱心に語りかける姿をみて以外に思うのでした。

音ちゃんはてっきり練一筋だと思っていたけど、もしかして朝陽とくっつくフラグもあるのかな?


2話まとめ

第2話にしてやっと出会えた音と練。

テレビを見ながら2人がすれ違うところを見て早く出会ってほしいと何度も祈ってました!

また練の生い立ちについてもいろんなシーンがありましたね…

優しいけど練にはもうちょっと強くなって欲しいなと思いました。


3話あらすじと感想!

あらすじ情報1:木穂子は不倫していた。


木穂子(高畑充希)は不倫をしながらも練(高良健吾)のためにお金を渡したり家具をそろえたりします。そんな練と木穂子に偶然夜勤明けの音(有村架純)が会います。

練は木穂子を彼女だと説明して去っていきます。そしてそのあとに改めて練は木穂子に告白するのでしたが、木穂子はありがとうとだけ伝えます。


小夏(森川葵)は晴太(坂口健太郎)の勧めもあり社長とカラオケをするだけでお金がもらえるバイトをするようになります。


女性目線だと普通に考えたら木穂子は練の優しさを利用する嫌な女ですが、なんだかワケありっぽくてそんな気持ちには不思議となれませんでした。


あらすじ情報2:波長の合う2人

木穂子をデートに誘った練でしたが木穂子はやってきません。音は御曹司の朝陽(西島隆弘)が職場のやり方に納得出来ず憤りを感じている姿に見直しています。

介護施設で幼稚園児によるイベントを楽しみにしていた老人たちが作ったプレゼントを園に回って届けようとする音に出会った練はそれを手伝うことにします。


そこで木穂子が見知らぬ男性とタクシーに乗り込む姿を見つけて思わず練の目線をそらさせます。

プレゼントを配り終えた2人はピアノリサイタルを会場外で楽しみます。


そこで身の上話や偶然にも二人が同じアングルで撮っていた花の写真を見せ合い微笑みあうのでした。

練と音のふたりのやりとりが可愛くて思わず癒されてしまいました♪本当にお似合いのカップルです!


あらすじ情報3:木穂子の本当の姿を知った練

練が木穂子のために用意したプラネタリウムのチケットを見た音は、優柔不断な練にイライラして「引越し屋さんのことが好き」とキスをします。

そんな中練の元に病院から連絡が入ります。木穂子が不倫相手から突き飛ばされてしまい、頭を打ったのです!

練は、木穂子は広告代理店に勤めておらず会社の事務仕事をしていることなどの事実をメールで知ります。

練から告白され真剣に付き合うことを決意した木穂子は不倫相手に別れ話をするために会ったのですが逆に突き飛ばされてしまったのです。

ストレッチャーに乗せられている木穂子を見て優しく呼びかける練。その頃音は朝陽が書いた記事を見つけてこっそり手元にしまいます。


木穂子のメールには切ない気持が込められていて思わず泣きそうになってしまいました。音にも幸せになってほしいけど木穂子にも幸せになってほしい!


3話まとめ

木穂子の思わぬ真実を知ってしまい、木穂子にも幸せになってほしいと思ってしまいました。


誰と誰の恋を応援していいのやら…

4話あらすじと感想!


あらすじ情報1:真剣交際を決意した練と木穂子。音のことを拒絶する練。


木穂子(高畑充希)はしばらく実家に帰ることになります。そこでお互いの想いを再確認した練(高良健吾)と木穂子は真剣に付き合うことにします。

一方で練はバスで声をかける音(有村架純)を無視して冷たい態度をとります。


音は施設で重労働をしているせいでバス停で寝てしまいます。偶然居合わせた練は音を施設まで送り届けたあとに立ち去ってしまいます。


朝陽(西島隆弘)はそんな音を心配し、労働環境を整えるように経営者の父・征二郎(小日向文世)に交渉しますが拒絶されます。

朝陽は暖房器具を音にあげて家に送り届けます。

練、あんなに最初音と楽しそうにしてたのに急に無視するなんてひどいよ…このシーンだけを見てると全然朝陽の方がいい人に見えるよ


あらすじ情報2:好きで好きでどうしようもなかった…!練の告白


体調の戻った音が出勤をしてその帰り道、バス停で大泣きの赤ちゃんを抱っこするお母さんと出会います。


赤ちゃんを庇ってバスに乗った音ですが、バスが急停止した拍子に下着をばら撒いてしまいます。


乗客の男性たちはそれを見て写メを撮ったり冷やかしたり…またまたバスに乗っていた練もこれを無視できず下着を拾って音を助けます。

バスを降りた練と音は静江ばあちゃんちに行って洗濯をさせてもらい、という練の言葉をうけておばあちゃんの家に行きます。


そこで練は手作りのたこ焼きを振る舞います。そこで練は音のことを好きだと告げます。でもそれを諦めなくてはいけない、明日からまた冷たくします。

ごめんなさいと続けます。



下着をぶちまけて写メ撮る男性には嫌気が差したけど、音もせめてポーチに入れるとかすればよかったのに…


練、木穂子のことを思って音のことを諦めようとしてるんだろうけど木穂子のこと傷つけてるよ~それ!


あらすじ情報3:思わぬ四角関係…


練との食事の後の帰り道、音は木穂子とスレ違います。その後ろ姿に思わず涙がこぼれてしまいます。

一方で小夏(森川葵)はモデルへスカウトされますが、話を聞いてみるとマンションの契約だったのです!

逃げようとする小夏ですが、怖いお兄さんたちに囲まれてしまいます!

そこへ晴太(坂口健太郎)がやってきて代わりに殴られます。屋上へ逃げた2人。

小夏は「晴太のこと好きじゃないよ」と言いますが晴太は「分かってるよ。


小夏ちゃんが僕と一緒にいてくれたら好きな人を小夏ちゃんの物にしてあげる」といってキスをします。

小夏の好きな人って…エェ!?練だったの?全然気付かなかったわ…何だか練はモテモテですね…


4話まとめ


正直練にちょっとがっかりしてしまいました。

かなり優柔不断なような…もし付き合えても彼女が苦労しそうだし…さて来週で一章が終わるみたいです。

章に分かれてるなんて思いもしませんでしたが、それは思わぬどんでん返しがあるってことかな?

5話あらすじと感想!


あらすじ情報1:小夏の恋を叶えるために‥・晴太の作戦とは…?


音(有村架純)は朝陽(西島隆弘)に呼び出され星空を眺めます。そこで朝陽に告白されますが、「一度好きになった人を簡単に好きになくならない」と断る音。


心の中にはまだ練(高良健吾)がいるのでした。一方で晴太(坂口健太郎)に髪を切ってもらっていた小夏(森川葵)は晴太との会話の中で練が地元に帰りたくなるようにすれば小夏の初恋が実ると聞きます。


ある日の仕事帰りのバスの中で音は練と木穂子(高畑充希)に会います。社交辞令を交わして帰りますが音は2人の後ろ姿をいつまでも見送っていたのでした。


練が木穂子と帰宅すると小夏と晴太が来ていました。そこで小夏は練に祖父が転んで怪我をしたと嘘をつきます。そこで練に故郷に帰らせようとしたのです。


晴太は策士だなぁ…小夏も練を騙して恋人になったとしても本当に幸せになれると思ってるのかな?


音ちゃんが何だか1番かわいそう


あらすじ情報2:みんなが嘘をついている!小夏の悲しい訴え


音は今の職場の契約の更新がされないという話を聞きショックを受けます。朝陽が慰めますが何だか急に投げやりになってしまいます。


練は祖父が心配で仕事を休みたいと社長の嘉美(松田美由紀)に掛け合いますが聞き入れてもらえません。

その晩静江(八千草薫)の家に行くと犬の散歩に行っていた音に会います。練の祖父のことを聞いた音は帰った方がいいと呟きます。練は帰ることを決意したのでした。


翌日音は仕事の契約が延長されたことを聞き喜びます。しかしそれは朝陽が研修を代わりにしていたからだと聞き、洗車の手伝いをします。


その晩静江の家に行くとちょうど練と木穂子に会いました。静江も含めてみんなで芋煮の準備をします。料理が出来上がった頃、小夏と晴太もやってきます。


そこで晴太は木穂子が不倫していたことを離してしまい場の空気を悪くします。話をそらそうとした音にも、小夏が「好きなら好きって言えば」と食って掛かります。


音が何も言えず黙っていると今度は木穂子に…木穂子自身が本当は練が音を好きなことを知っていて付き合っていることを責め始めます。


好きよ、を泣きながら連発する小夏を静江が慰めて晴太は帰ってしまいます。


何だか可愛そうだと思うけど、小夏はやりすぎ!なんでも正直に生きればいいってものじゃないのに…みんなある程度自分や人に嘘つきながら生きてることだってあるのに…

晴太と小夏はこのシーンで本当に最低だと思ってしまいました。


あらすじ情報3:それぞれのこれから…


静江の家を後にしたそれぞれ。


練は木穂子に伝言を残しアパートを出ます。そこでアパートの窓のサッシに音が書いてくれた介護のやり方が書いてあるノートを見つけ、切ない気持ちになります。


田舎へ帰った練は祖父とともに生きていくことを誓います。音は静江の家で「練を好きになって良かった。いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう。」と言います。


それから5年後、音は同じ職場に勤めていました。


おじいちゃんと練のやりとりは前回のシーンが修羅場だっただけにほっこりとしました。


それにしても小夏!田舎にまで練追いかけてきて、怖すぎ!もうただのストーカーじゃん!そりゃ練だって冷たくあしらうに決まってるじゃん!


5話まとめ


これで第一章が終わりました。次は第二章ですが、練がとんでもなく変身していてびっくりしました!何だか取り立て屋みたいになってる~!!

じいちゃんと一緒にクラスっていってた練はもういないの?おじいちゃんがまた騙されたからグレちゃったのかな?気になる最後でした。

6話あらすじと感想!


あらすじ情報1:あれから5年後。それぞれの変化


音(有村架純)は介護福祉士の資格を取り、同じ職場で働いていました。帰宅中に久しぶりに静江(八千草薫)の家を訪れると木穂子(高畑充希)がいました。久しぶりの再会に喜ぶ2人。会話の中でお互いに練ではない別の人と付き合っていることを知ります。そんな中木穂子が練に電話をしてみますが、別の人の携帯になっていて繋がりません。朝陽(西島隆弘)は本社で派遣登録業務をしていました。また朝陽は音と付き合っていてお洒落なレストランに誘いプロポーズをしようとしますが、音の同僚の悩みを聞くことになりそれは叶いませんでした。友達の悩みを聞いた代わりに音をアニバーサリーパーティに誘うのでした。

音と木穂子が変わらずに仲良しで良かった。練の取り合いで気まずくなったであろう2人がこんなにも打ち解けて話ができるのはそれだけ時間が経ったってことだね


あらすじ情報2:練は東京にいる!?練の行方を探す音


音は仕事帰りに練が働いていた柿谷運送のトラックを見かけます。


元同僚の加持(森岡龍)に導かれ社長の嘉美(松田美由紀)に会った音は佐引(高橋一生)なら練の行方を知っているかもと言われ佐引に会います。

佐引から練の祖父が亡くなり練は東京にいることを聞いた音は練が今働いている会社の名刺を渡されます。そこはブラック企業だったのです!


朝陽は音の同僚の悩みを兄の和馬(福士誠治)に相談しますが、和馬は今の部署を異動しようとしていることを聞きます。


和馬は父の企業を買収したり潰したりして自分の会社を大きくしているやり方が気に入らなかったのです。


父に呼び出された朝陽は和馬を辞めさせるように持ちかけられます。

今の練の姿を見てショックを受ける音が見たくなくてすごく複雑!でも音のチカラで練を変えて欲しいと思う。佐引さんは変わってしまった練と接触あったのかな?あるなら練を止めてほしかった


あらすじ情報3:嬉しくない再会


朝陽からパーティに遅れるかもという連絡をもらった音は練のいる会社へ行きます。


いかにも怪しい雰囲気の会社…ためらった音は引換しますが帰り道の途中で練に会います。


音に気づかず足早に歩く練を呼び2人は再会します。音を会社の事務所に導いた練はとても冷たく何の用ですか?と音に聞きます。


音は木穂子と会ったことなど世間話をして空気を紛らわせますが練は早く帰って欲しいという合図でドアを開けて待っています。


音が諦めて帰ろうとしたその時、いきなりガラスが割れます。なんと石が投げ込まれたのです!練は音を庇い様子を見ながら裏口から帰って欲しいと促します。


音はそこで用なんかない、会いたいからきたと練に思いを伝えます。


しかし練はあんたには分からない、もう違うんだと言い突き放します。音を追い出した練のもとへ隣の部屋から小夏(森川葵)がやってきて急に泣き出します。


事務所に帰ってきた晴太(坂口健太郎)は一生小夏の世話をするのか?と練に聞きます。一方家に帰った音はやってきた朝陽を迎え入れそこでプロポーズを受けます。

練が音と会っても変わらないのはきっとそれだけ辛い過去がこの5年間にあったのかな?って思う。朝陽くんにプロポーズされて戸惑ってるけどそれはまだ練のことが好きだからだよ~!って言いたい!


6話まとめ


小夏を抱きしめる練を見て、きっとあの後小夏をスカウトしてくれたマネージャーさんが小夏の弱みを握って脅してるのかな?って思った。


小夏…弱すぎるよ…小夏のことは晴太に任せて練は音ちゃんと幸せになってほしい!

7話あらすじと感想!


あらすじ情報1:練の5年で起こった出来事


音(有村架純)は朝陽(西島隆弘)からプロポーズされ、婚約指輪を嵌められそうになり思わず手を引いてしまいます。朝陽はそんな音の微妙な気持ちを察知して音の気持が固まるまで待つと言います。


そこで音は練(高良健吾)に会ったことを話し、彼を助けたいと言います。朝陽はそれを快諾します。


その後音は練の元同僚の佐引(高橋一生)に会い練の祖父が震災によって荒れた畑によって人が変わり、練のことも忘れてしまって盗人と罵るようになり後に亡くなってしまったことを聞きます。


練はそれを全て受け止め傷ついてしまったのでした。音はその後練のもとへ行き、ブラック企業の正体と練の祖父は練のことを恨んでいないことを言いますが、練の心を逆なでしてしまいます。

音ちゃんが朝陽に練に会いにいくって言ってるけど朝陽はそれを承諾していいの!?ホントに音ちゃんのこと好きなの?!って疑ってしまいました。

佐引さん、5年もの間に丸くなってる気がする。


あらすじ情報2:変わり始めた練


練は祖父の遺品のパジャマを音に見せ、自分に遺言も残さずに1人で死んでしまったと言いながらゴミ箱に捨ててしまいます。


練は小夏(森川葵)の専門学校の学費を工面していました。


5年前自分に会いに来た小夏を追い返してしまったことを後悔していたのです。一方で音は練の祖父のパジャマを洗濯し、染み抜きをしてアイロンをかけます。


朝陽は会いに来た和馬(福士誠治)に朝陽が潰した会社で何人の人が路頭に迷うか、という問いに新しい就職先を紹介しようか、と冷たく言い放ちます。


事務所にいた練は、やってきた男性に家族写真が入っていた漫画を返そうとします。


しかし男性は階段を登りながら逃げて行きます。ついに追いついた練をその男性は突き落としてしまいます。低賃金で働かされたことへの恨みからでした。

漫画を返そうと走っている練を見て、昔の優しい練を思い出しました。ブラック練から少しずつ昔の練に戻って言ってるのかな?


あらすじ情報3:すれ違う音と朝陽


朝陽は父の征二郎(小日向文世)に結婚したい人がいると音のことを言います。また音に会いに行きますが結婚の返事がもらえません。


音は朝陽と結婚して贅沢な生活をするよりも、東京にきて初めて手に入れた部屋や今の生活を失いたくないと言います。そんな音に朝陽は練に会いに行ったことを引き合いに出し話し出します。

「本当は昔好きだった男の元へは行って欲しくなかった。なんで会いに行くことを言うの」と悲しく言います。


こればかりは朝陽が言うことが最もだと思う。誰だって自分の恋人が好きだった人のところへ会いにいくのはいい気持ちしないし、むしろ黙っててほしいと思うな


あらすじ情報4 祖父の本当の気持ちを読み解く音と練


音は練に祖父のパジャマを返しに向かいます。そこでポケットにいくつかのレシートが入っていたことを伝え内容を話していきます。


全てを読み終わり音は「おじいちゃん、怒ったり恨んだりばかりだけではなかったのではないか?」と練に伝えます。

練も祖父がお酒を2本買う時は畑に種をまく時でレシートからそんな状況を思い浮かべて涙が出ます。



練の会社がまた新たに不正しながら客を雇おうとしていた時に、練は彼にお金を渡しながら実家に帰るように諭します。


また隣に座っていた晴太(坂口健太郎)とともに仕事を辞めることを決意します。翌日練は静江(八千草薫)の家へ行き枯れかけた花の手入れを音と一緒にします。

音ちゃんのレシート読み上げるシーンも涙が出ましたが静江さんの「無事でよかった…生きている自分を責めちゃだめよ」という言葉が心に響いて涙が出ました。

7話まとめ

練が音に再び好意を寄せているのが伝わってくる最後のシーンをみて音は練とくっつくのかな?なんて思ったけど、優しい音が朝陽だけ不幸にできるとは思えないから両方とも別れちゃうのかなって思いました。


来週が楽しみ!!

8話あらすじと感想!


あらすじ情報1:すれ違う音と練、朝陽の思い


木穂子(高畑充希)は音(有村架純)の家を訪れて、一緒に食事をします。そこで彼氏にプロポーズをされたらすぐに快諾しないとダメだとアドバイスをします。

練(高良健吾)は小夏(森川葵)とともに静江(八千草薫)の家に居候をさせてもらいます。また柿谷運送に再び勤め始めます。帰宅中に偶然出会った音と練は静江の家に行きゆっくり話をすることに…


そこで音は朝陽(西島隆弘)からプロポーズをされたことを練に話します。表面上は嬉しそうな2人ですが内心は複雑でした。


小夏は専門学校の時の友達にブランドを立ちあげ、晴太(坂口健太郎)に練に頼るのをやめたほうがいいと言われショックでふさぎ込みます。


また夜勤をしている音の元へ朝陽がやってきます。2人の思い出であるかつての入所者のことを話しますが、朝陽はすっかり忘れてしまっていてショックをうけます。


そんな音へ朝陽は父との会食についての話をすすめるのでした

音ちゃんから朝陽からプロポーズをされていると知った時の練のショックな顔が、やっぱ音ちゃんのことをまだ好きなんだと実感させられました。それにしても朝陽は完全にお父さんのことしかみえてないんだね…


あらすじ情報2:征二郎からも結婚を勧められる音


音は朝陽の父、征二郎(小日向文世)との顔合わせをします。朝陽は音のことを大学に合格した、父は市役所に勤務している、などと嘘をつきますが、朝陽が席を外した時に征二郎に問い詰められ音は本当の生い立ちのことを話します。


征二郎は「貧しい人は心が強い、君のようなひとは大歓迎。すぐ結婚しなさい」と言います。やがて会食を終えると音はその場を離れます。


心配になった朝陽は静江の家に行きますがそこには練しかいません。思わず「あなたが帰ってくるまでは上手くいっていたんだ」と練に言います。

音は入所者さんの元へ訪れていて自分が誰を好きなのか悩んでいることを話すのでした。

ここのお父さんのセリフが一見受け入れているかのようだけれど、実はすごい刺を感じてしまいました。音ちゃんもそれを感じ取って握手をしなかったんじゃないかな…


あらすじ情報3:あなたが好きです!ついに音に告白した練


音が自宅に帰ると練が家の前で待っていました。部屋に練をあげた音は練と好きなものの話をして盛り上がります。ここでも価値観が合う2人。練がその日が誕生日ということもありケーキを食べながら音が福引きで1等のテレビゲームを当てたことを話します。音はテレビもないことから結局3等の吊り下げハンガーにしたことをみんなからもったいないと共感してもらえなかったことを練に話しますが練はそれを間違っていないと伝えます。練が自分の数少ない理解者だと分かった音は、母が亡くなった空がとても綺麗だったことを練に話します。練は音へ告白をします。そこへ朝陽がやってくるのでした!

もともと練と音は価値観があっているな~って思ってたからこの2人が付き合うと絶対に幸せになれると思ったのに、音ちゃん…なんですぐに私もって返事しないんだろう…


まとめ

音ちゃんも練のことは好きだけど、優しすぎて朝陽を裏切れなさそう…

なんだかこのままいくと両方を振ってしまいそう…

9話あらすじと感想!


あらすじ情報1:音と練の再会は出会うべくして出会った運命


練(高良健吾)が音(有村架純)に告白をした直後に朝陽(西島隆弘)がやってきます。朝陽は練がまるでいないかのように音に話しかけ、練はそれから逃げるように家を去ります。朝陽が静江(八千草薫)の家に戻るとそこへ朝日がやってきます。そこで手切れ金を渡すから音と関わるな、という話をしますがそれを盗み聞きしていた小夏(森川葵)の「練の好きという気持ちをなめんな!」という強い言葉から去っていきます。またある日小夏の母と電話で話をしていた練は祖父が育てていた大根が収穫時期を迎えたので獲りにこないかという誘いを受けます。またちょうどその時に木穂子(高畑充希)がやってきます。木穂子は練が音に自分の気持ちを伝えたことを知り「2人は運命なんだよ。優しいと優し過ぎるは違うよ」と言って練を励まします。

小夏が朝陽にバシっと一言言ったシーンでは大分スッキリしました。性格変わりましたね♪また木穂子も木穂子らしい柔らかい表現で練を励ましていていいなぁと思いました。

あらすじ情報2:揺れ動く音の心


練は音に「会いたいです」とメールをします。音も「私も会いたい」と書きかけて書き直し「今はまだ会えません」とメールをします。練は声が聴きたくなって電話をかけます。電話の会話の中で音に会津へ帰ることを伝え一緒に行かないかと誘います。でもその答えに関して音は上手くはぐらかして答えを出さず電話を切ってしまいます。一方で朝陽は記者時代にお世話になった弁護士に企業買収の件を押し切られてしまい、上手く行きません。父の征二郎(小日向文世)に早く結婚して女房に尻を叩かれればやる気が出るだろう、と言われてしまいます。音と会った朝陽は「僕のしている仕事は真面目に働いている人のクビを切る仕事だけれどもう好きだった昔の頃の自分には戻れない。音ちゃんの前では笑顔でいるから一緒にいてほしい」という覚悟を話します。それに対して深く考える音。帰り道、迷子の子どもに優しく話しかける練の姿を見かけて音は何かを決意したのでした。

いやー!最後の音ちゃんの顔、絶対練をふるって顔してた!!でももしそうしたら結果的に誰も幸せになれないこと、音ちゃんは気づかないのかな?

あらすじ情報3


音は練に19時に会う約束をします。木穂子に会った音は練と別れてくることを話します。2人の思いを知っている木穂子はそれを止めますが、音は2年付き合っている朝陽を裏切れない、練ならそれを分かってくれる。といい譲りません。音は練との待ち合わせ場所へ向かう途中でキョロキョロと辺りを見回す女の子と出会います。話をきくと奈良から出てきたその子はひったくりにあって困っていたとのこと。その子から助けてくれたブレスレットを受け取っていた時にひったくりに遭遇します。騒ぎを聞きつけた周りの人たちが引ったくりを追いかけて階段へ!音もそれについていきます。練はなかなか来ない音に電話をかけて、音に幸せになってほしいと留守電を残します。その時、ひったくりを捕まえた男性の腕が当たってしまい、音は歩道橋の階段から落ちてしまうのでした!

シーンが階段だったからまさか、落ちるのかな…なんて思ったけどホントに落ちてしまうなんて…!よりにもよって練との待ち合わせでなんでこんなことになっちゃうの!?

まとめ

来週の予告でも音ちゃんが出てるシーンがなかったってことは、死んでしまったってこと!?そんなの絶対いや!どうか無事でいて、そして練と結ばれてほしいと心から思います。

最終回あらすじと感想!


あらすじ情報1:事故に遭いつつも目を覚ます音

 
木穂子(高畑充希)は音(有村架純)が運ばれた病院へ練(高良健吾)と急いで向かいます。するとそこには朝陽(西島隆弘)がすでにいたのです。

命に別状はないと聞きホッとしますが、そこへひったくりをされた女の子がやってきて、捕まった子はひったくりをしていないからその証言をしてほしいと願い出ます。

しかし朝陽は今それどころじゃないと声を荒らげてしまいます。女の子を励ましている間に朝陽は音が自分と練のどちらを選ぶつもりだったのか、と不安な様子で木穂子に聞きますが、木穂子は朝陽を選ぶつもりだったと答えます。翌朝音は目を覚まし、それを聞いた練はその場を立ち去ります。音は自分のことよりもひったくりを疑われている男の子を心配します。そんな音に木穂子は練が証言に行ったと話します。

なんか練はさすがだな~って感じでした。まるで音ちゃんが何をしてほしいかがわかるかのように判断して動いてますよね。

価値観が一緒ってこういうことをいうのかな?


あらすじ情報2:朝陽とついに別れる音


音は無事に退院して自宅に戻ると朝陽に別れを切り出されます。僕は君のことを好きじゃないと言う朝陽。

音の母への手紙を読んだ朝陽は音の本当の思いを知り、身を引いたのでした。涙が止まらない音の元へ電話がかかってきます。

一方、小夏(森川葵)は晴太(坂口健太郎)に「私は晴太を受け入れる」と告げます。晴太はそこで小夏が好きと告白をします。

練は音を訪ねて職場に行きますが、音は退職していました。何と養父がなくなり、養母の世話のため帰ったのです。

また朝陽とも別れたことを聞きます。ちょっと前音は引越しの準備をしながら母への手紙を破り捨てていました。

練は音の家を訪ねますが、そこには何もありません。連絡をしますが冷たく練をあしらって電話を切ろうとする音。

そんな音に練は「あのファミレスで待ってます」と北海道で食事をしたファミレスでの待ち合わせを取り付けます

朝陽、思ったよりもあっさりと身を引いてびっくりしてしまいました。

ずっと粘るのかなとも思ってたけど…まぁそれだけ音ちゃんの練への気持ちが書いてある手紙に心を動かされたってことかな


あらすじ情報3:やっと思いが通じた2人


翌日練の待つファミレスに音がやってきます。音はまたまた冷たい反応で練に接します。しかし、思い出のハンバーグを注文してからは表情も戻って楽しそうな音。

そんな音に練は「また会いに来ます」と告げます。でも音は養母を一人には出来ないこと、朝陽にも申し訳ないからここで暮らすと告げます。

そしてその後に練に告白をします。また練も振り出しに戻ったわけじゃないし自分は音のことが好きだと告げます。

雪の降る中、2人はトラックへ手を繋いで向かいます。そしてそこでキス。音の道案内を聞き「近道?」と聞く練に「遠回り」と笑顔で返す音なのでした

2人がめでたく結ばれてよかったと思います。

正直最初の音ちゃんの態度見てたら自分勝手さに腹が立ちましたけど、それも寂しい気持ちと断ち切らなきゃという覚悟からだったんですね♪何はともあれ2人が幸せになれてよかった

まとめ

個人的には木穂子が大好きだったので、木穂子のその後をしてほしいかなと思います。

最後はプロポーズされてましたけど、結婚したあととか…

朝陽がちょっと可愛そうだけど朝陽にもちゃんと幸せになってほしい!!

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます♪
こちらの記事はいかがだったでしょうか?よろしければこちらの記事をSNSなどで拡散して頂けると、猫ともども跳び上がるほど喜びます♪

関連するテレビ記事はこちら

    ica_watashi

    カズオ・イシグロさんの衝撃傑作とも言われているイギリスでのベストセラーになった『わたしを離さないで』。 その衝撃的な内容に一言では言い表せない結末が待ち受けているようです。 最終回の結末までの内容をお届けしていきます。 出演者キャスト情報! まずは、ドラマのキャストを紹介したいと思います 保科恭子(綾瀬はるか・子ども時…

    hotel_2waicajpg

    ホテルコンシェルジュとして一生懸命働き始めた天野塔子。 先輩コンシェルジュや上司からは移動してほしいと思われつつもなんとか仕事をこなす毎日。 そんななか近隣のホテルがスキッパーの被害にあっていると報告が。(スキッパーとは高額な飲食などをするも料金を払わず無銭飲食をする人たちのことである。) その対策として美穂子はホテ…

    naomijpg

    木曜22時からフジテレビ系列で放送される 恋愛王道の『オトナ女子』が終わり、サスペンスのようなドラマのナオミとカナコ。 気になる最終回までの展開や、出演者の情報についても見ていきましょう! 出演者キャスト情報 まず、その豪華なキャスト陣を紹介します! ■小田直美(広末涼子) 百貨店の外商部でバリバリのキャリアウーマンと…

    ダウンロード (1)

    4月スタートの「ラブソング」(フジテレビ)。元プロミュージシャンの主人公が、ある女性との出会いで、見失った人生を取り戻すヒューマンラブストーリーだ。新人・倉光康子による型にはまらない脚本は、果たしてどんな世界を見せてくれるだろう。 放送前のあらすじ紹介 ■あらすじ 神代広平(かみしろ・こうへい)(福山雅治)は元プロミ…

    image1

    2016年7月からの新ドラマ「時をかける少女」は11日より毎週土曜日21時から日本テレビにて放送開始。 初回は20分拡大放送です! 時をかける少女と言えば知らない人はいないほどの有名な作品ですよね。 今まで幾度となく映像化や舞台化などがされてきました。 原作は小説ですが、アニメ映画版を観てハマっている人も多いはず。 …

コメントを残す

このページの先頭へ