逃げるは恥だが役に立つネタバレ最終回あらすじキャスト情報まとめ!

●あらすじ

主人公の森山みくりは、大学生で就職活動をしていましたが、就職に失敗してしまったため大学院に行きます。

大学院を卒業し終えた後も何とか派遣社員として働いていましたが、派遣切りに会い無職になってしまいます。

そんなみくりを見かねた父が、元部下の津崎のところへ家事代行の仕事をしないかと言ってきます。

みくりは承諾しますが、津崎は小難しい性格で今までの代行サービススタッフとはうまくやってこられませんでした。

しかし、みくりとは距離感も上手に保つことが出来てやっていけそうでした。また具合の悪くなった津崎を介抱したりして津崎も心を開くように…

そんな中実家の父母が夢だった田舎暮らしをすることになり、一緒についてくるかこちらに残るかで悩んだみくりは津崎に偽装結婚をもちかけるのでした。
スポンサーリンク

●出演者キャスト


・森山みくり(新垣結衣)

就職をなかなか実現できない優等生のみくり役に新垣結衣さん。今までも実写化されたドラマで活躍をされていてその演技力はかなり評価を得ている新垣さん。


きっとこのドラマでもその完成度の高い演技を見せてくれるに違いありません

・津崎平匡(星野源)

 真面目で仕事人間な津崎役には星野源さん。星野源さんと言えば、ヒット曲を多く連発してファンもたくさんいることで有名ですが俳優としての活躍はまだあまり見られませんね。あれだけ歌も上手いことですし演技もきっと上手なのではないでしょうか。歌っている以外の星野さんが見れるなんて楽しみですね

・風見涼太(大谷亮平)

 津崎のイケメン後輩でこれから津崎とみくりに大きく関係してくる風見役には大谷亮平さん。イケメンっていうだけでも女子を潤わせてくれますよね

・日野秀司(藤井隆)

 津崎の同僚で家庭をとても大事にしている日野役には藤井隆さん。プライベートでも家庭を大事にしていそうだし、まさにハマり役ですね!

・田中安恵(真野恵里菜)

 みくりの友達の元ヤンキーの安恵役には真野恵里菜さん。可愛らしいイメージですが元ヤンってことで、どんな役をされるのか期待です

・梅原ナツキ(成田凌)

 百合の部下でこれまたイケメンのナツキ役には成田凌さん。物静かな雰囲気がミステリアスな雰囲気を作られていて素敵です

・堀内柚(山賀琴子)

 仕事と恋を頑張る素敵女子を演じられるのは山賀琴子さん

・竹中道彦(高橋洋)
・渡辺一馬(葉山奨之)
・茉菜(古畑星夏)
・森山ちがや(細田善彦)
・森山葵(高山侑子)
・山さん(古舘寛治)
・津崎宗八(モロ師岡)
・津崎知佳(高橋ひとみ)
・森山栃男(宇梶剛士)

 みくりの父親役を演じられるのは宇梶さん。最近ではドラマにバラエティに引っ張りだこですね!

・森山桜(富田靖子)

 みくりの母で栃男とラブラブ夫婦を演じられるのは富田靖子さん

・沼田頼綱(古田新太)

 津崎の同僚でやたらみくりと津崎を詮索してくるゲイの沼田役を演じられるのは古田新太さん。何だかこういった役はとても上手に演じられますよね、古田さん。

・土屋百合(石田ゆり子)

 仕事に打ち込んでいるうちに結婚を逃してしまった百合役には石田ゆり子さん。素敵なアラフィフ女子です

●まとめ

漫画が原作とあってたくさんの方が結末を知っておられるかと思いますが、もしかしたらドラマでは大どんでん返しがあるのかも!?

たくさんの豪華キャストがいらっしゃるのでドラマでも盛り上がること間違いなしですね!

第2話『逃げるは恥だが役に立つ』あらすじ&感想

あらすじ情報1:偽装結婚がバレないようにするための結婚式をしないという嘘…


正式に契約結婚をして主婦として津崎(星野源)に雇われたみくり(新垣結衣)は、

周囲にバレないようにするために注意をしたいところだけれど、結婚式を挙げることは避けたいと考えます。

そのことをどう解決するかというところで、森山家と津崎家の双方の顔合わせを行うことに…

その場には双方の両親だけでなく百合(石田ゆり子)やみくりの兄のちがや(細田善彦)までいます。

“結婚式をしない”という2人に戸惑う両家でしたが、百合の機転により2人の思いが尊重されることになります。

しかし、みくりも平匡も両親の結婚という思いの重さをを知り、ちょっと罪悪感を覚えるみくりですが、平匡は偽装でも結婚ということで両親を安心させることができたことを話します。

そこでハンガリーのことわざである『逃げるは恥だが役に立つ』の意味を話し出すのでした。

思ったよりも森山家も津崎家も結婚を強要する家じゃなくてよかったと思います。普通の親だと結婚式って強要しますよね、

それを両家ともどもあっさりというか。それよりも顔合わせの時ですら、まるで仕事のプレゼンをしているようでした、津崎さん(笑)

あらすじ情報2:突然訪れた契約結婚のピンチ!


両家顔合わせでの最初の試練を2人で乗り越えたみくりと平匡。距離を詰めたように見えた2人でしたが、深入りはしないでいい距離感を保っています。

平匡は会社で新婚生活について問いただされます。そこで勘の鋭い沼田(古田新太)は「恋をしているオーラ」がないと言い出します。追い込まれた平匡は日野(藤井隆)ら一家を家に呼ぶことになります。日野らが家に来ることをみくりに話し、当日日野を迎えに行った平匡は沼田と風見(大谷亮平)がやってきてることに驚きます。実は日野の息子が熱を出してしまい来れなくなったため、沼田らに行ってもらうことになったのでした。平匡は急いで自宅に帰りみくりと怪しいものは隠しました。まもなく沼田らが来訪してきて、おもてなしをするのでした。

なんだかんだで2人の雰囲気がバッチリ合ってるってことですね。お互い充実した毎日を送っているのであれば事実婚もありなのかなぁと思いました。

あらすじ情報2:距離の近づく2人


夕食後、風見はみくりに自分の結婚観を話します。そこで自分の深層心理を見抜いたみくりに風見は何やら怪しい目論見をします。そんな時、突然の豪雨により交通手段がすべてなくなってしまいます。


やむおえなく2人を泊めることになったので焦る平匡。沼田がゲイで風見に手を出してしまうかもしれないということに考慮して、男3人でリビングに寝ることに。

先に寝てしまった津崎に、沼田が風見に手を出すかもしれないという思いはバレていることを話します。それを聞いた平匡は自分が知らない間にどれだけの人を傷つけてしまったのか、と考えます。

ようやく2人が帰り、夕食をみくりと2人で食べていた平匡はみくりの“昨晩は眠れなかった”という言葉に昨晩自分が考えたことを話、何でも話してほしいと言い始めます。

コーヒーの飲み過ぎで眠れなかったという言葉に安心する平匡ですが、実はみくりは平匡のベットで寝ているとき平匡の匂いがしてまるで包まれているかのような気持ちになり眠れなかったのでした。

その日の夜、みくりは自分の布団で安心して眠れるのですが、平匡の布団のシーツを洗濯し忘れていたのでみくりの匂いを嗅いで平匡は眠れなかったのでした。。

眠れない平匡が何だか可愛かったですね。2人とも恋のはじまりのようです(笑)まぁガッキーが寝たベットで寝る男性ってみんなそんな気持ちになるのかもしれませんが

2話まとめ

今回も笑いながら見させてもらいました。沼田さんがいい味出してますよね…そしてその勘の鋭さにはあっぱれです!沼田さんには偽装結婚があっさりとばれてしまいそうですが。そして何よりもガッキーの恋ダンスが本当に可愛くて思わず何度も見てしまいました。

来週もとても楽しみです


第3話『逃げるは恥だが役に立つ』最終回までのあらすじ&感想

あらすじ情報1:みくりのことが急に気になり始めた平匡


みくり(新垣結衣)が自分の布団で寝たことでみくりの匂いが気になりゆっくり休めなくなってしまった津崎(星野源)。みくりが何を話しても会話が続かず目を逸らされてしまいます。

戸惑うみくりですが、津崎は2LDKの家に引っ越そうと言い出します。また恋人が出来た時のために雇用契約条件に新たな条約を付けることを話し出します。

一方で津崎の同僚の沼田(古田新太)と風見(大谷亮平)は津崎は実は結婚していないのでは?と疑うようになりました。また日野(藤井隆)はそれぞれの一家でぶどう狩りに行こうと言い出します。


みくりは友達とお弁当ランチ中に平匡の母から電話がかかってきます。そこで実は平匡が今まで勉強ばかりで彼女がいなかったことを聞き衝撃を受けます。

沼田さんと風見さんはさすがですね!というか2話にして関係がバレてしまうなんて今後の2人は大丈夫なのか不安になりました。平匡のかたくなな態度が何だかとても可愛く感じてしまったのは私だけでしょうか?


あらすじ情報2:平匡と距離が広がる一方で風見と距離の縮まるみくり


みくりが新しい炊飯器を買って帰る途中で風見に会います。意気投合した2人は楽しそうに話しながら津崎の家を目指します。

一方で平匡は残業をしながらみくりに対する態度を今後どうしたらいいのか考えていました。

そこで開き直って彼氏になったつもりで擬似恋愛を楽しむくらいの気持ちで接することを考えつきます。


家に帰った平匡はみくりが風見に会ったことを話し始め、それを途中で制止するように言います。

みくりは平匡が自分との会話に久しぶりに同調してくれたのが嬉しかっただけなのですが、平匡は彼氏気分で聞いているといたたまれなくなっただけなのでした。

百合(石田ゆり子)から日曜にドライブの誘いが入った一方で、部屋から出てきた平匡は日野からぶどう狩りに誘われたことを話し、一緒に行ってくれるようにみくりに頼みます。

了承するみくりなのでした。

ん~確かに美男美女でみくりと風見が隣に並ぶとお似合いな気もしますが性格的にはみくりは平匡の方が合っているような気がしました。

平匡、みくりのこといよいよ気になり始めてますね‥・それは恋だってこと、早く気づいてほしいなぁ


あらすじ情報3:何だか違和感…2人の心に芽生えた恋心?


土曜日にみくりと平匡は新しい物件巡りをしますが、妥協の出来ない平匡はなかなか決められません。そんな平匡にみくりは自分の存在が邪魔なのでは?


と言い始めますが平匡はそれを否定します。その時日野から電話がかかってきて、子どもがまた熱が出たためぶどう狩りに行けなくなったことを聞きます。

そこで次の日には代わりに沼田と風見がやってきます。百合もやってきてみんなでぶどう狩りをすることに…

結婚生活をまるでビジネストークをするように話す2人に違和感を感じている百合ですが、沼田はそれをフォローします。

ぶどう狩りの合間で風見の話で盛り上がっていると、平匡はどんどん劣等感に苛まれて行きます。ぶどう狩りのあとにお寺でのんびりしている沼田、風見、百合。


みくりは平匡を探しに行きます。風見はみくりと平匡の出会いが家事代行サービスの仕事をしたことだと知ると、何かを感づき始めたのです。みくりと平匡は本堂をゆっくり見て回ります。


そこで平匡は風見をカッコイイと褒めますが、みくりは平匡の方が好きだと話します。

そこで平匡はみくりが別の人と結婚しても週に何日か家事代行をしてほしいと話すのでした。

その言葉に喜ぶみくりでしたが何かが引っかかってしました。

それを山に向かって叫んでスッキリしたみくりはみんなにも進めます。平匡はみくりの言葉が乾いた心に染み込んでいったことが嬉しくてそれを叫んでいたのでした。

平匡が叫んでいる姿がとても可愛らしかったです。それとカッコイイと自分の気になっている子が別の人を褒めているのって劣等感湧いてきますよね、分かる、わかると思いながら見ていました。


あらすじ情報4:平匡と風見でみくりをシェア?!


月曜日、ちょっとだけまた距離の縮まったみくりと平匡は嬉しそうに朝ごはんを食べています。そして百合は朝会社に行く前に風見に会います。

そこで部下に以前カフェで会ったひどい男だと聞き、初めて風見のやっかいさに気づくのでした

風見は平匡にみくりと平匡が契約結婚だったことに気付いたことを話します。街で歩いているみくりに偶然会った風見はみくりのシェアについて話します。

平匡から何も聞いていなかったみくりは驚いて固まってしまうのでした。

あ~あ、気づかれちゃった…もっとうまく嘘つけたのに。みくりがどう決断するのでしょうか、わたし的にもみくりには風見さんのところにはいってほしくないけど


○まとめ

風見さんにバレてしまったってことは百合ちゃんや沼田さんに2人の契約結婚のことがバレるのも時間の問題そう…

風見さん、確かにいい人そうだけど本当にいい人ならみくりをシェアしようなんて言わないと思うし、2人のことを見守っていると思う。

津崎さん、早く止めて欲しい!

第4話『逃げるは恥だが役に立つ』最終回までのあらすじ&感想

あらすじ情報1:ついに契約結婚がバレてしまい、提案されたのはシェア!?


平匡(星野源)とみくり(新垣結衣)が契約結婚をしていることが風見(大谷亮平)にバレてしまい仕方なく契約結婚の内容を話します。

それを理想だと褒めた風見は、みくりを週一でいいからシェアさせてほしい、と提案します。みくりにそのことを話そうとする平匡でしたがなかなか言い出せずにいます。


実はみくりは街で偶然風見に会い、そのことを聞いていたのですが平匡から言い出されるのを待っていたのです!


そんな時、みくりは歯医者で治療のためにお金が必要になったことと津崎家の家計簿が赤字になってしまったので自分のお金で建て替えるようとしていました。


そのことが平匡に伝わり「困ったことは何でも話して欲しい」と言います。そこで「シェアとはなんのことですか?」と問います。そこで平匡は改めてみくりにシェアのことを話します。


どうするかはみくりの自由だという平匡の言葉に、お金の必要なみくりは風見家の家事代行サービスに行くことにしたのでした。

みくりになかなかシェアのことが言い出せない平匡さんの気持ちがちょっとわかる気がしました。


前回からの気持ちも引きずっているんでしょうけど、やっぱりみくりを取られたくないって思ってるんでしょうね


あらすじ情報2:みくりと風見の距離が近くなることに不安になる平匡


週2回風見の家に行くことになったみくり。しかし平匡は風見の話を津崎家では話さないで欲しいと言います。


そして前回同様、またもみくりとの間に壁を作ってしまうのでした。


みくりもそのことはすぐに分かり、平匡の気持ちを汲んで無理に話そうとはしませんでしたが、色々と話したいことがありウズウズしてしまいます。


そして別の話の流れで恋愛経験のことを深く突っ込んで聞いてしまうと、平匡は詮索されるのは嫌いだと拒否をします。


会社へ行っても風見がみくりのことを楽しそうに話をするのでイライラしてしまいます。


まるで好きな女性にたいする嫉妬のような気持ちに途方に暮れてしまう平匡でしたが、

そんな苦しい思いをするなら手放してしまったほうがいいのではないかという考えにたどり着きます。

あぁ~この辺の気持ちもすごく共感出来ます。みくりの見解通り平匡は自分に自信が極端にないから不安になるのでしょうね。


これ以上今の感情に振り回されるならいっそ手放してしまう方がいい、というところには本当に共感できました。


あらすじ情報3:平匡の予想を裏切るみくりからの告白!


そしてついに風見と立場を交代してもいい、と言い出した平匡。


怒らせてしまったと落ち込むみくりは、大学時代の交際相手にこっ酷くフラれてしまった記憶を思い出し、自己嫌悪してしまいます。


心理学を専攻していただけに、就職難に陥ってしまった彼を心理学的に励まそうとして小賢しいと言われてしまったのでした。


その晩、風見家で家事をしていたみくりの元に、残業をするから晩ご飯はいらないという平匡からのメールが入ります。


ちょうどそこへ風見も帰ってきて、晩御飯を一緒に食べるよう誘われます。


いろんなことを風見に話せて、受け入れてくれる風見に「いっそこちらに飛び込んでしまいたい」と考えるみくり。


平匡が家に帰ると契約結婚の契約書を握り締めたみくりが立っていました。

いよいよ自分の元をみくりが離れてしまうことを覚悟して席に着く平匡。


みくりは恋人を作ろうと思う、だけど契約書に書かれている世間体を考えた付き合いをすることは難しいからそれをクリアにするためには平匡さんがいいと思う。


付き合ってください。と大真面目に言います。思いもよらないみくりからの告白に挙動不審になる平匡なのでした。

ん~これってみくりは平匡のことを好きだから付き合いたいっていうのとはちょっと違うような…


ただ恋人が作りたいだけのような発言ですね。でも前回は平匡さんが一番好きと言っているし、恋心も多少はあるのでしょうけれど


まとめ

なんだか本当に思いもよらない展開でびっくりしました。


平匡がみくりへの恋心に気づいて告白するのかと思っていたので、みくりからのこんな唐突な告白があるとは思いも寄りませんでした。


それにしても風見さんが何げにみくり押しなのにみくりは気づかないのですね…


第5話『逃げるは恥だが役に立つ』最終回までのあらすじ&感想

あらすじ情報1:恋人になってハグをする!?戸惑う平匡に追い詰めるみくり


平匡(星野源)に恋人になって欲しいと言ったみくり(新垣結衣)。そう言った原因として平匡の自尊感情の低さによりぎくしゃくしてしまうことにあったのでした。

拒否をする平匡にスキンシップ、ハグをするのはどうかと提案します。

業務時間外にハグをすることによりお互いを癒して、恋人のおいしいところだけをもらいたいというみくりにパニックになり何も言えなくなる平匡。

ある日風見(大谷亮平)の家事代行で朝訪れていたとき、風見に忘れものを届けている姿を百合(石田ゆり子)が見ていたのでした。

仕事中の平匡はハグが理解できずに悩んでいます。

そこでみくりが自分のことを好きなのかもしれないという考えになり思わずにやけてしまいますが、自分は抱き枕のような都合のいい男なのだと言い聞かせます。


百合は風見に会いにいき、みくりのことを聞こうとしますが上手く逃げられてしまいます。


そして風見は平匡を捕まえて事情を話します。

一方で百合はみくりに電話して問い詰めますが、2人の会話はかみ合いません。そこへ平匡が帰ってきて出来事を話します。

みくりは自分の働きやすさのために平匡に恋人という提案をしたのですね!

みくりが他の男の人と話しているのをみてイチイチ落ち込む平匡をみてそう思ってしまう気持ちはわからなくもないですが、突拍子なさすぎるというか…

いよいよ百合ちゃんにもバレてしまうのかな!?


あらすじ情報2:ハグの日を決めるみくりと平匡


平匡とみくりは話し合い、風見にバレたのも沼田(古田新太)に色々と感づかれているのも自分たちに夫婦らしい雰囲気がないからだという結論が出ます。


みくりはいよいよ平匡とハグをしてみますが、照れてしまいすぐに離れてしまいます。動揺するみくりに平匡は無表情で夕食を食べ進めます。


一方で百合の件は大丈夫かと会社で平匡に問う風見ですが、平匡は大丈夫だからそのままにしておいてほしいと言います。


そんな2人を見て再び何かを考える沼田。自宅に戻った平匡はみくりにハグをするなら日を決めた方がいいと提案します。


そしてハグの日は粗大ゴミの日と同じ火曜日ということになりました。みくりが自宅に帰ると百合が待っていました。


みくりと風見が不倫をしていると勘違いをしていて慌てる百合に風見の家に家事代行をしに行っているだけ、と真実を伝えるみくり。


それを平匡も知っていて了承していると知ると百合は激怒し、平匡を呼ぶように言います。


みくりの「粗大ゴミの日と同じで覚えやすい」と言った一言が思わず笑ってしまいました。

ハグの日が粗大ゴミと同じだなんて(笑)この時点でみくりに恋心がないのは伝わってきますね


あらすじ情報3:百合が襲来!!ピンチを免れる津崎家


仕事が終わり自宅に帰った平匡ですが、百合は疲れて寝てしまっていました。みくりは家の前で平匡を待っていて、ハグをして親密感を出そうとします。


その時ちょうど百合がベランダに出てきたので2人はハグをしている姿を見せようとします。

しかし、百合はコンタクトを外していて2人が見えていないのでした。平匡は事情を話しようとしますが、眠くて辛いという百合は自宅へ帰ります。


百合が帰ったあとももう一度ハグを試みようとするみくりと平匡。翌日休日出勤した百合は風見に会い、みくりのことを好きだと聞きまたイライラし始めます。



百合のオフィス前の芝生でわざわざイチャイチャする姿を見せようとやってきた平匡とみくり。

百合ちゃんもなかなか小難しい人なのですね、平匡にとったら小姑そのものです…そんな百合に対し心配する平匡は結婚相手としてふさわしいのかも!?


あらすじ情報4:ハグで縮まる2人の距離


ピクニックにきた2人はピクニックの思い出を話します。


そこで自分の苦いピクニックの思い出を話す平匡、

そこで母の誕生日が今日だったことを思い出しみくりにも言われて電話をかけます。


ちょうどそのころみくりも安恵(真野恵里菜)から着信があったことに気づき電話をかけ直しています。


なんと安恵は離婚届を出してきた後でなかなかみくりに言い出せなかったというのです。


自分は間違っているのか、と泣き出す安恵に間違っていないし、いつでも味方だと説得するみくり。


平匡に安恵が離婚したことを告げると、平匡は自分の母が離婚しなかったのは自分のためだけじゃなかったのかもと話します。


母はピクニックのお弁当作りに失敗したあとに父にそばを食べさせてもらったのだと嬉しそうに話した、と言います。


そこで百合のことを思い出した2人、百合に本当のことを言おうとするみくりにそれだと苦しむのは百合さんになってしまうから自分たちで嘘を背負わなくてはならないのでは?


という平匡。それに感激したみくりは平匡の許可をとり抱きつきます。平匡はぎこちなくみくりの頭を撫でるのでした。


そんな2人を見て百合が笑っているのでした。事態を丸く収めて、自宅に戻った2人は瓦そばを2人で作って食べるのでした。


みくりはそれを楽しいと噛み締めるのでした。

平匡のぎこちなくみくりを撫でる姿が可愛らしかったですね。


そしてやっさん、いつもチャラチャラしているイメージがあってあんまり好きではなかったですが辛い思いをして頑張っているなぁと感じました。

これからも頑張って欲しいと思います


まとめ

最後に瓦そばを一つの皿から2人で食べている姿を見て、ますます2人の距離が縮まったことを感じました。


みくりが最後楽しさと幸せを感じているようですが、きっとそれは平匡さんも一緒だと思います。


早く2人がカップルになる姿がみたいです!


第6話『逃げるは恥だが役に立つ』あらすじ&感想

あらすじ情報1:突然やってきた“新婚旅行”ならぬ“社員旅行”


ハグ効果もあり、2人の間にあった距離が縮まりまるで本当の恋人のような雰囲気になりつつあった平匡(星野源)とみくり(新垣結衣)。


近くに寄られるのが嫌だった平匡でしたが、最近では2人で並んでソファに座り紅茶を飲むまでに…


ちょうどその頃百合(石田ゆり子)が会社でパワハラとセクハラ疑惑を持たれていて怒り心頭で津崎家にやってきます。


実は百合は2人のためにクレジットカードで貯めたポイントを宿泊旅行券と交換して“新婚旅行”としてプレゼントしたのでした。


断ろうとする2人でしたが言いくるめられてしまい、受け取ることに…平匡は夜2人同じ部屋で寝ることに心配をしています。


そんな平匡を見て日野(藤井隆)は何やら思いついた様子、一方でみくりも安恵(真野恵里菜)に旅行のことを話しますが、

下着を新しいものにしたほうがいいとアドバイスを受けます。


そんなのいらないと答えますが…

百合ちゃん、本当に2人のことを心配していたのですね…本当になんていい伯母さんなんだろう…やっさんの子どもの蝶ちゃんが本当に可愛くて癒されます。


御飯を食べているときの笑顔が本当に可愛かったです


あらすじ情報2:日野からの思わぬプレゼント


旅行を楽しんでいる2人。いざ旅館に着き、部屋に案内してもらうとそこには予約していないダブルベッドの部屋だったのです!


なんと百合ちゃんが旅館からの電話でツインをダブルベッドに変えてしまっていたのでした…

何とかツインでお願いする2人でしたが、空いている部屋はないとのこと…旅館の人に文句もつけない平匡をみて感動するみくり。

諦めて部屋に戻ろうとしていたときみくりは高校の時の元彼のカヲル(小柳友)が彼女といて旅館にクレームをつけている姿を見つけます。

部屋に帰ってきた2人、平匡は日野からのプレゼントを開けてみるとそれはなんとマムシエキスだったのです。慌てて隠す平匡。


うっかり足を滑らせて転びそうになるみくりを助け、なんと2人は平匡が覆い被さる形で倒れてしまいます。


部屋の空調が壊れていたため、キャンセルで空いた部屋に通されますがそこもダブルベッドだったのでした。

平匡がお風呂に入っている時にうっかりカバンから出てきたマムシドリンクを見つけて夜をちょっと期待するみくりなのでした…

マムシドリンクのフシは本当に面白くて笑ってしまいまいした。

平匡さん、運動神経が良すぎです(笑)動きがすごく機敏でした。


でもみくりが元カレと平匡さんを比べる理由がなんとなくわかります。

女の子は特にそうゆうところを見ますよね、店員さんにケチつける彼氏なんて本当に最低です。


あらすじ情報3:諦めようとしていた時の突然のキス


夜になり、2人は同じベッドに寝ようとしますが平匡は寝付くことができず一人で畳で寝ることにしたのでした。そんな平匡にがっかりするみくり。


翌日機嫌よく起きた平匡に対し、みくりは悶悶としていました。契約結婚も恋人もハグも全部自分からの提案に疲れてしまったのでした。


2人で朝食を食べているとカヲルたちがやってきます。カヲルは平匡にみくりの高校時代の口うるさかったことなどを話しますが、

平匡は何も言わずに去ってしまいます。ますますがっかりするみくり。帰りの電車の中平匡からいつも何もないことに疲れてしまったみくりは一人涙してしまいます。


一方で平匡も手を繋ぎたい気持ちがあったのですが、拒否されるのが怖くて何もできずにいます。『あとひと駅・・・永遠に着かなければいいのに…』


2人同じことを思っていますが、とうとう駅に着いてしまいます。その時降りようとするみくりの手を握り平匡はキスをするのでした…

カヲル登場で過去の話をされていたときに、平匡さんが何も言わなかったのは私もどうかと思いました。


「今は違うよ」とかみくりの顔を立ててあげることをどうしてしてあげなかったのか…あとで理由は分かりましたが、でも女心としてはあそこで一言言って欲しかったですよね。


みくり本当に頑張ってるなって思います。

このまま何もなく駅に着いてしまったら私も平匡さんはやめたほうがいいと思いましたが、突然のキスでちょっと2人の関係が変わるかな?

まとめ


平匡さんがあまりにも奥手すぎてちょっと先が不安になりましたが、最後のキスが展開を変えそうですね!また理屈っぽく何か言って逃げていくのかな?

風見さんがみくりのことを本気で好きだったっぽかったのは驚きでした。


百合ちゃんと本当にお似合いだし2人がくっつけばいいのにと思いました。


第7話『逃げるは恥だが役に立つ』最終回までのあらすじ&感想


あらすじ情報1:キスの理由は…?悩むみくりとすれ違う平匡


旅行の帰りに平匡(星野源)にキスをされたみくり(新垣結衣)。しかしその後はキスのことにはまったく触れずに完全にスルーされてしまいます。


火曜日のハグも仕方なくしているように見えてみくりはがっかりしてしまいます。風見(大谷亮平)の家で家事代行をしている時にその難しさを相談すると、不意に風見はみくりを抱き寄せます。「ドキドキしますか?」という問いにかわされてしまいます。


そのことを百合(石田ゆり子)とランチをして話す風見。何だか息の合う2人なのでした。

平匡は昼ご飯を日野(藤井隆)としているときにみくりの誕生日が1ヶ月過ぎていることを思い出します。


その会話に入ってきた風見はみくりに気があるアピールをして平匡を焦らせて楽しみます。

平匡は百合や風見にみくりのプレゼントを渡したかどうかリサーチをして自分だけが気付かなかったことにショックを受けます。

平匡さんがキスよりも誕生日を忘れていた事にショックをうけて考えているのに笑ってしまいました。

結局なんだかんだでみくりのことを常に考えているのは分かるのですが(笑)とことんすれ違ってしまう二人なのですね…


あらすじ情報2:キスの慰謝料!?平匡の気持ちを探るみくり


平匡はみくりの誕生日プレゼントを探しにデパートに探しに行ったり、みくりの好きなものを好きなのか実家に電話をかけたりしましたが結局有力な情報は得られず帰ってきてしまいます。


結局賞与という形で現金をプレゼントするのでした。


それに対してみくりは、これはキスの慰謝料なのか!?と疑ってしまいます。部屋に戻ってしまったみくりは平匡にキスのことを聞こうとしますが、直接聞けずに結局メールで聞くことにします。それに対してびっくりした平匡はなかなか返信できず悩んでしまいます。なかなか返信が返ってこず寝ようとしていたみくりの元に平匡から「雇用主として不適切な行為でした、すみませんでした」としか返しません。

それに対してみくりは「謝らなくていいです」と返信すると、謝らなくていいのか?と有頂天になる平匡。

「一方的で許されない行為だったと思い深く反省しています」との返事に対しみくりは「社員旅行としてはセクハラでアウトですが、恋人同士のスキンシップとしてアリなのではないか?」と返します。それに対しても嬉しくてにやけてしまう平匡。

「ありがとうございます。これからもよろしくお願いします」という平匡からの返信に「こちらからもよろしくお願いします。末永く」と打つのでした。

津崎は嬉しく床に就くことができましたがみくりは嬉しいながらもちょっと複雑な感情を抱えていました。

みくりと平匡さんのメールのやり取りが会社の仕事のようでじれったすぎる!

平匡さんも素直に「みくりが可愛くてキスしたかったんだ」と言えば円満に解決するのに…なぜここに来て意地はっちゃうんだろう…

さすがプロの独身といえばそうなのかもしれませんが


あらすじ情報3:何とか伝えた自分の気持ちを拒否する平匡


翌日出勤の前にハグをして残業で遅くなるから先に寝ていてほしいと言って出勤してしまう平匡。そんな平匡に胸キュンして思わず床に倒れ込んでしまうみくり。

胸キュンは平匡もしていて、思わず床に倒れ込んでしまいます。

みくりは二度目のキスを待っていましたが、それは平匡も一緒でキスのタイミング20の法則をネットで調べて見ていたのでした。


ある夜にワインで乾杯をしていた2人ですが、みくりは雇用関係以上を目指して自分の気持ちを伝えようとしましたが、それが言えず平匡の肩にもたれかかります。


平匡はそれに緊張してしまいますが、みくりを抱き寄せてキスをします。


それに対し「私は平匡さんとそういうことをしてもいいですよ」と言いますが、平匡はみくりを引き離して「そういうことがしたいんじゃありません。僕には無理です」と言ってしまいます。みくりも慌てて離れてしまいますが、拒絶されたことがショックで手が震えてしまいます。そして家を出る決心をするのでした。

据え膳食わぬは男の恥とはこのことだなと深く感じました。平匡さん、なにやってんの?!

あまりの奥手に可愛いと思うこともありますが、ちょっとうんざりしてしまいました。みくりがかわいそうすぎるよ…

○まとめ


次はみくりが津崎家を出ていってしまうみたいですが、平匡さんもこのまま心のシャッターを下ろさずにみくりを迎えに行って欲しいよ…


少なくてもみくりが自分に気があることがわかっているのだからちょっと押さないとね!

第8話『逃げるは恥だが役に立つ』最終回までのあらすじ&感想

あらすじ情報1:ここから逃げ出せるのなら!みくり初めての職務放棄!


平匡(星野源)との恋の進展を狙ったけれど、見事に拒絶されてしまったみくり(新垣結衣)。

一見普通に接して気にしていないように振る舞いますが、内心は恥ずかしさと後悔でいっぱいだったのです。

そして急に家を飛び出していってしまったのでした。平匡のお昼がお弁当でないことに気にかかっていた風見(大谷亮平)は飲みのときに百合(石田ゆり子)にそのことを話します。

百合がみくりに電話をかけて事情を聞こうとしても、今は帰れない、の一点張り。実はみくりは母の桜(富田靖子)が骨折をしたため実家に帰ってきていたのです。


兄のちがや(細田善彦)から連絡が怪我の連絡が入り、みくりは平匡のためにご飯やアイロンかけなど準備を万端にして家出をしたのでした。


実家では洗濯を立て続けに失敗して桜に何度も怒られて肩身の狭い栃男(宇梶剛士)。

いやいや、みくりの気持ちは分かりますよ…あんな拒否のされ方したら誰だって恥ずかしさから顔を見るのも嫌になっちゃいますよね…

平匡さんも本当にひどい‥・

仲の良い夫婦だと思っていた森山夫妻でしたが、意外と奥さんの尻に惹かれていたんですね栃男さん


あらすじ情報2:風見の過去の恋から相手の気持ちを考える大切さに気づく平匡


みくりは平匡のところへ戻る勇気はなく、いっそ田舎で暮らそうかと考え始めます。

そして仕事は同い年の市議会議員のポスターを見つけてそれを考えるようになります。


家にかえると安恵(真野恵里菜)や兄夫婦も駆けつけているのでした。そこで家事と育児の両立の難しさを女同士で語り合います。


一方で沼田(古田新太)は自分の勤めている会社の経営が怪しくなっていることを突き止めて社長を問い詰めます。


その晩、日野(藤井隆)、風見、沼田と飲みに行った平匡はそこで風見の挑発に珍しく反抗してしまいます。「自分と風見さんは違うんです」と言い放ち酔いつぶれてしまうのでした。


そこで百合に迎えに来てもらい、風見はその車中で自分の過去の恋を話し始めます。


昔、高校の時に付き合っていた彼女が地味な子だったこと、そしてその一方で自分はモテていたことから彼女が風見と自分は釣り合わない、と風見を振ってしまったことを話します。風見自身が悪いわけではないのに、彼女の都合でフラれてしまい、自分のことを見てくれていなかったことをどうしたらよかったのか…それを平匡は後ろで黙って聞いているのでした。

風見さんも平匡がワザとイヤな気持ちになるように発破かけてるのが分かって私もムッとしてしまいました。


きっと風見なりに2人を後押ししたんでしょうけど…違うかな?風見さんの恋の話、私はその彼女の気持ちがすごくわかる気がします。相手がかっこよすぎると付き合うのって謙遜してしまいますよね…

風見さんも気の毒だけど、彼女だってきっと苦しかったのでは?


あらすじ情報3:失敗しても大丈夫!2人の気持ちが再び通じ合う


家に帰った平匡は冷蔵庫の中にみくりが平匡のために作ったご飯に一言ひとことメッセージが添えられていることに気がつきます。

みくりが一体どんな気持ちでこれを作ったのか、自分のことばかりでみくりの気持ちを全然考えていなかったことに気がつきます。


そしてみくりに電話をかけて、自分が今まで女性経験がないから失敗したらどうしよう、

そして年下の女性にリードされるのは情けないという気持ちから自分のことばかり考えていてみくりのことをかんがえていなかった、と素直に打ち明けます。


みくりも、実家の方にいることを考えたけれど市議会議員のように他の道もあるのだから、失敗してもいいやという気持ちになれたことから平匡の待つ家に帰ってきていたのでした。


しかしそれを知らなかった平匡はみくりの実家の近くまで来ていて、栃男に歓迎されてしまいなかなか帰られずにいます。


しかし、2人の気持ちが再び通じ合いみくりも平匡も笑顔になれたのでした。

平匡の気持ちも分かるなぁ‥・経験がないと失敗した時に相手に嫌われてしまうかもって思ってなかなか一歩が踏み出せないんですよね。

でもみくりの失敗しても大丈夫っていう気持ちから2人の気持ちが再び近くなりましたね


まとめ

今回はみくりの母の桜の「長く結婚生活を続けるなら努力が必要」という言葉に納得して共感できました。

ちょうどこの週の『砂の塔』のドラマを見ていても同じことがいえるなって感じました。

他人同士が一緒に暮らすんだし歩み寄りって本当に大切だなって思いました。


さて、来週は2人の気持ちが通じ合ったことだしようやく進展するかな?ライバルが出現するみたいだけれど、

みくりと平匡さんの価値観が本当にピッタリすぎるので2人には本当に幸せになってほしいと思いました

第9話『逃げるは恥だが役に立つ』最終回までのあらすじ&感想

あらすじ情報1 システムの再構築!?


心の通じ合ったみくり(新垣結衣)と平匡(星野源)ですが、森山家に行ってしまったり、会社のトラブルなどでなかなか会えずにいました。


みくりとハグをするために会社に早く出勤した平匡はそこで風見(大谷亮平)からみくりのことは好きだけれど平匡の気持ちとは違うことを聞きます。その晩ようやく会えたみくりと平匡はハグをして幸せを噛みしめるのでした。久しぶりの2人のご飯、ハグの貯金をしようと提案をする平匡。そこでシステムの再構築をしようと言われます。システムの再構築とはつまり雇用主(平匡)と従業員(みくり)が恋人同士になった場合にどうするかということです。みくりはハグはしたいときにいつでもしたらいいのではないか?となかなか言えずにいたのでした。一方で平匡の会社では沼田(古田新太)は社員たちにそれぞれの貯蓄額を聞いて回り、誰をクビにするか会社役員と話していました。

ハグのためにシステムの再構築なんて…相変わらず平匡は考え方が古いというか硬いというか…(笑)まぁらしいですけれどね、みくりのように主婦で賃金が貰えるなら本当に主婦としての価値が上がるのではないかと思います。


あらすじ情報2 浮気疑惑!?の平匡に嫉妬をするみくり


平匡に好きだと言われなくてもこのままで十分幸せなのではないかと考え始めるみくり。一方で平匡はみくりは自分のことを好きなのではなく、好きではない相手とでもそういうことが出来るのでは?と疑い始めます。イマイチ自分のことを好きだという実感が沸いていないのでした。みくりは平匡が誰とでも寝る軽い女だと思われていることにショックを受けるのでした…更に、みくりは街で平匡が別の女性と歩いているところを見てしまいます。メールで「会社にいる」と嘘をつかれながら…ダブルパンチでショックを受けるみくり…一方で百合(石田ゆり子)は会社で上司に自分たちの思いと違うコンセプトを広告に出されたことに腹を立てみんなの代表となり抗議をしに行きます。その時に「だからあの年で結婚できないんだ」と言われてショックを受けてしまいます。帰り道に風見に会いそのことを話していると涙が出てしまう百合。そんな百合を誰にも見られないように体を覆って庇う風見なのでした。

『なんでも鑑定団』で妄想している2人が面白かったです。自分の価値が0円なんて…平匡さんはどんだけネガティブなんだー!!(笑)平匡さん、別の女性と歩く姿はキョドってなくて本当に平匡か!?なんて疑ってしまいました…百合ちゃんも頑張っているから本当に幸せになってほしい!

あらすじ情報3 ようやく両思いになる平匡とみくり


みくりは自宅に戻って平匡の悪口を言っています。するとそこへ平匡が戻ってきます。出ていこうとするみくりを引き止める平匡。みくりは振り切ります。「触ってしまってすみません」と謝る平匡に「平匡さんだからいいって思ってるのに」といらいらを爆発させます。みくりがいなくなってしまうことに困るという平匡にそんなこと言うとどんどん私ばっかり好きになっちゃうから、というみくり。そこで平匡も僕も好きだと話します。先ほど一緒に歩いていた女の子のことを問い詰めるみくりに嫉妬をしてくれたのか?と喜ぶ平匡。ようやく両思いになる2人。朝まで一緒にいようと言って強くみくりを抱きしめる平匡。みくりも笑顔で頷くのでした。そのころ、平匡の会社は買収が決まりリストラ候補が確定してしまいます。その中には平匡の名前も入っているのでした…

ようやく2人が両思いになって本当に良かったと思います。両想いになったらベタベタになりそうなのは平匡の方ですね。みくりは意外としっかりしていそう(笑)それにしてもリストラ候補に平匡が入っているなんて…沼田さんの逆襲!?

○まとめ

原作ではリストラという形ではなく独立という形で沼田さんが平匡を誘っていましたが、原作と違っていても素直に受け止められる内容でした。沼田さん、契約結婚のことを知って裏切られた気持ちになってしまったんでしょうね…平匡がもし一瞬無職になってしまってもみくりは別の仕事に就職してそうで2人は支えあっていそうです!

第10話『逃げるは恥だが役に立つ』最終回までのあらすじ&感想

あらすじ情報1:ついに一線を超えてラブラブになった2人


お互いの気持ちを知り朝まで一緒にいようと言うみくり(新垣結衣)と平匡(星野源)。しかし平匡は初めてのため戸惑い、一度は逃げ出してしまいますが何とか2人で一夜を過ごすことが出来ました。すっかりラブラブモードに突入した平匡は会社でも変わった様子…

そしてみくりに風見(大谷亮平)の家に行くのはやめてほしいと言い出します。

みくりも歯の治療が終わったためそれは快諾するのでした。風見の家に行ったみくりは最後の挨拶をして「百合(石田ゆり子)ちゃんみたいな結婚願望のない人と付き合えばいいのでは?」と言い出します。何やら考える風見…そんな中みくりは安恵(真野恵里菜)の実家の八百屋の手伝いをしています。津崎の家には沼田(古田新太)が何やら話をしにやってきます。風見はポジティブモンスター()と一緒に絵画展に来ています。


偶然そこで百合が他の男性とデートしているところを目撃してしまいます。百合をジッと見つめる風見…

平匡のデレ顔には笑っちゃいました。風見さんに会わないでほしいって、カップルになると束縛したいタイプなのかな?風見さん&百合ちゃんはいい雰囲気だけど、風見さんはいつからみくりから百合ちゃんに方向転換したの!?って感じ(笑)

あらすじ情報2:平匡のリストラ宣告!&みくりの秘密の副業


みくりは安恵に呼び出されて町内会の飲み会に連れて行かれてしまいます。そこで商店街の活性化のために近くの神社で青空市をしてみては?とアドバイスをします。

それに賛同した商店街の人たち、みくりは仕方なく日給3000円で手伝うことになってしまいます。一方で平匡は沼田から自分がリストラ候補に上がっていることを聞きます。


平匡がエンジニアとして優秀であることと実際に結婚していないことがわかったためだったのです。平匡はそれを受け入れます。さっそくみくりとイチャイチャ出来る会社を探して転職活動を始めます。百合はデートの後風見からの電話で風見の家で会うことになります。この間百合が泣いてしまったことを何故そんなこと言わないでと庇ったのか、と百合は風見にぶつけます。風見は誰にも見せたくなかったと話します。


やっと和解出来た2人…百合は甥っ子としてまた飲みたいと言いますが風見はあなたを抱きたいと思っているのに…と返します。驚く百合ですが、何とかかわして帰るのでした。みくりは家で平匡に餃子の作り方を教えています。やっさんの商店街を手伝うことを話せないでいるみくり、一方で平匡はみくりを大事に思っているのでした。

みくりは前から思っていたけど、知識もあるし商店街のイベント企画の仕事とか向いてますね、会社でもただの事務とかよりはそっちのほうがやりがいを感じるだろうにな…平匡さんなら今の会社を辞めても多分すぐ新しい転職先見つかりそう!そして百合ちゃんと風見さん!風見さんはなんてストレートなんだ!原作では「抱きたいと思っているのに」なんて直接的な言葉で表現してなかったけど、ドラマだと残りの回数もあるし仕方ないのかな?みくりと平匡の恋が若者っぽいけど百合ちゃん&風見さんはまるで大人の恋ですね

あらすじ情報3:平匡決死のプロポーズ!結果は…


平匡は会社の休憩時間も自分のデスクに向かって何やら検索をしています。自宅に戻ってもみくりとの会話はそこそこにしてすぐ自室に入ってしまいます。一方でみくりも商店街の仕事で忙しそう…ある日、平匡はみくりを外食に誘います。

みくりは以前自分が食べたいと言っていた焼き鳥だと思いますが、実際に連れて行かれた場所は高級レストランでした…実は平匡、転職活動をしていたわけではなくこのためだったのでした。食事を終えた2人ですが平匡はみくりにプロポーズをします。


そして結婚し今の雇用関係を解消したほうが将来の貯蓄に回せることを合理的に説明していきます。ところがみくりはどうして入籍しようと考えたのか、と聞くと平匡はきっかけはリストラだと話します。それを聞いたみくりは結婚したら自分に賃金を払わなくて良くなるから?と疑問に思います。


平匡は自分のことを好きではないのか?と聞きますがみくりはそれは好きの搾取だ!好きだからなんでも許されるわけじゃない!と強く言い返すのでした。

平匡さん、プロポーズのために色々と準備していたのですね、こういうの女性は本当に嬉しいですね。みくりは何だか賢すぎかな、自分の賃金を払ってもらえなくなるからって考えるよりそれよりも自分のことを大事に思ってくれてるんだって思えないかな?でも次の転職先が決まってないのに安易にプロポーズしてしまう平匡も平匡かな…

まとめ

プロポーズは素敵でしたが、あんな素敵なレストランで結婚したらこんな利点が!的なことを資料を使ってプレゼンされるとちょっと恥ずかしいかも…それなら自宅でしてくれた方がいいのでは?そしてあんな素敵なレストランに行くならドレスコードとまではいかなくてもそれなりに整った服装で、とかみくりにアドバイスをすべきでは?平匡のTPОをもうちょっと考えて欲しいと思いました。来週の2人がどう決断するのか楽しみですね、もちろん百合ちゃん&風見さんも進展が気になる!!

最終回『逃げるは恥だが役に立つ』あらすじ&感想


あらすじ情報1夫婦は共同責任者!?津崎のシステムの再構築が始まる!!


平匡(星野源)のプロポーズに対して「好きの搾取だ」と言ってしまったみくり(新垣結衣)。


2人はそれによりギクシャクしてしまいます。百合(石田ゆり子)は部長に昇進したことを風見(大谷亮平)に祝われ、次に会う約束をします。みくりは青空市についてのイベントのため奔走しています。その晩平匡に主婦の仕事についてや夫婦の労働や立場について話をし、新しいシステムについて話をすることになりました。青空市の仕事をしているみくりは平匡と家事を分担することになりました。一方で後日百合の家には風見がやってきます。百合は以前風見が百合のことを抱きたいと言ったことに対してどうやっても自分の甥っ子としか思えない、と断るのでした。ショックを受けた風見はもう一緒に飲むことはないから、これで最後にすると言い去って行きます。


みくりは平匡に話したとおり商店街のライターの仕事を始めます。

パロディが真田丸でビックリしました、そりゃ星野源さんも重要な役で出演されてますがNHKとまで手を組んだのね…みくりは仕事向きなんだなぁと思いました。専業主婦よりも外で仕事をしてるほうが向いているというかイキイキしていますね


あらすじ情報2 家事分担を始めて行き違う平匡とみくり


新たに会議を開いた平匡とみくり。そこで平匡が十分に家事をできていないことを指摘するみくり、一方で平匡もみくりの掃除の質が低下していることを指摘します。みくりは実はちょっとズボラなところがあることを正直に明かします。



そのことから平匡はみくりの家事担当の部分も少し多く担当することにします。そんなある日みくりはご飯を炊いておいてほしいというメールを平匡にしますが、平匡はそれをうっかり忘れてしまいます。てっきり平匡が炊いてくれていると思っているみくりでしたが、炊けていないことから平匡に冷たく当たってしまいます。百合に振られてしまった風見はポジティブモンスターに会いハッキリと振ってしまいます。みくりは冷たくしてしまったことに自己嫌悪してしまい、落ち込んでしまいます。

みくりの平匡に対する態度と言い方が私の私生活と似ていてビックリしました。あんなに冷たく聞こえるものなんですね、みくりもいっぱいいっぱいなのは分かるけどもうちょっと優しく言ってあげてもいいのでは?でも本当にみくりのこと分かるなぁ、私も喧嘩してしまったあとにすごく後悔して自分が嫌いになってしまうんですよね…


あらすじ情報3 心のシャッターを閉じてしまったみくりに寄り添う平匡


百合はポジティブモンスターの五十嵐(内田理央)に喧嘩を売られてしまいます。


若さを武器に百合にイヤミを言う五十嵐でしたが百合は格好良く突っぱねて帰ってしまいます。一方でみくりは平匡に辞めるのなら今だ、平匡のプロポーズを素直に受け止めてくれる人は他にもたくさんいるから。と言って風呂場に逃げ込んでしまいます。平匡はそんなみくりはかつてのシャッターを閉じてしまう自分と一緒だと思います。


そしてそんな時いつもみくりがシャッターを開けてくれていたことを思い出し、自分から歩み寄ることにしました。「生きることは面倒くさいことだから、それなら2人で一緒に過ごすこともいいんじゃないか、みくりが普通じゃないことは前からわかっていた、元々僕らは普通じゃなかった。」と話すのでした。平匡の言葉に涙してしまうみくり。


 青空市当日みくりの元には、平匡の他に百合や沼田(古田新太)、日野(藤井隆)一家、百合の後輩たちがやってきたのでした。沼田と百合は自分たちも勇気を出して一歩踏み出そうと言い、百合は風見を呼び出そうとします。


そこへバーのマスターが風見を連れてやってきたのでした。風見はもう一度百合に告白し、百合も好きだと告白するのでした。やっと両思いになった2人。青空市が大盛況を迎える頃、みくりは「自分の小賢しさは実は仕事に向いているんじゃないか」と言いますが平匡は「僕はみくりさんを小賢しいと思ったことは一度もありません。」と話します。

感激したみくりはその場で平匡を抱きしめるのでした。もう一度心が通じ合った2人は家に帰り、みくりに合わせてライフスタイルを変えていこうと話すのでした。抱き合う2人はいつまでも笑顔だったのでした…

先に、百合ちゃんが風見さんと上手くいって良かったと思いました。そうならないと何だか腑に落ちないというか…平匡さんも広い心でみくりを受け入れてくれて本当に良かった!

○まとめ

原作ではまだ完結していなくて、青空市では普通に大盛況に終わっていましたがドラマはオリジナルになっていて、でもこの内容で良かったと思います。日野さんご一家がリアル藤井隆一家が出てきて驚き楽しかったです!こんな理論的な考えを持っている夫婦って今時あまり見ないですが、共感できるところもあって見ていてとても楽しかったです!是非お正月スペシャルとか映画化とか続編を期待しています!

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます♪
こちらの記事はいかがだったでしょうか?よろしければこちらの記事をSNSなどで拡散して頂けると、猫ともども跳び上がるほど喜びます♪

関連するテレビ記事はこちら

    daibinbou

    ドラマ『大貧乏』あらすじ&キャストについて 大貧乏を全ておさらいしていきましょう。 最終回までの展開が、このページだけで全部分かります。 今年の元旦にシングルマザーの七草ゆず子(小雪)は、息子の翔太(今井暖大)と娘の実結(野澤しおり)と一緒に神社に初詣に行きます。 そこのおみくじで大吉を引いて大喜びしていましたが、災難…

    tamiou_ico

    池井戸潤原作「民王」がいよいよ登場! こんばんわ、テレビっ子(with にゃん吉)です。 半沢直樹、花咲舞が黙ってないでお馴染みの池井戸潤原作の『民王』がテレビ朝日の深夜に放送されます。 飼い猫は寝ている時間ですが… 何はともあれ、金融ドラマは絶対に見逃せないテレビの申し子テレビっ子です。 早速、第一話の展開を見てい…

    isan_ica

    10月22日(木)21時スタートのテレビ朝日系ドラマ「遺産争族」。 「どこにでもいる家族の(遺産相続を巡る)愚かで赤裸々な争族物語を通して、家族とは何か?を描いていきたい。」と脚本家・井上由美子さん。 ムコ入りした「闘わない主人公」の、争う家族との向き合い方や生き方に注目したいですね! こんばんわ、テレビっ子(wit…

    tamiou_ica

    民王は深夜なのに比較的視聴率が高めですね。 こんばんわ、テレビっ子(with にゃん吉)です。 深夜番組にも関わらず、リスクの神様よりも遥かに視聴率が高いです! フジテレビのドラマ神話の崩壊と、テレ朝の深夜ドラマの躍進が激しい今日のドラマ界ですね。 民王も中盤戦に差し掛かったので、早速見ていきましょう!にゃん! 民王…

    image1

    2016年4月の新ドラマ「僕のヤバイ妻」は19日より毎週火曜日関西テレビにて放送開始。 なんと初回は2時間放送! 息苦しい家庭生活にピリオドを打とうと夫は妻を殺害しようとしますが、なんと自らが手を下す前に妻が誘拐される。 それをきっかけに犯人扱いされ逆に追い詰められる夫は妻の恐ろしい正体を知ることとなる…。 妻の真の…

コメントを残す

このページの先頭へ