下克上受験ネタバレ最終回あらすじと出演者キャストで阿部サダヲがいい味出してる

下克上受験の簡単なあらすじから、最終回までのストーリーをお伝えしてまいります。

桜井信一(阿部サダヲ)は中卒で働き出した元不良。年下妻の香夏子(深田恭子)も中卒ですが、娘の佳織(山田美紅羽)と幸せに暮らしていました。しかし、ある日佳織が小学校で受けてきた全国テストの点数が悪く『娘まで自分たちと同じ中卒になってしまうのでは?』と不安に思います。そこで信一は自分が勉強を教える「俺塾」を開講し佳織と共に最難関中学合格を目指すのでした!!


まずはキャストから・・・


桜井信一(阿部サダヲ)


元不良で中卒。就職してから学歴の壁に何度もぶち当たりますが前向きに不動産の仕事をする信一役に阿部サダヲさん。コメディなら阿部さん抜きには出来ないほどの実力派俳優ですね。『マルモのおきて』では父親がわりでしたが今度は本当のお父さん役!

桜井香夏子(深田恭子)

中卒で元ギャル。明るい性格で専業主婦ですが、家族が笑って暮らせたらいいと思っている楽天家の香夏子役には深田恭子さん。最近本当に綺麗になってきて、女性からの人気も高いですね。小学生の母親役は始めてでしょうが、きっと明るく優しいお母さんを演じているのでしょう

桜井佳織(山田美紅羽)

負けず嫌いで明るい性格の小学5年生。全国テストで点数が悪く落ち込んでしまいますが父と一緒に勉強を頑張ることにした佳織役には山田美紅羽ちゃん

徳川直康(要潤)

妻と離婚して男で1つで娘を育てている東大卒のエリート社長。仕事第一にしてきたため娘との仲は最悪でそれについて悩んでいる直康役には要潤さん。イケメンパパですね

桜井一夫(小林薫)


妻を亡くして男で一つで信一を育ててきた江戸っ子オヤジ。しかし信一の受験には反対している一夫役には小林薫さん。

楢崎哲也(風間俊介)

信一の後輩で優秀だけれど信一を慕っている哲也役には風間俊介さん。素直でまっすぐな役は風間さんにはピッタリですね

徳川麻里亜(篠川桃音)

礼儀正しいけれど父親には反発してなかなか人と打ち解けることが出来ない麻里亜役には篠川桃音ちゃん

小山みどり(小芝風花)

中学受験には反対する佳織たちの担任の小山みどり役には小芝風花さん

松尾(若旦那)

居酒屋の店主で信一にアドバイスをする松尾役には若旦那さん。これが役者デビュー作ですね。これからの活躍が楽しみです

竹井(皆川猿時)

中卒で理容師になった竹井役には皆川猿時さん

梅本(岡田浩暉)

酒屋で働き仲間思いな梅本を演じるのは岡田浩暉さん

杉山(川村陽介)

信一の後輩で信一の父の一夫に弟子入りした杉山役には川村陽介さん

○まとめ


下克上受験は原作があるようなのですが、それに沿った内容になるのかどうかはわかりませんね。

私も中学から受験は必要ないと担任の先生と同じ考えですが、もしかしたら桜井一家の熱心さに考えも変わるかもしれません

1話『下克上受験』受験に悩む桜井・・・


あらすじ情報1 学力の壁に悩む信一


桜井信一(阿部サダヲ)は娘の佳織(山田美紅羽)と一緒に全国統一テストの結果を見ます。その結果は散々で佳織は落ち込んでしまいます。


そんな佳織に信一は結果を破り捨てます。そんな時信一の勤務先である不動産会社に楢崎(風間俊介)という新入社員が入ってきます。楢崎に自分の背中を見て学べと意気揚々としている信一。


ちょうどその頃、ある夫婦にタワーマンションの物件の説明をしていた信一と楢崎。その時に大学の話になり楢崎と夫婦が同じ有名大学だったことを知り意気投合します。夫婦が信一に出身大学を聞くと「中卒大学です!」と答える信一…一瞬場の空気が凍ってしまうのでした。その晩楢崎を自分の中卒仲間が集まる居酒屋に連れて行き、仲間を紹介します。そこで嫁の香夏子(深田恭子)も中卒だという話をしてうなだれてしまいます。

中卒大学って…一流大学を出ていない夫婦でも聞いたらサムくて固まってしまいますよね(笑)今の会社でも学歴って関係あるのでしょうか?信一の言うとおりスーツを着てしまえば学力なんて関係ないと思うのですが…

あらすじ情報2 佳織の学力を心配する信一


信一は佳織を塾に通わせようと香夏子に相談しますが、今の生活じゃとても無理だと香夏子は反対します。タワーマンションでの例の夫婦が契約をしてくれたら今月の給料があがるから塾に通わせようと納得させますが、なんと夫婦が指名した担当者は楢崎だったのです!明るく楢崎を励ます信一でしたが、内心は落ち込んで居酒屋で愚痴ります。


帰ってきて香夏子にやはり中学受験の為に塾に通わせよう、今月はちゃんと稼ぐから!と説得します。翌日佳織と信一は入塾テストを受けに来ます。結果は簡単だったと嬉しそうな佳織。


その頃信一の父の一夫(小林薫)が入院している病院のテレビに天敵の徳川直康(要潤)が映ったことに腹を立ててテレビを壊そうとしたことから、病院を追い出されてしまいます。


一夫の快気祝いが信一の自宅で行われます。その時テレビで警察の誤認逮捕について流れ、それを5人逮捕だと勘違いする香夏子と一夫。そんな2人の姿にますます不安を感じる信一。

誤認逮捕を5人逮捕だという香夏子と一夫に思わず笑ってしまいました。


でも2人とも何だか憎めませんよね、愛されキャラというか…


あらすじ情報3 父親の熱意に押されて受験を決める佳織

 
その晩信一は佳織が生活に苦しみ、万引きをして警察に捕まる夢をみて飛び起きます。翌朝塾のテストの結果を聞きに行き、半分以上不正解という結果に愕然としてしまいます。講師は今の佳織の学力なら東大は無理でもそこそこの大学は狙えると入塾を勧めてきます。何だか腑に落ちない信一は入会を考えることに…その帰りに佳織は『佳織は中卒になるのかな?』といいます。


その言葉に信一は色々とネットで検索し始め、とある中学校を見つけます。ある晩に香夏子や佳織、一夫の前でこの間佳織の将来がむちゃくちゃであった夢を見たことを話し、そうなってほしくないことを話します。


一夫に途中で反論されましたが、学力の壁は社会に存在していることを実体験から話します。その上で佳織にお父さんと中学受験をしよう!と誘いますが、佳織は何も言えず黙ってしまいます。会社に出勤した信一は楢崎がタワーマンションの夫婦の契約を決めたことと自分の顧客の契約が取れなかったことを知りますが、めげずに頑張ります。そんな信一が帰っていると佳織に会い、中学受験を決めたと言い2人は喜び抱きしめ合うのでした…

信一、すごい根性ですね…普通入ったばっかりの下っ端新人に大口の契約取られて自分は取れなかったって知ると、やる気なくしてしまいますよね…


でもそのエゴから佳織に受験を言い放っているのでしょうけど…

○まとめ

私も香夏子と考えは同じで小学生のうちはそんなに受験とか必要ないと考えていましたが、信一の気持ちもわからなくもありませんでした。


自分があんなに会社で辛い思いをしていると娘にはそうなってほしくないって思いますよね…佳織と信一の奮闘が楽しみになってきました。


2話『下克上受験』桜井と佳織の受験対策とは・・・

あらすじ情報1 佳織のライバル登場?


佳織(山田美紅羽)と一緒に勉強をすると決めた信一(阿部サダヲ)は参考書をたくさん買い込みます。


そんな信一の様子に不安を覚えた香夏子(深田恭子)は信一と佳織に同時に問題を解くようにしましたが、信一は全く解けず佳織は全部間違えてしまうのでした。次の日佳織のクラスに転校生がやってきます。


彼女の名前は徳川麻里亜(篠川桃音)、そしてその父直康(要潤)もやってきました。


麻里亜は受験をするようで授業の合間にも他科目の勉強をしています。佳織は自分も受験をすることをつい麻里亜に言ってしまいます。


その晩楢崎(風間俊介)と飲みに行くと、中学受験をすることを仲間たちに反対されてしまいます。また、家に帰ると参考書をまとめられて香夏子に捨てられそうになってしまいます。信一は香夏子を責めますが、香夏子に逆にいたいところをつかれてしまいます。翌日仕事中に信一は問題集を解いたりしています。


さすがに仕事をしているときに問題集を解くのはヤバイでしょう…必死な気持ちは分かりますが…ドラマを見ていると香夏子の方がだいぶ上手なのですね。


すごいやりくり上手な主婦なことがよく分かります。麻里亜のすかした感じが子どもだけれど好きになれません。

あらすじ情報2 塾の無料体験をする佳織と信一


佳織は学校の友達に中学受験をすることを話すと馬鹿にされてしまいます。その晩に信一は楢崎からの勧めもあり、佳織に塾の無料体験を受けさせることを香夏子に提案をします。

香夏子は佳織のためになるならという条件付きで体験授業を受けさせることを了承します。一夫(小林薫)は杉山(川村陽介)にギプスを切ってもらったあとにリハビリだと言って何かを作ろうと考えます。翌日信一と佳織が塾の無料体験に行くと、麻里亜と直康がやってきます。

2人はそれぞれの知り合いに声をかけますが、徳川親子は無視をしていってしまいます。


いよいよ体験授業が始まり、あまりのレベルの高さに信一も佳織も唖然としてしまいます。

おじいちゃん、信一一家のことを考えているのが伝わってきますね。優しいおじいちゃんです。信一も無理やり塾に行かせようとするのはいけないけど、香夏子もちょっとひどいかなと思う。子どもの目の前でお金の無駄とか無理とか言うのは、あの年齢の子どもなら色々と気づいて傷つくだろうし…

あらすじ情報3 信一の俺塾開講!


難しい問題に自ら手を上げて前にでて解こうとする佳織ですが、担当教員は佳織を無視して麻里亜に答えさせようとします。

麻里亜は解けないと拒否をしていて、佳織はずっと手を挙げたまま。信一の声かけもあってやっと問題を解かせてもらえることになった佳織。前にでて順調に解いていきますが、途中まで来ると手が止まってしまいます。続


きが答えられないでいると、麻里亜が出てきて最後まで書いてしまいます。そしてひとこと「ライバルとは言えないね」と言って席に帰ります。


かつての自分の姿と重なり居た堪れなくなった信一は佳織の手をとって教室を出ていっしまいます。


信一は自分と一緒に勉強を頑張ろうと佳織に声をかけます。その晩、居酒屋に行った信一は、途中でやってきた香夏子と仲間の目の前で佳織と一緒に勉強をするため禁酒をすることを宣言します。

翌日朝起きると、一夫と杉山が信一たちのために勉強部屋を作ってくれていました。そこで意気揚々と勉強に取り組む桜井一家だったのでした。

塾の先生の態度はあまりにもひどいなぁと思いました。子どものやってみたい!って気持ちは大切なのにね…教育者としては最低だなと思いました。信一の決意には私もすこし感動しました。

○まとめ

一緒に勉強する、って果たして効果的な方法なのかどうかは分かりませんが、これは実話らしいのできっと成果が出たのでしょうね。

勉強のことはともかく、佳織には家族や友達にも恵まれて幸せな環境にいることを実感して欲しいと思います。麻里亜はちょっと気の毒ですが、孤独故に勉強を頑張っているのかな?

第3話『下克上受験』最終回までのあらすじ&感想

あらすじ情報1:塾のテキストを手に入れるため!奔走する信一


佳織(山田美紅羽)の偏差値を上げるために俺塾にて工程表を作った信一(阿部サダヲ)。香夏子(深田恭子)が声をかけてやっと佳織が寝ます。佳織が寝たあとに信一は自分のノートに次の日のドリルの解答を書き写しているのでした…

翌日いつもどおり車で登校する麻里亜(篠川桃音)。そして父の直康(要潤)にみどり(小芝風花)は車登校を拒否するのでした。そこへ遅刻しそうな佳織と健太郎(藤村真優)がやってきて、壊れたフェンスをくぐって中に入っていきます。

一方信一は楢崎(風間俊介)に塾のテキストをもらえるようにお願いしますが、楢崎は持っておらず塾の卒業生にもらったら?とアドバイスをします。仕事そっちのけで塾に駆け込む信一。

そこで塾の先生にお礼を持ってきた母親に会い、上手く話をつけてテキストをもらおうとします。佳織と麻里亜は学校の休み時間中も勉強をしているのでした。

使ったあとのテキストって人によったら結構汚れてたりするけど、意外と使えたりするんですよね、重要なところにマーカーが引いてあったりして。楢崎はさすが経験者なだけあっていいアドバイスをしますね。

あらすじ情報2:手作りの折り紙を使って教えるつるかめ算


長谷川(手塚とおる)に信一の今の仕事態度がバレてしまった楢崎。そこで代わりはいくらでもいると脅しかけられます。新しい物件に新しい客の相手をして回る楢崎。怖いお客様の相手をして何とか帰ってもらった後に信一が戻ってきます。信一の自分勝手な態度に不満が溜まる楢崎なのでした。佳織は授業中に寝てしまい、みどりに怒られてしまいます。信一は楢崎につるかめ算を教えて欲しいといいますが、楢崎は仕事が残っているからと断ります。仕方なく信一はいつもの居酒屋で鶴と亀の折り紙を折ります。楢崎は会社で残りの仕事をしていますがそこへ長谷川がやってきてこの間までは信一はいい成績だったが今はダメだと言います。桜井家では信一が手作りの鶴と亀を使って佳織につるかめ算の説明をします。すると佳織も理解が出来たのでした。

佳織のために頑張るのは分かるけど仕事そっちのけで楢崎に押し付けるのはよくないなぁ…でもそれを犠牲にしているだけあってか、つるかめ算の教え方はよく分かりました。塾の先生とか本当にすればいいのに…

あらすじ情報3:みどりに指摘されて分かる親の見栄


勉強疲れか信一も佳織もうたた寝してしまいます。佳織が授業中に寝てしまうことが多いためみどりが家庭訪問に来ることになったと話をする香夏子。

学校ではみどりによる抜き打ちテストが始まっています。香夏子は一夫(小林薫)の家に行きご飯を届けます。そこで信一の色々と諦めてしまった過去の話を聞きます。テストの点数が良くなく泣いて帰る麻里亜。健太郎と佳織もあまり良くありませんでした。

一方で信一は仕事を楢崎に押し付けて香夏子と家庭訪問に望みます。みどりに中学受験は親の見栄だと指摘されてしまいます。怒った香夏子は俺塾の様子を見せて本気さを見せますが、みどりは小学校で学ぶべきは人間形成だと言います。

過去の自分の話を交えて、佳織が勉強を頑張るのは親に気に入られたい気持ちからだと言います。そこで佳織がお父さんをいじめないで、お父さんは自分と一緒に頑張ってくれている、お父さんが出来なかったぶん自分が頑張りたいと言って泣きながら信一に飛びつく佳織。それをみて帰っていくみどり。その晩改めてテキストをみると色々と書き込みがあります。それは子どものために親が書き込んだものだったのです。翌日信一は予定表を作ります。香夏子はお風呂の時間は自分が漢字を教えるとそれを見せます。

学校に登校する麻里亜ですが、学校の手前で車を降りて歩いて登校します。そこへ佳織と健太郎がやってきて“秘密の入口”を教えます。部屋に駆け込もうとする佳織を呼び止め、みどりはあなたがうらやましいと話すのでした。信一の会社では楢崎が自分1人で契約をとったと話します。佳織は信一から教えてもらったつるかめ算を理解して問題を解くことが出来たのでした。

皮肉にも佳織が勉強が少しずつできるようになったと同時に信一の仕事が上手くいかなくなっているのですね…まぁ当然と言えば当然なのかもしれませんが…香夏子も協力的になってきているし、信一はもう少し仕事を頑張ったほうがいいのかも

まとめ

佳織は幸せですね、理解してもらえなかった担任の先生にも自分の頑張りを認めてもらい周りの人間のバックアップがあったからつるかめ算も理解できたことを分かってほしいですね。楢崎はすこし可愛そうですが…

第5話『下克上受験』最終回までのあらすじ&感想

あらすじ情報1 少しずつ心を開く麻里亜


信一(阿部サダヲ)が勤務していた不動産会社で働くことになった香夏子(深田恭子)は

出来立ての名刺を持って佳織(山田美紅羽)と共に出勤していきます。

その分信一は家事をこなして俺塾の講師として勉強のサポートをしようとしています。


出勤した香夏子は楢崎(風間俊介)の後について、内見のサポートをします。

そこで早速下見に来ていた夫婦の子どもが泣いていたことから、子どもの世話をするからゆっくり見て欲しいなど気遣います。


一方で徳川(要潤)は小学校でみどり()と話をします。麻里亜(篠川桃音)の不登校のことについてでした。


帰ろうとする徳川を佳織が引き止めて麻里亜の靴を返そうと家にまで押しかけます。

麻里亜は靴を受け取り捨てないようにお手伝いさんに伝えるのでした。麻里亜は佳織を部屋に連れて行きます。

夜になり信一は居酒屋から帰ろうとしますが、一杯だけ飲もうと誘われ仕方なく飲もうとしますが、思い直して家に帰ります。

しかし佳織はまだ帰ってきておらず、夕食の準備をしています。てっきりいつもの友達のところだと思っていましたが


連絡してみると違ったため慌てて香夏子と信一は探しに行きます。そこへ麻里亜の運転手から送られて帰ってきた佳織がいるのでした。

麻里亜が意外と嫌味な子どもじゃなくて良かった。ちゃんと洗ってきれいにしてもらった靴を大事にして、友達のことを信じている純粋な子どもだと分かった。


育ちは違うけど佳織も麻里亜も息がよくあっていますね


あらすじ情報2 再度模試を受けて、成績が良くなければ中学受験を諦めよう!


佳織は家族とご飯を食べようとしますが、なかなか食べ進められません。


麻里亜のうちで模試をやってみて全然解けなかったのに、麻里亜はスラスラ解けていたことにくじけそうになっていたのです。


佳織が寝静まった後に信一は香夏子に麻里亜は以前の過去問を解いていて答えを知っていたのでは?と話します。


翌朝、信一は佳織にオープン模試をもう一度受けてみて成績が上がっていなかったら中学受験を諦めようと言います。

佳織はそれに同意します。佳織は麻里亜を呼びに家に行きますが、麻里亜は一緒に登校できませんでした。


しかし2人は途中で会えて一緒に登校します。一方で信一はコピー機をローンで買って過去問を解きます。


香夏子は仕事で初の契約を取れそうで楢崎もそれを笑顔で評価していました。翌朝、信一はゴミ捨てをして家事に精を出します。


その晩、一夫(小林薫)も呼んで食事をしますが、電気が消えてしまいます。電気代を払っておらず止められてしまったのでした。


翌朝佳織はオープン模試、香夏子は契約の日。少しでも気持ちを落ち着かせようと水を火にかけていた香夏子でしたが、

楢崎からお客さんが一時間早く来るとのことだったので火にかけたまま家を出てしまいます。

信一は家事全般を任されてるんだし、電気代の電話は信一がすべきなのでは?香夏子にばっかり押し付けている感じがして嫌でした。

香夏子のようなミスは良くあると思います。どうかやかんのことを思い出して早く帰ってきてくれたら!


あらすじ情報3 運命の模試の結果の日!


塾のオープン模試は麻里亜も受けることになっていて塾の前で2人は会い塾に入っていきます。徳川と久々の再会を果たした信一はホテルのバーに誘われます。

お酒も勧められますが佳織が頑張っているのだから…と断ります。そんな頃大家から電話がかかってきて慌てて自宅に帰ります。


香夏子は無事に契約が取れて、長谷川も楢崎もニコニコしています。契約者は香夏子の人柄にひかれたとのことだったのでした。


意気揚々と帰ってきた香夏子でしたが、信一はやかんに火をつけたままいってるからもう少しで家事になるところだったと話します。


模試を頑張った佳織と一緒にいることが出来ず、徳川の家に預けてきたことでイライラする信一。


ついひどい言葉を香夏子にぶつけますが、一夫はそれを制して夫婦が力を合わせなければいけないと話します。

翌日香夏子は仕事の合間で抜け出し信一と佳織がいる塾まで駆けつけます。成績が上がっていることに喜ぶ2人、そこへ香夏子もやってきて笑顔の三人だったのでした。

まずは桜井家が家事に見舞われなくて本当に良かった…

でも普通はもっと燃えちゃってるのでは?なんて思ってしまいました‥・佳織の成績が上がっていて本当に良かった。成績上がってないとやる気がそげちゃいますもんね


○まとめ


どんなピンチにも桜井家には立ち向かっていってほしいと思いました。というか家族の絆が強いですね!それはもちろん一夫も入れてですが…おじいちゃん、本当に優しくて素敵です!佳織は麻里亜に追いつくのは難しいかもしれませんが、同じくらいまでいけるのでは?

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます♪
こちらの記事はいかがだったでしょうか?よろしければこちらの記事をSNSなどで拡散して頂けると、猫ともども跳び上がるほど喜びます♪

関連するテレビ記事はこちら

    date_ica

    月9のデートもいよいよ10話の視聴を飼い猫と終え、最終回へのカウントダウンがいよいよ迫ってきてますね! こんばんわ、テレビっ子(with にゃん吉)です。 テレビといえばテレビっ子、テレビといえば月9、そして今クールの月9のデートをテレビの申し子テレビっ子がレビューをする。 これを生き甲斐に生きているといっても過言で…

    date_ica

    そういえば、月9のデートももうすぐ最終回に近づいてきていて、最後の最後でヒロイン依子の恋がどうなるのか?もう気になって眠れません。 こんばんわ、テレビっ子(with ニャン吉)です。 眠れないのは気になってるせいなのか、花粉が飛んでいて鼻がムズムズしているからなのか、単に飼い猫が首元でゴロゴロしているからなのか、ちょ…

    2016-10-30_231114

    砂の器あらすじ 高野亜紀(菅野美穂)は憧れだったタワーマンションに家族四人で引っ越してきます。 一見は華やかで豪華なタワーマンションですが、その中身は「フロア格差」や「ランチ地獄」、 「強制ハロウィン」など大変なルールが溢れていたのでした。 亜紀も家族を守ろうと必死にルールに従っていましたが、隣人によってそれが次第に崩…

    kisei_gazou

    アニメ寄生獣がいよいよ、最終回に向かって大詰めになってきてますねー。 こんばんわ、テレビっ子(with にゃん吉)です。 アニメ化して欲しい原作シリーズでも寄生獣を期待してきたテレビっ子ですが、22話がめっちゃ面白かったので早速レビューもしてみました! いや~、やっぱ漫画評論家の間でも寄生獣は歴史上で最も面白い漫画の…

    FullSizeRender

    2016年7月からの新ドラマ「そして、誰もいなくなった」は17日より毎週日曜日22時半から日本テレビにて放送開始。 初回は22時から30分拡大放送です! 藤原竜也主演のこのドラマ、CMや予告を見てもうすでに絶望でのたうちまわるみたいな感じがします。 藤原竜也さんはこういうどん底の主人公がハマり役になってしまいましたね…

コメントを残す

このページの先頭へ