ドラマ大貧乏ネタバレ最終回あらすじと出演者キャスト情報まとめ!

ドラマ『大貧乏』あらすじ&キャストについて

大貧乏を全ておさらいしていきましょう。

最終回までの展開が、このページだけで全部分かります。

今年の元旦にシングルマザーの七草ゆず子(小雪)は、息子の翔太(今井暖大)と娘の実結(野澤しおり)と一緒に神社に初詣に行きます。

そこのおみくじで大吉を引いて大喜びしていましたが、災難にあって無一文で職なしになってしまうのでした。途方にくれていたゆず子でしたが同窓会で柿原(伊藤淳史)に会い、助けてもらいます。


実は柿原は高校時代ゆず子に憧れていたのもあり、ゆず子の無職の原因になった会社の倒産についても弁護士という立場をフルに利用して親身になって相談に乗るのでした。

キャスト


七草ゆず子(小雪)

2人の子どもを持つシングルマザーで正義感が強く前向きな性格のゆず子を演じるのは、小雪さんです。ミステリアスな雰囲気の漂う小雪さんが明るく楽しい性格のゆず子を演じられるということで楽しみですね。子どもたちへの接し方も見て日頃の子育ての様子も垣間見れそう

柿原新一(伊藤淳史)


自らの法律事務所を立ち上げたエリート弁護士でゆず子に昔から憧れを抱いている柿原を演じるのは伊藤淳史さんです。何だかコメディな役回りが今までも多かった伊藤さんですが、今回はエリート弁護士ということでちょっと真面目な一面が見れそうですね

櫻沢まりえ(内田理央)

ヤンママでゆず子の親友役を演じるのは内田理央さんです。つい最近では逃げるは恥だが役に立つで、明るくお茶目な五十嵐役を演じられていましたが今回はしっかりもののヤンママということでその演技が楽しみです

加瀬春木(成田凌)

ゆず子が勤めていた会社の営業部エースで、ゆず子と柿原と共に会社倒産の謎に迫る加瀬役には成田凌さん。この方も逃げるは恥だが役に立つで、ゲイの会社員を演じていましたが今回はエリートということでまたちょっとだけ違う立場ですね。イケメンの加瀬くんがこれから俳優として演技の幅を広げていくのが楽しみですね

木暮祐人(神山智洋)

柿原の事務所の弁護士で、真面目な木暮役には神山智洋さん。柿原の部下ということで、真面目ゆえに暴走しそうな柿谷のストッパー役になりそうですね。神山智洋さんはジャニーズWESTのメンバーということでジャニーズでは見ますが、ドラマ俳優としてあまりテレビで見かけることはありませんが、これがいいきっかけでドンドンドラマに出ていきそうですね

浅岡礼司(滝藤賢一)

ゆず子の会社の部長で会社倒産の秘密を知ってそうな男、浅岡を演じるのは滝藤賢一さん。

天満利章(奥田瑛二)

ゆず子の会社の代表取締役社長の天満を演じるのは奥田瑛二さんです。

○まとめ


小雪さんと伊藤さんが並ぶと身長差もありますが、自分の置かれている環境もあり2人の性格はかなり違いそうですね。

でもそんなふたりが果たして結ばれるようなことがあるのか、またゆず子が貧乏から脱出できることがあるのか、見ものですね

ドラマ大貧乏1話、翔太と実結が無一文に!?

あらすじ情報1 ゆず子にとっても柿原にとっても運命の出会い?


ゆず子(小雪)は息子の翔太(今井暖大)と実結(野澤しおり)と一緒に初詣に出かけ、同窓会の出席はがきを出して帰りますが、マンションに戻ると滝のように水が溢れているのを見ます。

それはゆず子の家の洗濯機が原因だったのです!賠償金などの請求額総額230万を超えて貯金はほぼゼロになってしまいます。


仕事を頑張ろうと決心をしていましたが、なんと会社は破産してしまい、ゆず子はクビになってしまいます。同窓会で新しい仕事を紹介してくれる人を探していますがそう上手くもいきません。


そんなゆず子を見つめる人がいました。同級生の柿原(伊藤淳史)です。柿原は弁護士事務所を立ち上げており、ゆず子を助けようと倒産した会社DOHについて調べます。


すると、DOHは情報漏えいの賠償金250億円を払うことになって倒産したことが分かります。

せっかくおみくじで大吉をひいたのにまさかの不運続きで普通は凹むのに、ゆず子は前向きで本当にすごいと思う。母は強しとはこのことだね。


同窓会でもモテてたし再婚したら家計は安泰とかって考えないところも、勝気な性格が分かる

あらすじ記事2 DOH倒産には裏があることに気づく柿原

 
会社の従業員に対して社長の天満(奥田瑛二)から説明があったけれど、残りの給与と社内預金が支払われる見込みがないことも知り愕然とするゆず子。


社内預金は300万以上あったのです。そんなゆず子の元に柿原から電話が入ります。倒産した会社のことを知りたいという柿原に胡散臭さを感じたゆず子でしたが、話を聞いてみることにします。柿原は会った時に自分は高校時代のゆず子の同級生だと明かしますが、ゆず子はさっぱり覚えていません。


ゆず子に覚えられていなくてショックを受けた柿原ですが、ゆず子のピンチを救って振り向かせようと決心します。


一方ゆず子の同僚の加瀬(成田凌)は何やら会社資料をコピーしています。それに気付いた会社の経理部長の浅岡(遠藤賢一)が加瀬を追いますがちょうどそこへ通りかかったゆず子を使って上手く巻くことが出来ます。そんな時柿原もゆず子の会社に訪れていましたが、ゆず子も加瀬と付き合っているといって誤魔化します。


そんなゆず子に柿原は別に好意があったわけじゃない、会社倒産には裏があると言います。

ゆず子は会社倒産して給料すらもらえないかもしれないのに会社の事務の手伝いを疑いなくするなんて、ある意味純粋すぎるのかなと思いました。普通会社が倒産すると自分は被害者だしちょっとは疑いますよね

あらすじ記事3 なくなった領収書の行方


その晩翔太は今までやってきたサッカーをやめると言い始めます。自分の靴下が洗濯機に詰まって水の被害が出来たことを子どもなりに責任を感じているのでした。


そんな翔太の姿にゆず子は子どもたちを守ろうと誓うのです。一方で会社に不審点を見つけた柿原は加瀬を呼び出し会社の領収書を手に入れたいと言いますが、それは無理だと断られてしまいます。


柿原は諦めずゆず子に何とかお願いをして、領収書を手に入れようとします。ゆず子はアルバイトをしながら合間で会社に入って領収書を探しますが見つかりません。ある日翔太のサッカーの試合で新しいスパイクを買ってあげられなかったことを謝るゆず子でしたが、柿原が新しいスパイクを持ってきてくれます。そんなゆず子の元に経理を担当していた女性から一本の電話がかかってきます。


不正な送金をしてしまったかもしれないという彼女に会いに駅のホームにむかうゆずこでしたが、そこで経理の女性は何者かに後ろから押されてしまいます。


女性はカバンを落としてしまいましたが無事でした。ゆず子が女性の元を訪れると彼女はいなくなっていましたが、なくなっていた領収書のファイルを持った浅岡がこちらを見ていたのでした。

加瀬はこちらの味方のようですが、何だかすこし怪しいですね…ホームの経理の女性が押されてしまうシーンや浅岡がこちらを見ているシーンは背筋がゾクッとするものがありましたが内容展開は面白いモノになってきました。

○まとめ

経理の女性が押した張本人を見て固まってしまったことなどから浅岡が不正なお金を持ってるのかなとは簡単に想像が付きますね。誰が悪役なのかも想定できますが、それを柿原とゆず子がどうやっつけるのかが楽しみです



ドラマ大貧乏2話、柿原のチャレンジ

あらすじ情報1 弁護士のちからを使って事件を暴こうとする柿原


朝から翔太(今井暖大)と実結(野澤しおり)が喧嘩をしてしまいます。その表紙にこけそうになった実結をかばい、ゆず子(小雪)はこけて怪我をしてしまいます。

一方で柿原(伊藤淳史)はゆず子の前勤めていた会社であるDOHの倒産の秘密を探していて、ゆず子の新しいバイト先のお弁当屋にまで顔を出す始末…一緒に倒産の秘密を暴こうと誘う柿原でしたが、ゆず子は子どもたちに被害が及ぶのを恐れて誘いには乗りません。どんなに嫌がられても柿原はゆず子との接触を何とか試みます。


ゆず子は前の会社の書類整理で元社長の天満(奥田瑛二)と話をします。天満はシングルマザーとして働くゆず子の為に環境を整えてくれたこともあり、2人は意気投合していたのです。

その間に柿原と春木(成田凌)は経理の野村(仲里依紗)と連絡をとり、妹の事故処理を手伝う代わりに不正に流れているかもしれないお金の場所と社長の名前を教えます。


そこ、つまり元社長の田淵(田山涼成)の家へ行ってみるとゆず子がお弁当を届けているのでした。ゆず子はついに柿原と連絡を絶とうとします。

どんなに子どもたちを叱り飛ばしてもゆず子の頭の中には必ず子どもたちのことがあるんでしょうね、さすが母は強しって感じでした。柿原は野村さんの事件を駆け引きして事件を解決しようとするところから意外と計算高くて腹黒いのかな…?


あらすじ情報2 始めてのベビーシッターに戸惑う柿原


ゆず子が柿原の事務所にお弁当を届けているとき、ハローワークからゆず子の携帯に電話がかかってきて、柿原が急遽翔太たちを預かることに…自分の株をあげようとして最初は意気揚々と子どもたちの世話をする柿谷でしたが、自由奔放な子どもたちに振り回されて挙句高い位置に置いてあるクマのぬいぐるみを取ろうとした実結をかばい落ちてしまいます。


落ちた表紙に泣いてしまった実結を心配して柿原は実結を病院に連れていきますが異常は見当たりません。ちょうどその頃、柿原の事務所に戻ろうとしていたゆず子は、田淵に偶然出会いお茶をすることになります。

田淵が妻の介護に掛かりっきりで、ゆず子は帰ろうとしていたとき、男性の家がDOHから不正にプールされた30億円があるかもしれない、と言っていた柿原の言葉を思い出して探します。すると、ダンボールの中にたくさんの現金を発見するのでした。携帯でそのお金を撮影し、帰ります。ゆず子は事務所に戻り、実結の事件などの話を聞き子どもたちと寝ていると見覚えのない絆創膏が貼られていることに気がつきます。実結はこの絆創膏を取るためにはしごで登ったのでした…

実結ちゃんの優しさに思わずほっこりしてしまいましたね。柿原は子育ての大変さを実感できたかな?でもいいお父さんになりそうだなと思いました。
30億円が田淵のところにあったのには驚きでしたね…一体どういうことなのでしょうか?

あらすじ情報3 ついに明らかになった浅岡の悪事


翌日DOHに書類整理に向かったゆず子はそこで浅岡(滝藤賢一)と二人きりになってしまいます。


ゆず子の心を見透かすように子どもたちを心配するふりをする浅岡にゆず子はドキドキしてしまいます。そして書類を見つめているとあることに気がつき、柿原に電話をかけます。柿原はもうベビーシッターは嫌だといい、ゆずこは30億円の画像を見てお金を取り戻したいといいます。


柿原は田淵の店が脱税していると国税局にリークして捕まえさせようとしますが、その頃には田淵と店は跡形もなくなっているのでした…
 その後ゆず子は浅岡に会い、30億円の画像と自分の書類を見せて浅岡がいつも書いていた独特な米印が両方にあることをいいます。そしてお金を取り戻すと宣言するのでした

そんなに分かりやすく書類に記号とか普通残すかなぁ…?さすがに悪いことしてるって浅岡も気づいているはずだし、そのへんは普通はわからないようにするよね、ってツッコミをいれてしまいました。

○まとめ


2話にしてあっさりと犯人が分かってしまいましたね。田淵は自分にお金が回ってくるように部下に指示を出していたのですね!きっと。このドラマはコメディもあるけど時々サスペンスっぽくでハラハラしてしまいますね。この時点で柿原とゆず子がくっつくことはまずあり得なさそうですが(笑)今後の行方が楽しみです。


ドラマ大貧乏3話:ゆず子が倒れて・・・

あらすじ情報1 恋愛する気にならないゆず子にショックを受ける柿原


ゆず子(小雪)は浅岡(滝藤賢一)が30億円を奪ったと確信して宣戦布告をします。そんなゆず子に浅岡は知らないとシラを切ります。柿原(伊藤淳史)は浅岡のところへ1人で立ち向かったゆず子を叱ります。

しかしゆず子の決意を知り、柿原はゆず子から正式に代理人になり30億円を取り返すために手を組みます。

田淵(田山涼成)が前の自宅からお金の入ったダンボールを業者に出させている映像を見て、海外にお金を移動させたのではないかと考えた柿原はDOHの元社長である天満(奥田瑛二)に柿原の悪事について話します。

天満は信じられないといい、しかし社員たちに返済出来るように取り返して欲しいといいます。今度は翔太(今井暖大)や実結(野澤しおり)に媚びて、取り入ろうとする柿原にゆず子は「柿原くんのことは100%友達としか思えない、今は恋愛する気分になれない」とハッキリ断ります。柿原はそんなゆず子に友達として一番になりたい、と答えるのでした。

何だか社長も浅岡のグルのような気がしてならないのですが、考え過ぎかな…実は浅岡を操ってる影の支配者が社長というか…

柿原もめげないですねぇ…

あらすじ情報2:過労でゆず子倒れる!


ゆず子は子どもたちに十分な生活を送らせようと頑張っているうちに過労で倒れてしまいます。

加瀬(成田凌)は翔太と実結の世話をすることになり、柿原は急いで病院へ向かいます。加瀬はゆず子は疲れて寝ているからゆっくり寝させてやれ、と翔太たちに声をかけて、カレーを作る姿などを見守っています。

一方でゆず子を見舞った柿原は寝ているゆず子にうっかり手を出しそうになったりなど、誘惑と戦い続けます。加瀬と翔太たちは特製のカレーが微妙な味でしたが、加瀬は頑張った子どもたちの姿を認めて一生懸命食べようとします。

子どもたちは寝る準備をそれぞれにして加瀬は帰ろうとしますが、実結が泣いているため一晩中傍にいることにします。

確かに加瀬くんの言うとおりゆず子はちょっと子どもたちを甘やかしすぎかな…子どもの自立心がなかなか育ってないなとは思いました。

そういう意味では加瀬くんの方がいいパパになるのかも…!?意外な最終回もありえますね!

あらすじ情報3 ゲームオーバーだと思っていたらまさかの逆転!?


ゆず子は退院すると柿原の防犯カメラを使ったヒントを手がかりに現金を乗せたトラックのルートを辿り、家を回って歩きます。

子どもたちにも再会したゆず子、そこで昼間に見つけた民家の防犯カメラ映像を借りて、柿原と加瀬と共に見ます。

そこには荷物を移し替えるトラックの姿が!ナンバーもバッチリ写っていたので柿原と加瀬は翌日北九州に向かおうとしますが、翌朝柿原はそれは罠だと気がつき、急いで港に向かいますが船はその時早めに出航してしまっていたのです…

完全に今回の事件が終わったと思った柿原でしたが、書類をシュレッダーにかけているときに、会社の賠償金よりも情報漏えい自体が問題だったことに気がつき急いでゆず子に電話をかけます。実は30億円ではなく25億円を追うべきだったと告げる柿原だったのでした…

事件の内容はイマイチ入ってきませんでした…つまり浅岡の他にも悪い人がいるってことですね!?どんなに黒い会社だったんだよ…

今の会社ってみんなこんな感じだったら怖いなぁ…

○まとめ


何だかお金を取り返す事件よりも、柿原とゆず子たちの恋模様のほうがだいぶ気になります。

会社のお金を勝手に動かしているのはきっと社長だし、浅岡はその右腕って言ってたし…実結ちゃんが加瀬くんに笑いかけているところが本当に可愛らしかったです!

ドラマ大貧乏4話:ゆず子と柿原の運命は・・・

あらすじ情報1:ゆず子と加瀬がスパイ!?


柿原(伊藤淳史)はDOHの倒産が濱中電子工業のデータ流出に絡んでいるのではと考え、その賠償金について調べます。

すると濱中電子工業は新しいバッテリーを発表直前にDOHの社員がデータを流出させてしまったことから賠償金が発生したとされていました。

しかし、柿原はそれは濱中電子工業がバッテリーの不具合の損失をDOHに背負わせたのではないかと考えます。

そこで、ゆず子(小雪)と加瀬(成田凌)に濱中電子工業に派遣社員として働いてもらい情報を得ようとします。

ゆず子はそこで女性社員の月島(泉里香)と橋本(沢井美優)と仲良くなります。柿原は天満に会い濱中電子工業のことを聞きますが、話さない契約をしていると断られてしまいます。

柿原の仮説が正しければいいけど、もし間違ってたら逆に訴えられそうで怖い…天満が濱中電子工業のことを話さないから、天満自体が濱中と手を組んでいたのではないかと思った!

あらすじ情報2:ゆず子への思いを捨てきれない柿原


ゆず子は橋本がバッテリーのことを知っているかもしれないと思い、彼女が参加する合コンに一緒に参加します。するとそこには何と柿原もいます。

柿原も電子工業の社員と話が出来ることで情報を得ることが出来るのではないかと考えたのです!

柿原はそこで月島から猛アプローチをかけられ、挙句「好きな人がいるのでは?」と問われて一瞬ゆず子をチラ見します。しかしゆず子はそっちのけで料理を楽しんでいるのでした…合コンが終わり柿原は月島の誘いにのり、ホテルへ行ってしまいます!

一瞬誘いにのりかけますが、「好きな人がいるんだ」と答えて彼女を置いて部屋を出ていってしまいます。一方で翔太(今井暖大)たちは当てた旅行券でハワイに行っており、久々に1人部屋でのんびりするゆず子。その顔はどこか寂しそうでした。

柿原が無事誘いを断ってくれて良かったと思いました。でも絶対仕事だけじゃなくて合コンも少しは楽しみで向かってたはず!確かに客観的にみたらルックスは微妙だけど高学歴高収入で柿原はいい物件ですよね!

レイコちゃんが飛びつくのも納得です!

あらすじ情報3:会社の関係を知るために敢えて敵の浅岡を呼び出す!


ハワイから帰ってきて楽しそうな翔太と実結(野澤しおり)ですが、何か様子がおかしいことにゆず子は気づきます。

柿原が月島を置いて帰ったあとに、ゆず子から「あいしてる」などとメッセージが送られてきたことに驚きます。しかしそれは子どもたちの仕業でそれを知ったゆず子は2人を怒るのでした。


実結は新しいお父さんがほしいとゆず子に言うのでした。ある日、七草家に月島がやってきます。

柿原に振られたことにショックを受けてゆず子に相談しているのでした。元気を取り戻した月島ですが、そこへ柿原がやって来て2人が深い仲だと勘違いし家を飛び出していってしまいます。

ゆず子は月島を追いかけますが、彼女は帰ってしまいます。家に戻り柿原にもうここには来ないで欲しいと話をします。

しかし傷ついた月島を加瀬が慰めて、更に社外にデータを持ち出して仕事をしていた人がいることを突き止めます。翌日月島とのことを気まずく思っていたゆず子でしたが、月島は立ち直りが早くゆず子にいつもと同じように接しているのでした。

 一方でDOHと濱中電子工業の関係をよく知るために、柿原は敵だと思われる浅岡(滝藤賢一)を事務所に呼び出していました。

いやー、レイコちゃんが見た目と違って意外としっかりしているところに感動しました。結婚しても仕事はバリバリ正社員で続けたい、子どもを産んでも家庭と仕事を両立させたい、って考える女性、レイコちゃんと同じ年齢の女性では少ないのではないでしょうか?こういう女性はかなり好感を覚えますね

○まとめ


裏金に関しては浅岡が情報を握っていることはおおよそ想像はつきますが、そんなに簡単に情報を教えてくれるとは思えないです…柿原はどういった話術で彼に話をさせるのか本当に楽しみですね。

またゆず子は少しずつ柿原のことを好きになっていっているような気がするので、これからの気持ちの変わり方がすごく見ものです!

5話『大貧乏』最終回までのあらすじ&感想


あらすじ情報1:柿原の母登場!ゆず子が婚約者役に?!


柿原(伊藤淳史)は濱中電子工業が自社が製造したアウセルというバッテリーに設計ミスがあることをDOHが情報流出させ隠蔽させたと考えていました。

そこで情報を知っているであろう浅岡(滝藤賢一)を仲間にして、濱中電子工業の情報を手に入れようとしました。

DOH倒産の影の首謀者だと考えていた浅岡を仲間に引き入れたことにゆず子(小雪)も加瀬(成田凌)も腑に落ちません。

そして浅岡はアウセルの責任者が高野由鶴(奥貫薫)だと言います。そんな重要な会議の中に不意に年配の女性が現れます。

彼女は正美(山本道子)で柿原の母親だったのです!彼女は柿原が結婚することを聞きつけてやってきたのでした。

しかしそれは柿原がついた嘘で、ゆず子に事情を話しして婚約者の役をやってほしいとお願いしたのでした。

困ったゆず子は柿原に思いを寄せる月島レイコ(泉里香)に婚約者の役をやらないか?と提案します。それを快諾し婚約者の役をしましたが正美に嘘だと見抜かれてしまうのでした。

事件も動き出しそうだけれど、またまたコメディのような流れになってきましたね…正直柿原とゆず子の今後の恋の行方はどうでもいいような…

正美のような母は田舎にはよくいますよね。おせっかいすぎてちょっとめんどくさそう

あらすじ情報2:お節介な正美と気の強いゆず子の対決。


事務所に乗り込んできた正美はゆず子が本当の婚約者なのではないかと勝手に思い込みます。

そこへちょうど翔太(今井暖大)たちがやってきて「バツイチの女性との結婚は許すことが出来ない」と言い出します。

侮辱されてしまったゆず子は言い返します。柿原は独自のアポで高野に会うことが出来ました。事務所に呼びアウセルの不具合について追求しましたが高野も負けずに言い返します。

ゆず子が家に帰ると正美が加瀬に案内させて、自宅に来ていました。

正美は言いすぎたことを謝りに来たのですが、家のひどい有様をみて母親失格だと言うのでした。

またも言い争うような雰囲気の2人のもとに柿原がやってきます。また翔太と実結(野澤しおり)も帰ってきてから、正美の振舞ったネギの食事が嫌いで食べられずまたも強くゆず子に言います。

そんな正美の様子に柿原はゆず子は婚約者ではなく自分が一方的に好きなだけだと真相を話します。そんな悲しそうな柿原を正美は優しく励ますのでした。

翔太の初恋の話も出てきてますますいろんな話があってこんがらがりそうですね…

柿原の母も純粋に息子のことを心配しているだけだというのは分かりますがこんな義母は嫌だってタイプの一番ですね、ゆず子じゃなくても私でも言い返しそう…

あらすじ情報3:同じ母親として…高野に訴えるゆず子


初恋の相手とうまくいかずにがっかりしている翔太、そこへまたまた正美が現れます。様子のおかしい翔太の様子に話を聞いてやりなとアドバイスをする正美。

そっとしておこうと思ったゆず子ですが、翔太の話を聞いてお母さんにとっては翔太が一番だと励ましてあげるのでした。正美はネギを使った料理をゆず子に教えて子どもたちはそれを食べて絶賛するのでした。

翔太と実結と共に再びジョギングをし始めたゆず子は同じくジョギング中の高野と会います。そこでアウセルの設計ミスで子どもが足を失ったことを話します。これ以上被害を出さないためにミスのことを公表すべきだと説得します。

しかし事故の責任は自分にはないと言い張る高野。ゆず子の話を聞いて柿原は高野の息子の話をして説得をします。

そして高野は証言してくれることになったのです。後日濱中電子工業が柿原法律事務所にやってきます。そこには何とあの高野がいたのです!

そして「設計ミスはない」と断言するのでした。そんな高野のあとを追いかけてゆず子は話を聞きます。高野は「アウセル設計のために自分は息子などいろんなものを犠牲にしてきた。アウセルは自分の息子同然だ」と言って去っていったのでした。

再び振り出しに戻ってしまい、先行きが不安になる柿原。そして浅岡はどこかに電話をかけています。ゆず子は社長の天満(奥田瑛二)に一緒に闘って欲しいと話をするのでした。

ゆず子の招待もバレてしまって仕事をやめなきゃいけなくなったし、事件は本当に振り出し、もしくはそれ以上に不利な状況になったように感じました。これから柿原がどのように巻き返していくのでしょうか?

○まとめ


アウセルの設計者の高野を追求、柿原の母登場で婚約者の役になるゆず子、翔太の初恋など話が盛りだくさんすぎる気がしました。

せめて翔太の話はもっと短くしても良かったのでは?高野の気持ちもわからなくもなかったです…仕事のために愛する息子まで捨てたなら相当の覚悟はあるでしょうし、最後は改心してほしいと思いますが…

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます♪
こちらの記事はいかがだったでしょうか?よろしければこちらの記事をSNSなどで拡散して頂けると、猫ともども跳び上がるほど喜びます♪

関連するテレビ記事はこちら

    ai

    Lostorage incited WIXROSSアニメネタバレ1話あらすじ感想! 【あらすじ】 桜吹雪舞う線路際の公園。二人の少女の別れの時。引っ越してしまうすず子に、自分たちの顔を模したマスコットを渡す千夏。 そのマスコットにそれぞれミルとメルと名前を付けた二人。 数年後、同じ桜の季節に池袋の街へと戻ってきたすず子…

    images (6)

    4月スタートの新ドラマ「お迎えデス。」(日本テレビ・土曜21時)。 田中メカ氏による漫画作品が、尾崎将也氏の脚本で実写化される。 尾崎氏の過去作の分析から見る、原作との相性、キャスト陣の配役について考察した。 お迎えデス。のあらすじ概要 感情を表さない理系オタク・堤円(つつみまどか・福士葵太)と、 感情むき出しの猪突…

    kyaria

    【キャリアの放送にチェックすべきあらすじ概要】 北町署に新しくキャリア組の社長が就任する日、署員たちは歓迎式の準備もあり、浮き足立っていた。 同じ頃、バスが男にジャックされる。男の持ち物から事前に犯行を察知していた遠山金四郎は、犯人を説得し、バスごと北町署に横づけさせて、見事に事件を解決する。 その彼こそが北町署の新署…

    image1

    2016年4月の新ドラマ「僕のヤバイ妻」は19日より毎週火曜日関西テレビにて放送開始。 なんと初回は2時間放送! 息苦しい家庭生活にピリオドを打とうと夫は妻を殺害しようとしますが、なんと自らが手を下す前に妻が誘拐される。 それをきっかけに犯人扱いされ逆に追い詰められる夫は妻の恐ろしい正体を知ることとなる…。 妻の真の…

    2016-10-30_231114

    砂の器あらすじ 高野亜紀(菅野美穂)は憧れだったタワーマンションに家族四人で引っ越してきます。 一見は華やかで豪華なタワーマンションですが、その中身は「フロア格差」や「ランチ地獄」、 「強制ハロウィン」など大変なルールが溢れていたのでした。 亜紀も家族を守ろうと必死にルールに従っていましたが、隣人によってそれが次第に崩…

コメントを残す

このページの先頭へ